[レビュー]Xiaomi Mi Note 10の背景ボケ撮影(ポートレート)は物撮りOK!丸ボケが綺麗!

Xiaomi Mi Note 10

最先端の1億800万画素カメラをひっさげスマホカメラ世界ランキング1位を獲得した弟分のXiaomi Mi Note 10は一体どんな写真が撮影出来るのだろうか。本記事では1億800万画素カメラ、マクロカメラに引き続き、背景をボカして被写体を際立たせる「ポートレート」をじっくり試してみることに!

基本的にポートレートつったら人物撮影って感じなんだけど、Xiaomi Mi Note 10のポートレートモードは物撮りもOK!という訳で今回は物撮りメインで撮影してきたボケ味写真を見てってくれ!

▼本記事はXiaomi Note 10のポートレート撮影をピックアップした記事です!以下の記事はXiaomi Mi Note 10のレビューまとめ記事!超大ボリュームでXiaomi Mi Note 10の情報を発信しているのでチェック!本記事を読み終えた後にレビューまとめ記事に行けるように記事の最後にもリンクを追加しときますね!↓

Xiaomi Mi Note 10のレビュー!実機を使って気になった・気にいったポイントまとめ!

人物だけではなく”モノ”も認識してくれる。撮影は2倍ズームカメラを使うので小物も撮影しやすい!シチュエーションが良ければ美しい丸ボケも出た!

▼まずは見てってくれよ。これスマホで撮影した写真なんだぜ。しっかり被写体と背景が分離されボケ味も自然。このように被写体を浮き上がらせ見せたい部分を強烈に印象に残せるのがポートレート撮影の醍醐味の1つ。木漏れ日も美しい丸ボケで表現され、まるで一眼レフに単焦点レンズを取り付けて撮影したかのような仕上がりに大満足。

Xiaomi Mi Note 10

▼Xiaomi Mi Note 10のポートレートモードは2倍ズームカメラなので望遠状態で撮影するんだけど、手で持った小物も撮影できたので被写体との距離はそれほど必要なく扱いやすい。以下はAirPods Proを撮影してみたところ。こんな感じに小物でもボケ味撮影できるので背景をボカした映える写真も超簡単に撮影できる。

Xiaomi Mi Note 10は後からボケ味の強度やピント位置も変更出来るぞ!

▼ボケ味の強度は撮影時点で16段階から選択可能。撮影後はギャラリーからボケ味の強度も出来た!左がボケ味最大、右がボケ味最小↓

▼さらにボケ味の強度を変更できるだけでなくピント位置も再編集可能!例えば2つの被写体を置いて撮影して後からフォーカスする物を選ぶことで、1回の撮影で様々な表現の写真に仕上げることができちゃう。これはめっちゃ便利。↓

スマホでこんな写真が撮影出来る!Xiaomi Mi Note 10で撮影したポートレート集!

▼Xiaomi Mi Note 10のポートレートモードで色んな写真を撮影してきたのでチェックしてみてくれ!全ての写真は背景を最もボカしている写真(左)とボケ味強度を一番弱くした写真(右)を並べているのでボケ味の違いもみてって!↓

本格的なカメラを持たなくともこれだけ美しい背景ボケ撮影が気軽にスマホで撮影出来るのは驚き。後からピントをイジったりボケ味を変更できるのもGood!是非、Xiaomi Mi Note 10を手に入れたらポートレート撮影を楽しんで下さいね!

▼Xiaomi Mi Note 10のレビューまとめ記事は以下です!様々な情報を掲載しているのでXiaomi Mi Note 10が気になる方はチェック!↓

Xiaomi Mi Note 10のレビュー!実機を使って気になった・気にいったポイントまとめ!

また、ガルマックスではXiaomi Mi Note 10を超お得に手に入れることが出来る割引情報も随時発信中です!購入の際はお安く手に入れてくださいね!

日本のアマゾンでは58,080円で出ています。以下のモデルは円換算で価格が安い代わりに説明書や充電器が海外向けのものです

 

■メモリ6GB+容量128GB■

過去最安値→379.00ドル

▼[Banggood]割引セールで389.00ドル!↓

 

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で419.99ドル!(ブラック)↓

 

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で419.99ドル!(ホワイト)↓

 

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で419.99ドル!(グリーン)↓

ページトップへ