ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の開封と外見のレビュー!

■読者プレゼント!■

GEARBEST×ガルマックスのコラボプレゼント企画を開催中!Snapdragon 660を搭載する高性能スマホ[Elephone U Pro]を1名様にプレゼント!応募最終日は9/22です!

詳細はこちら!

Xiaomi Mi6X HATSUNE MIKU

こんにちは。ガルマックスのtatsuです。

ウチのボスはPOCOPHONEに夢中のようで、私も「いいなぁ〜」と羨ましく見ておりす。

そんな中、以前紹介したPOCOPHONEに話題性では負けないXiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版が届きましたので、先に外見のレビューをしていきたいと思います。

細部に渡るこだわりを感じることができたいいコラボモデルでしたよ!

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の外箱をチェック

それでは早速外箱を見ていきましょう。

▼でっかく描かれた初音ミクのイラストが印象的。中国向けモデルですので、『初音未来』表記になっています。↓外箱正面

初音ミクも誕生から10周年ですか…10年経った今でも根強い人気があるとは、やはり只者ではないです…

▼きちんとpiaproからの許可を取ったホンモノです。↓正規品の証であるpiaproシール

言うまでもありませんが、ちゃんとしたライセンスを取った正規品となります。

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版を開封

お待ちかねの開封です。

▼外側をスライドさせて開けていきます。↓スライドさせて開けていきます

▼中にはミク6Xを持った初音ミクのイラストがあります。↓中には綺麗なイラストがあります

▼しかも、ただ印刷しているわけではなく、アクリルパネルを使い立体的に表現しています。例えれば、一昔前に流行った不思議な貯金箱みたいな感じです。↓立体的に表現しているのは流石

▼上のベロを引き上げると…↓上側のベロを引っ張っていくと...

▼なんと、先ほどのイラストが立てられるギミックが搭載されています!↓イラストを飾れるようになっています

いつでも観れるように、外箱だけでもディスプレイできるように設計されているのが嬉しいですね。

▼イラストの下には記念プレートがあります。↓シリアルナンバー入り記念プレートがあります

以前紹介したように、金属製(おそらくアルミかな?)プレートになっています。

▼横のベロを引っ張ると…↓横のベロを引っ張ると...

モバイルバッテリー、6X本体、オリジナルケースの三種の神器がお出迎え。モバイルバッテリー、6X本体、オリジナルケースの3つがお出迎え

▼さらに下にはマニュアル類とACアダプター、USB-Cケーブルがあります。↓下にはマニュアルなどの付属品が入っています

▼内容物としては以下の物が入っています。↓内容物はこれで全部です

プレートも凝っている

▼角部分はきちんと面取りがしてある↓プレートにもこだわっています

シリアルナンバー入りプレートもこだわっていて、角の部分はダイヤモンドカット加工と細かいところもこだわっています。

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の同梱品をチェック

それでは同梱品をチェックしていきましょう。

マニュアル類の箱の同梱品

▼マニュアル類の箱に入っているのは、「イラストカード」「マニュアル」「保証カード」「USB-C-3.5mmイヤホンジャック変換ケーブル」「SIMピン」の5つ。↓マニュアル類の箱には以下のものが入っています

イラストカードの裏には、専用テーマのDL用QRコードが印刷されているのでお見逃しなく。

▼説明書は全編中国語になりますので、読みたい方は翻訳アプリを駆使しましょう。↓マニュアルは全編中国語表記です

▼USB-C-3.5mmイヤホンジャック変換ケーブルも付属。↓USB-C-3.5mmイヤホンジャック変換ケーブルも付属

本機種はイヤホンジャックがありませんので、有線イヤホンで音楽を聴きたい時はこれを使うようにしましょう。

ACアダプター、ケーブルの箱の同梱品

▼ACアダプター、ケーブルの箱に入っているのは、「ACアダプター」「USB-Cケーブル」の2つ。↓「ACアダプター」「USB-Cケーブル」の2つ

▼ACアダプターは5V/2A出力で、日本でも使える形状です。QC対応なので是非とも使いたいところ。↓ACアダプターは5V/2A出力でQC対応

モバイルバッテリー、ケース

▼モバイルバッテリーにはもちろんミクのイラストと、『初音未来』と『10th ANNIVERSARY HATSUNE MIKU』の文字。↓モバイルバッテリーにも目を引くイラストが刻印されています

