▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

圧倒的吸引力!Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのレビュー!


Ymobileバナー

Xiaomi JV71 Vacuum Cleaner

掃除機ばかり購入していたら、周囲から掃除機の相談ばかりされるようになったガルマックスの猶木です。

海外の超大手家電メーカーであるXiaomiからリリースされた超評判の良い掃除機「Xiaomi JV71 Vacuum Cleaner」が気になって気になって眠れなくなったので購入しました。

僕、国内メーカーのワイヤレス掃除機を使っているんですけど、それとは比較にならないほど評判通りの吸引力で速攻メイン掃除機をXiaomi JV71 Vacuum Cleanerに切り替えてしまいました。是非、レビューをチェックしてみて下さい!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの価格

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの通常価格は515ドル!割引やクーポンを利用するグンっと安く購入できるので割引情報が掲載されている時はお買い得な時期です!

通常価格が515ドルで僕が手に入れたときが310ドル。通常であれば500ドルクラスの掃除機が310ドルで手に入ったということは、安価に価格以上の品が手に入ったということで大満足。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerを購入したショップはGeekbuying。梱包も丁寧で注文後して1週間くらいで想像以上に早く届いたのでオススメです!↓

▼Geekbuyingの利用が初めての方は以下の記事も一読してみて下さいね!↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの付属品をチェック!

ここからはXiaomi JV71 Vacuum Cleanerを開封して付属している同梱品をチェックしています!

▼こんな感じで運輸箱にテープがグルグル巻にされて届きました。この様にテーピングでガッチリ運輸箱の強度を上げているので運輸時も大きな箱潰れ無く届きます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの梱包は運輸箱が綺麗にテーピングされて届きました。

▼運輸箱を開くと中に梱包箱。これがXiaomi JV71 Vacuum Cleanerの製品箱となっておりました。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの運輸箱の中に本体の箱が入っています。

▼梱包箱をパカリと開くと丁寧に梱包されたXiaomi JV71 Vacuum Cleanerがお目見え。綺麗な梱包は気持ち良いですね!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのこんぽうは非常に丁寧です。

取扱説明書をチェック!

▼取扱説明書は中国語のみで日本語の記載はありません。が、図入りの説明書なので見れば組み立ても分かる内容となっており困ることはありませんでした。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの取扱説明書は日本語表記は無いですが図入りでわかりやすいので使い方には困りません。

充電台と充電器をチェック!

充電台は床に置くタイプ。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電台は直置きタイプ。

▼底面にはゴム足と吸盤が備わっているので充電台が滑りにくくなる工夫が施されております。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電台裏側は吸盤も備わっており滑りにくくなっています。

▼電源供給ユニットはセパレートタイプとなってました。ブスッと充電台に差し込んで組み立てましょう。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電台はセパレートタイプ。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電ユニットを充電台に差し込むと組み立て完了です。

▼充電器ですがプラグ形状が日本のコンセントに直接挿せない形状。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの付属充電器は日本のコンセントに挿すことが出来ない形状となっていました。

▼プラグ変換アタッチメントは付属していないので別途以下の様なプラグ変換アタッチメントは用意しておきましょう。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電器を利用するにはプラグ変換アタッチメントが必要なので購入しておきましょう。

カシムラ 国内用変換プラグ C→A NTI-22
カシムラ (2015-09-01)
売り上げランキング: 1,507

隙間ノズルが3種付属!

隙間用のノズル先端が3種類も付属していました。

▼ソファーなどの縫い目の隙間をブラシで書き出しながら掃除出来るタイプ。これは先端がブラシのみ

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの先端ノズルの1つはブラシのみのタイプ。

▼サッシの隙間掃除に便利な細型タイプと服のホコリなどを集めることの出来るブラシタイプは先端が可動式となっております。

蛇腹ホースが付属!

▼使い方は後述しますが、蛇腹ホース(引っ張ると伸びるホース)も同梱。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerにはジャバラホースも付属しています。

布団用先端ブラシが付属

▼先端がコンパクトな布団掃除用のブラシが付属。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerには布団用のブラシが付属。

▼回転ブラシを採用しており、布団をパンパンとブラシで叩いてホコリ・チリを立ち上げ強力な吸引力で吸い上げてお掃除できます。また、シーツなどの吸い込みを防ぐために吸込口も工夫されています。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの布団用ブラシはコンパクトな形状でシーツなどが吸い込まれにくい工夫が施されています。

お掃除用ブラシが付属

▼こちらはお部屋のお掃除に利用するブラシ。先端にはサイクロン式のダストカップが備わっています。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの掃除用ブラシにはダストカップが備わっています。

