ワイモバイル バナー ヘッダー

Vivo Y31s 5Gが発表!初のSnapdragon 480搭載5Gスマホ!、発売日は1月頃

Vivoが新スマホvivo Y31s 5Gを発表。新型のSoC「Snapdragon 480」を搭載したモデルです!発売日は1月頃!

vivo Y31s 5Gのハイライト
・Snapdragon 480採用で、5G電波に対応
・レインボーグラデーションカラーとレッドという個性的なカラバリ
・画面は「よりなめらか」な動きを味わえる
・冷却機能に対応し、発熱しにくい

Vivoがvivo Y31s 5Gを発表

vivo Y31s 5Gの特徴は以下の通り!

Snapdragon 480搭載!5Gバンドに対応

Vivo Y31s 5Gは新型のチップセットを搭載したモデルとなります!これにより次世代高速通信の5Gに対応しており、安価ながらも5G高速回線を楽しめるのは魅力と言えるでしょう。

Snapdragon 4XXのチップは「安価だけど低性能」だったんですが、今回のモデルは最新鋭モデルかつ5Gに対応するチカラを持っているので「安価で高性能」なスペックに期待できます!

対応電波はソフトバンク回線のみフル対応となっております。ソフトバンク系回線、MVNOやワイモバイルのユーザーさんであれば不満なく使っていけそう!

Snapdragon 480が登場!Snapdragon 4シリーズ初の5G対応SoC!

カラーは3色。個性的なレッドとレインボーグラデーションが目を引く!

Vivo Y31s 5Gのカラーは一般的かつシンプルなグレーカラーに加えて、オシャレで情熱的なレッド、そして角度によって色を変化させるグラデーションカラーの3色となっております!実機はとても目立ちそうで個性的!グラデーションは実機を拝んでみたくなりますね。

滑らかな表示にも対応

Vivo Y31s 5Gは「ヌルヌルサクサク」な操作性を味わえるのも一般的なスマホより優れている点といえるでしょう。スクロールやアニメーションはより残像感が少なく、指に吸い付くように操作できるので満足度は高そうです!

冷却機構が内蔵されているので発熱しにくい

Vivo Y31s 5Gの中には発熱を抑えるための液体冷却機構を内蔵しております!これによりチップやバッテリーの発熱を大きく抑えてくれるので、長時間の動画視聴やゲームといった高負荷な使い方にも長時間耐えられるんです。

液体冷却搭載といえば最高性能のゲーミングモデルや高価なハイエンドモデルに搭載されていた豪華な装備なんですが、Vivo Y31s 5Gは価格が安価ながら搭載してくれたのが魅力!夏場など暑い場所で使っても不快感を抑えてくれるのも嬉しいポイントです!

価格は約2.7万。性能はどれほど高いか気になる1台

発売日は1月頃。個人的には搭載チップの性能がどれぐらい高いか、そして美しい見た目が結構気になりますね!価格は2.7万円と安価で、かつヌルサクな画面と冷却機構を搭載しており、全体的に満足度は高そう!

▼vivo Y31s 5Gの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Vivo Y31s 5Gのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