1100-150 Xiaomi 14

Xiaomiポップアップショップに行ってきた!新発売のモニター、家電など色々触ってきたので実機レポ

Xiaomi初となるポップアップショップが出店されてたんで行ってきました(`・ω・´)。Xiaomi 13T Proやロボット掃除機 S10など様々な製品が展示!実際に触れることもできてクッソ楽しかったっていうお話です。

Xiaomiポップアップショップに行ってきたぞー!

▼12月5日~12月17日までの期間限定でXiaomiのポップアップイベントが開催されております。コチラが公式からの告知。↓


▼筆者もさっそく行ってきました(イベント2日目だけど)。こん時はすでに夜だったんだけど、Xiaomiカラーのオレンジが結構目立ってたんで区別がすぐついた(`・ω・´)。↓

▼クリスマス的な装飾も施されており店内はかなりキレイでイベント感を感じる。クリスマスツリーがあるだけじゃなく、Redmi 12の化粧箱にもリボンのラッピングがあるのが非常に可愛らしかったッスよ。↓

気になる新製品を触ってきた

Xiaomi 13Tシリーズ、Xiaomi Pad 6、Xiaomi スマートカメラや空気清浄機といった様々な製品も展示されてたんで気になる製品を触ってきました(`・ω・´)。

本当は全部紹介したかったんだけど流石に長すぎる記事になり蛇足になりかねんので特に筆者が気になってた製品をピックアップしてます。ほかは筆者のTwitter(X)に流す予定。

Xiaomi 13T Pro

▼Xiaomi 13T Pro。筆者は13Tの無印の方しか触ってなかったもんで、Pro版を拝むのは初です。見た目完全に一緒だけど。↓

▼これは意外なんだけど、グリーンとブラックって光沢あったんすね。マットだと思ってたから驚いた。そのためグリップ力はかなり高いんですが、指紋が付きやすいっていうネックもつきもの。↓

正直、プラスチック感によるチープ感は否めません。見た目に高級感や触り心地を求めるのであればブルー一択。ってか逆に、ブルーだけでもレザーを採用したってだけでもマジで褒めるべきなのかも。買うときブルー選んでよかった。

▼ちなみに側面はブルーと同じくつや消しタイプでした。↓

あと国内モデルゆえおサイフケータイもしっかり対応ですが、おサイフケータイのロゴは印字されてませんでした。位置合わせするのに苦労しそうではある。

▼ちなみにソフトバンクによればおサイフケータイの位置はてっぺんあたりにある模様です。慣れれば使いやすいタイプだなこれ!↓

softbank.jp

▼あと、この13T Proを用いた撮影イベントも開催してました。撮影した写真は無料で1枚プリンティングしてもらえます。↓

Xiaomi ロボット掃除機 S10

▼ロボット掃除機であるS10くんもありました。第一印象としてはこいつ、思った以上にデカいです。↓

筐体デザインはホワイトでマット調で赤い差し色があり見た目的には結構良さげ。ロボット掃除機にデザイン性を求める方がどれほどいるかはわからんですが、シンプルでクセのない見た目ゆえいろんなタイプの部屋にもマッチしそう。

▼出っ張ったセンサーはマッピングを行うもの。マッピング機能自体は非常に優秀でアプリも見てみたらショップの部屋のマッピングもバッチリでした。一方センサーぶんの高さは生じており棚の下などを掃除するには厳しいというデメリットもありますが‥。↓

▼このモデルはスマホアプリがなくても使えます。2つの物理ボタンで操作できるんで、スマホ操作が苦手な方でも安心という仕組み。上の家マークが充電ドックに戻す操作で、下が掃除開始の操作を担います。↓

これまでのモデルも電源ボタンを押せば清掃開始、充電ドックに戻すという操作はできるのですが、このS10の場合はボタンが分割されておりマークもわかりやすいものになってるんで、より初心者さんでも扱いやすそう、という印象を受けました。

筆者はこのモデル結構気になってた。なんで過去形かっちゅうと、今の家が壊滅的に狭くて掃除機を動かせるスペースがほとんどないからなんすよね。マジで引っ越したい。

Xiaomi G27i / A27i

新型モニターの2種も展示されてました!筆者にとってはこれらは本命のモデルです。

▼2万円ほどで手に入る安さなのに1msの応答速度と165Hzのリフレッシュレート対応というコスパの良さがマジで魅力的なんすよ。詳しくは以下からどうぞ。↓

【165Hz対応で2万円】Xiaomiの27型モニター「G27i」と「A27i」が超ハイコスパ!