▼ブラシ先端は丸いスポンジ形状でダイソンのブラシ先端と似た形状。髪の毛などが絡まりにくく、小さなホコリ・チリもキャッチできる流行りのタイプ。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのブラシは丸いスポンジ形状。

メタルホースが付属

▼通常のお掃除に利用する取っ手付きのメタルホースも付属。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerにはメタルホースも付属。取っ手がついており電源オンオフや強度変更も可能です。

電源のオン・オフや吸引力の変更もOKなコントローラー付きです。ハンディークリーナー型の掃除機はバキューム部分のコントローラーを利用することが多いですが、Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは取っ手の手元でコントロール出来るので便利。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは取っ手部分で電源や吸引力のコントローラーも備わっています。

また、取っ手付きのメタルホースがスグレモノ。後で便利な使い方を紹介しているのでチェックしてみて下さいね!

バキューム本体が付属

▼コレが超強力な吸引力を誇るバキュームユニット。ご覧頂くと分かる通り、このコンパクトなユニット単体でも利用可能となっています。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleaner

換えのフィルターが付属

▼スポンジフィルターが2枚付属しているのでスペアフィルターの購入なしで長期的に利用できてGoodですね!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerには換えのフィルターが2枚付属しています。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの組み立てスタイルをチェック!

早速組み立ててみましょう。

通常の掃除機に組み立て

▼まずはお部屋をお掃除するブラシ先端とメタルホースをガッチャンコとはめ込みましょう。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのブラシ先端とメタルホースを用意します。 Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerとメタルホースをガジャっとはめ込みましょう。

▼続いて先端ブラシ側のカップ上部にバキュームクリーナーをガッチャンコ。はめ込むとカチャッとロックされるので組み立ても非常に簡単です。これで通常の掃除機スタイルとなりました。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerに取り付けたメタルホースにバキューム本体を取り付けます。 カチャッとはめ込むだけでロックされるので楽ちん。

布団掃除機に組み立て

▼バキュームユニットの先端に小さい方の布団掃除用ブラシ先端をガッチャンコ。これでOK。バキューム先端にはロック機構が無いので単純に先端を差し込むシンプルな仕様でした。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバキュームと布団用の先端を用意します。 Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerと布団用の先端をくっつけて準備完了。

▼バキュームユニット本体にも電源ボタンと吸引力切り替えボタンが備わっているので、このまま寝室に持っていって使えます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバキュームにはコントローラーが備わっているので本体のみ持って掃除出来ます。

隙間掃除機に組み立て

▼バキュームユニットの先端に隙間ノズルをスポッと取り付けると準備OK。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバキューム先端に隙間ブラシを取り付ければ車の掃除にも役立つコンパクト掃除機に変身。

▼こちらもコンパクトな状態のまま持ち運べるので、例えば車の掃除なんかにもガンガン使えます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのブラシ先端は3種類あるので好みのブラシを利用しましょう。

天井付近が掃除出来るスタイルに組み立て

▼まずは蛇腹ホースをバキュームユニットにガッチャンコしましょう。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバキューム先端に蛇腹ホースを接続します。

▼続いてメタルホースの取っ手裏に備わっているスライドをギュッと上にスライドしましょう。すると・・・取っ手の上側がパカっと開きノズルが接続できるジョイントが出てきます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのメタルホース取っ手裏側にスライド機構があるので上部にスライドします。 Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのメタルホース取っ手先端のスライドを上げるとホース接続ジョイントが出てきました。

▼メタルホースの取っ手側と蛇腹ホースを接続して完成。これで天井付近で掃除出来るように。メタルホース先端はお好みのブラシを取り付けて使って下さいね!

蛇腹ホースとメタルホースを繋ぎ先端に隙間ブラシを装着すると天井付近の掃除に最適な形状に。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerを実際に使ってみた使用レビュー!

ここからは実際にXiaomi JV71 Vacuum Cleanerを使って気がついたことなどをまとめた使用レビューをお届けします!

本体は自立出来る!

今使っている掃除機の不満点は「掃除機単体で自立出来ないこと」です。掃除中に何かしら掃除機から手を離すことって結構あるのですが、自立出来ないので床に転がすしかありません。また、頻繁に床に掃除機を置く・持ち上げるを繰り返すと腰にも悪い!

一方で、Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerはなんと本体だけで自立しちゃうんです。ブラシ付近に重心があるので自立も安定。これなら掃除中に掃除機から手を離しても億劫になりませんね!↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは自立するので便利。

充電スタンドは直置きで壁にネジ穴を開ける必要が無い!