なお、モバイルバッテリーのイラストや本体など、刻印されている関係のイラストはZYre氏(Twitter:@ZY_Remix)が描いたもののようです。

▼反対側はいつもの『MI』ロゴのみとシンプル。↓反対側はMIロゴのみとシンプル

▼モバイルバッテリーはこの薄さで容量10000mAhを実現。↓これだけスマートでありながら容量は10000mAh

▼ケースにはポップな色使いのミクイラストが刻印されています。↓ケースにはカラフルなイラストが刻印されています

▼側面はシルバーに塗装されています。また、ボタンがある箇所もきちんと保護されていますね。↓側面はシルバーに塗装されており、ボタン部分も保護されています

▼本体下部の部分は切り抜きが入っています。↓本体下部は切り抜きあり

▼マイクや赤外線ポートの位置も切り抜かれています。↓マイク、赤外線ポート位置も切り抜きあり

これ、実はこだわってて、普通のケースは背面にプリントして終わりなんですが、この限定ケースはイラストの上に保護層があるんです。つまり、ある程度の傷がついてもプリントされたイラストは消えないってこと。

せっかくのケースなんだから、着用して使いたい方には嬉しいこだわりですね!(とは言っても、やっぱりもったいないから保管しちゃいますけどね)

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の外観をチェック

みなさんお待ちかね、Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の外観をチェックします。

外見を簡単に紹介

▼正面。シンプルなデザインです。↓Xiaomi Mi6X HATSUNE MIKU

▼背面。イラストの刻印が目を引きます。アンテナラインも同色に合わせてありますね。↓Xiaomi Mi6X HATSUNE MIKU

『初音未来』と『10th ANNIVERSARY HATSUNE MIKU』の他にシリアルナンバーも刻印されています。シリアルナンバーは一点物なので所有欲が高まりますね!

▼右側面。電源ボタンと音量ボタンがあります。カメラの出っ張りもすごいですね。↓右側面には電源、音量ボタンがあります

▼左側面。SIMスロットがあります。↓左側面にはSIMスロットがあります

▼上面。赤外線とマイク穴があります。↓上面にはマイクと赤外線ポートがあります

▼下面。USB-Cコネクターとスピーカーがあります。↓下側にはスピーカーとUSB-C端子があります

付属のケースを装着してみた

▼付属の限定ケースを装着した状態。ベースの落ち着いた雰囲気からビビッドな明るい雰囲気にガラッと変化します。↓ケースを着けてみました

▼少しわかりにくいですが、側面はシルバーになっています。↓側面はシルバーに塗装されています

▼角度に合わせてうっすらと地のグリーンが見えるのがまたイイですよ。↓角度によって地のグリーンが見えるのがポイント

カメラが出っ張っている

▼本体が薄いからか、結構出っ張っています。↓カメラは出っ張っています

付属のケースを付けても多少出っ張っています。ケースを装着した側面

本体の薄さとトレードオフに、カメラが結構出っ張っていますので、付属のケースを使用しても多少出っ張ってしまいます。気になる方はポーチなど保護できるものに入れて持ち運びをするようにしましょう。

以前のコラボモデルと外観を比べてみた

以前に発売されていた、Xiaomi Redmi Note 4X 初音ミクコラボ限定版とXiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の外観を比べてみます。

▼正面から。ベゼルは両方ともに白となっています。↓MI6X&Redmi Note 4X

▼背面から。Redmi Note 4Xの方は『初音未来』表記だけとシンプルです。↓MI6X&Redmi Note 4X

色合いですが、Redmi Note 4Xのモデルは青が強めの落ち着いたミクグリーン。Mi 6Xのモデルは緑が強めのどちらかというとビビッドなミクグリーンに仕上がっています。

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の外観レビューまとめ

以上、開封と外見レビューでしたが、いかがでしたでしょうか。

このモデルは、本体にイラストを刻印するだけにとどまらず付属品にもこだわり、さらには箱にもこだわっている『こだわりの塊』に仕上がっています。

今ならオトクに手に入るので、初音ミク好きな方は是非検討してみてください。クオリティにびっくりするはずですよ。

Xiaomi Mi 6X 初音ミクコラボ限定版の購入は以下からどうぞ。価格は税込62,640円。

ページトップへ