楽天モバイル 3ヶ月無料

「Xiaomi Mi Smart band 6」発表!血中酸素飽和度測定対応で14日の電池持ち

Mi band 6

Xiaomiが新スマートバンドXiaomi Mi Smart band 6を発表。NFC非対応版が229元(約3,900円)、NFC対応版が279元(約4,700円)、日本市場への投入は現時点で発表されていません。

Xiaomi Mi Smart band 6の特徴

Xiaomi Mi Smart band 6の特徴は以下の通り!

Xiaomi Mi Smart band 6のハイライト

  • 大きくなったディスプレイ
  • 14日の電池もち
  • 血中酸素飽和度測定対応

▼カラーは6種類展開↓

Mi band 6

1.56インチの有機ELディスプレイを搭載

前モデルのMi Smart 5は1.1型のディスプレイを搭載していましたが、新モデルのMi Smart band 6は1.56インチに大型化したことでより高精細な表示が可能に。パネルは引き続き有機EL(AMOLED)を搭載してます

▼大型化したディスプレイを搭載することで視認性も高まりそう↓

最大14日の電池持ち

Mi band 6は前モデルからディスプレイサイズが大型化しているんですが、引き続き14日のバッテリー持ちを維持しちゃってます。

スマートバンドも結構高機能化してきて、Mi Smart band 6も新たな機能が追加されているんですが、これだけのバッテリー持ちなら短期出張くらいなら持ちこたえてくれそう!

▼画面が大きくなって消費電力は高くなってるはずなのに、最大14日のバッテリー持ちを維持できるなんて凄いなぁ↓

▼充電方法も引き続きマグネット式を採用。↓

Mi band 6

血中酸素飽和度が測定できるように

Mi band 6の新機能として血中酸素飽和度の測定ができるように。これは健康状態を可視化できる一つの指標で血中酸素飽和度の数値でザックリと体調を把握できるような機能です。Apple Watch 6で搭載されて話題になったやつ。

▼Mi band 6は心拍数の測定や睡眠データ取得のほか、新たに血中酸素飽和度が測定できるようになり、より充実したライフデータの取得が可能に。↓

▼その他、フィットネスデータのメニューも前モデルから倍増して30種が利用可能となってます。↓

日本発売に期待!

Xiaomi Mi Smart bandシリーズは僕もプライベートで好んで利用しているスマートバンド。見た目もスタイリッシュだし機能も充実。それでいてお値段も安いので魅力的なんですよね。

Xiaomi Mi Smart band 5は日本市場へ投入されているモデルなだけに、Mi Smart band 6の日本発売も期待したいところです!続報が入り次第、TwitterFacebookでお伝えするのでフォローよろしく!

4月2日15:00追記:中国版が販売されています。言語は日本語非対応ですがスマートウォッチなら英語で使えるかな。

■Xiaomi Mi Smart Band 6 中国版■
初出時価格→52.99ドル
過去最安値→49.99ドル
▼[Banggood]クーポン適用で49.99ドル!↓

▼Xiaomi Mi Smart band 6については以下の発表ライブで確認できます!↓

ページトップへ