ワイヤレスの掃除機は充電が必要。そのため、ワイヤレス掃除機には充電台が付属してます。以前利用していた海外製の掃除機は充電台を壁にネジ止めする仕様だったので壁に穴を開けましたが、その後、直置きタイプの掃除機に変更した際に充電台を取り外したあとのネジ穴修復が大変でした。特に賃貸に住まわれている方はネジ穴を開けたくないと思います。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは直置きタイプの充電台なので壁に穴を開ける必要はありません!充電台の幅も24cm以下なので設置も省スペースでGood!↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電台は直置きタイプなので壁に穴を開けなくても設置出来ます。

▼充電台はXiaomi JV71 Vacuum Cleanerを充電するだけでなく、よく利用する先端ノズルを2つ収納できちゃいます!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの充電台には2つの先端ノズルを装着することが可能です。

簡単に分解して水洗いできる

▼Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerはダストカップやブラシなどを簡単にばらして水洗い出来るので衛生的でGoodでした!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは簡単に分解できて水洗いも出来るので衛生的でGood。

ヘッドが直角に固定化されるので掃除の時は足でヘッドを倒す必要がある

▼直置きの状態や充電台に載せてる時はヘッド先端が直角にカチャッと固定されます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのヘッド先端はガチャッと直角に固定されます。

▼この状態で掃除を始めると取っ手を寝かした時にヘッドのロックがかかっているので先端が浮き上がります。

ヘッドが直角の状態で取っ手部分を寝かすとテコの原理の様に先端ブラシが浮いてしまいます。

▼という訳で掃除する時はヘッドを足で押さえながら取っ手を寝かすとロックが外れるので使い方として知っておいて下さい!↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのロックはブラシ先端を足で抑えながら取っ手を寝かすとロックが外れます。

音は結構大きい

僕が今まで利用してきたワイヤレス掃除機の中で音は大きめ。これは吸引力と引き換えといったところです。公式には75dBで音はシュイーン!という高音が高めの音です。掃除機としては静音タイプとは僕は思えないので、「音は少々大きいんだな」と思っておいて下さい!↓

ヘッドをベタベタに寝かすことが出来るが、ダストカップの位置的にソファー下の掃除は苦手

▼Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerはこれだけベタベタにヘッドを寝かすことが可能です。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerはほぼ水平に寝かすことが出来るがブラシ付近にダストカップが備わっているので隙間掃除は苦手。

が、しかし。ダストカップがブラシ付近に備わっている事から、ソファー下などの掃除は苦手です。ちなみに寝かした状態で取っ手を含まないダストカップまでの高さは床から約17cm。完全に寝かすと少々ヘッドが浮くのでソファー下に20cm~25cmほどの隙間が無いと置くまで掃除が出来ません。ソファー下などは蛇腹ホース使って掃除したほうが良いです。

ビックリするほどの吸引力

▼ほら、よくテレビショッピングでやってるじゃないですか。吸引力を確かめるために10元コインを吸うアレ。僕もやってみました。簡単に吸い込むことが出来てXiaomi JV71 Vacuum Cleanerの吸引力にビックリ。↓

なお、これは実験でXiaomi JV71 Vacuum Cleanerで大きなものを吸い込むと詰まりの原因となるので良い子は真似しないでね!

▼次は布団の掃除。僕の家は猫を飼っており、家猫なわけで布団にも猫の毛がつくことがあって気になっていたのですが、めちゃくちゃ簡単に布団の掃除が出来ました。布団用のブラシ勢いよく回転してくれるので毛布の毛の隙間ゴミもガンガン叩いて掻き出します。吸引口に隙間がありシーツなど吸引しにくい工夫が施されているので凄く掃除しやすい!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは布団掃除にも非常に役に立ちます。 少し掃除しただけでゴミがめちゃくちゃ取れました。

▼ガンガン掃除を進めましょう。次は打倒猫砂。今の掃除機、ほんと猫砂を吸い込んでくれないんです。という訳でドキドキしながら試してみた結果・・・見事に吸い込んでくれるじゃないですか!!!凄い!これ、掃除機が猫砂を吸ってくれなくて困っている方に激オススメしたい掃除機!

掃除機の大敵。猫砂を吸ってみます。 ガンガン吸い込んでくれました。

猫砂ですが、以前の掃除機は吸引力が弱くてヘッド先端でカラカラと回って吸い込めないことが多々ありました。一方でXiaomi JV71 Vacuum Cleanerは一切なし。これだけで僕としては”買ってよかった”と感じた部分です。

▼一方で薄手のマットなどは強吸引だとNG。マットが吸い付いてしまうので薄手のマットなどを掃除する時は弱吸引モードを利用しましょう。

ちなみに先端の回転ブラシは自動で回転するのでフローリングなどでは簡単に前後移動出来ますが、絨毯などは吸引力が強いので少々前後する時に力が必要です。

▼続いては天井付近の掃除。身長の低い僕は天井付近の掃除が苦手。だって届かないんだもん。これまでの掃除機は一体型だったので掃除機を持ち上げると重量的に負担が大きかったのですが、Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerなら軽量なメタルホースと蛇腹ホースで重量のあるバキューム本体を持ち上げること無く掃除出来るのでラクラク!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは天井付近の掃除も非常に楽です。

吸引力も非常に高いのでガンガンゴミを吸ってくれます。公式仕様は130AWの吸引力ということで、かなり強力な吸引力であることが分かりますね!

ダブルダストカップ仕様

ハンディークリーナーに取っ手を取り付けるタイプの多くは、ゴミ捨て時に取っ手からクリーナーを取り外す→クリーナーからダストカップを外すという最低2ステップ必要です。が、Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerは取っ手ユニットにバキューム本体を取り付けている状態でもごみ捨てが出来る様に工夫されていてGood。

▼先端ブラシにはダストカップが別途備わっており、通常の掃除機スタイルで利用するときには下部側のカップにゴミが溜まる仕組み。掃除後はハンディークリーナー部分をバラすことなく、ブラシ側に備わっているダストカップをクルッと回して取り外しゴミをポーンと捨てることができます。↓

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerはダブルカップ仕様で取っ手を取り付けた状態でも簡単にゴミ捨て出来る工夫が施されています。 ヘッドに装着しているダストカップは回転することで簡単に取り外せます。

ハンディークリーナー側のゴミ捨ても楽ちんです。先端がパカっと開くようになっておりゴミ箱に直接ゴミを捨てることが出来るのでGood。→2019年1月18日追記:しばらく使っていますが、少々欠点を発見しました。ハンディークリーナーとして以下の部分だけで掃除刷るとゴミが赤いリングよりも先端に溜まるのですが、猫砂レベルの大きさになるとリングの内側(取っ手側)にゴミが溜まります。この場合、ダストカップ先端を以下の様に開いただけではゴミが取り出せず、取っ手部分を取り外してゴミを捨てなければなりません。これは少々マイナスポイントだったのでお伝えしときます。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのハンディークリーナー部分もワンプッシュでゴミを捨てることが出来ます。

一点、取っ手側についているダストカップは回転して取り外すタイプで、取付時も指定箇所にはめ込んで回すことでロックするタイプ。取り外しは簡単ですが取り付けは差し込み位置が決まっていることから手探りでの取り付けは難しいです。この点はご留意下さい。

バッテリー持ちもGood

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバッテリー持ちは吸引モードにより異なりますが、30分~45分位の時間はガンガン動いてくれます。

僕の自宅は6畳間が6つあるのですが全ての部屋+廊下+階段の掃除くらいは一度の充電で問題なし。これまでもワイヤレス掃除機を利用していましたが、Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのバッテリー持ちは日常利用で不満を感じることはありません。

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerまとめ

Xiaomi JV71 Vacuum Cleaner

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerのレビュー、いかがでしたでしょうか?

Xiaomi JV71 Vacuum Cleaneryは300ドルクラスの掃除機と比較しては駄目です。Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerjは500ドルクラスの掃除機なので”階級”が違います。

通像価格は500ドル以上しますが、僕は運良く300ドル強で手に入ったので、世の中では5万円強クラスの掃除機を安価に手に入れることが出来て大満足。作りや仕様も500ドルクラスなので大変お買い得でした。

使い勝手の良さ、パッケージ購入だけで揃う豪華な付属品、圧倒的な吸引力。そして、安心の超大手家電メーカーであるXiaomi製ということで、安価に高性能な掃除機が欲しい方に激オススメです。

是非、購入時はお安いショップで手に入れて下さいね!

Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerの割引クーポン・セール・最安値まとめ!

この項目ではXiaomi JV71 Vacuum Cleanerの購入先と割引クーポン・セール情報など最安値情報をまとめています!

ガルマックス一押しショップ!

▼Xiaomi JV71 Vacuum Cleanerを購入したショップはGeekbuying。梱包も丁寧で注文後して1週間くらいで想像以上に早く届いたのでオススメです!↓

▼Geekbuyingの利用が初めての方は以下の記事も一読してみて下さいね!↓

ページトップへ