▼2種横並びで展示されていましたが、どちらのモデルも見た目は殆ど一緒。違いはUIデザイン、電源キーの色やイヤホンジャックの有無、あと本体下に印字されてる型番しかなく、ぱっと見での区別は筆者もつきません。↓

G27i。上についているモニターライトは別製品
A27i

▼ベゼルの薄さも本体の薄さもどちらもハイエンドと遜色ないぐらい薄くてスタイリッシュな印象を受けますね。VESAマウント対応つまりモニターアームも対応するのでマルチモニター運用もこなせるのもGood。↓

▼ただ端子はDisplayPortとHDMIの2つのみなので複数機器をつなぐ人にとってここがネック。こっちはG27iのほうですが、イヤホンジャック端子がついていますね。あと電源キースティックタイプで操作性も良かった!↓

▼A27iではイヤホンジャック端子はオミットされています。ただG27iと同じく電源キーがスティックタイプなのは嬉しい誤算でした。設定いじるときや入力切替のときに結構多用する場所なんで、ここが扱いやすいってのは高評価ですよ(`・ω・´)。↓

▼設定画面のUIも変わってます。G27iのほうがゲーミングっぽさあるね。あとゲームモードもG27i限定の機能となってます。さすがゲーミングモデル。↓

G27i
A27i

▼プロモビデオを見た限りではあるんですが色合いもかなり良さげでした!スペック上では凡庸なんですがカラーの精度はどちらもかなり高められているだけあり、ゲームにもコンテンツ編集にも使っていけそう。↓

編集作業とかコンテンツ系で使う場合は解像度がネックにはなる(最低でも2,560×1,440のWQHDクラスは欲しい)と筆者は思ってますが、しかしこれで1~2万円の価格設定で非常に手が出やすい。かなり悩めますねこれ。

Mi スマート抗菌加湿器

▼ちとマイナーかもしれんですが加湿器、結構興味深いです。↓

このモデルは自動で湿度を保ってくれる機能、水タンクUV抗菌機能、12~15時間の長時間稼働がウリ。しかも結構コンパクトで机の上にも置きやすいサイズ感なのも良いんですよね。ましてこれからの冬場は乾燥するから喉痛めやすいし尚更気になってます。

あと筆者の住むアパートの場合は築年数が50年と相当なもんなので抗菌機能も欲しい。ヘンな匂いすると気分が萎えるってか死ぬ。さっさと引っ越したいんですが目処が経つまでこいつでやり過ごそうかなって考えてます。

▼電源キーとその上には動作状態を示すLEDが配置。モードによって表示具合が変わります。水タンクがついてなかったり水がなくなってれば赤色表示されるのでわかりやすいぞ!↓

未発売の製品も展示されてた!電動キックボード気になるな

▼日本では未発売な電動キックボードとロボット犬CyberDogも展示されています。↓

▼いわゆるAIBOみたいなCyberDog。見た目はスゴい迫力ありますね。いったいどういう感じで動くのか気になる。↓

▼クビの裏に電源キーっぽいのがありますね。その後ろには首輪と、スピーカーらしき三角の穴。↓

これ、法規だか認証だかの兼ね合いで動かすことはできず眠ってる状態しか拝めないのが悔やまれます(´・ω・`)。

▼電動キックボードは黒字に赤色のアクセントカラーが施されてます。かっけー!筆者は電動キックボード乗ったことないんでどういう感じなのかなってのも含めて興味深いっす。↓

一部製品の販売や抽選もやってるので寄ってみよう

▼あと抽選会もやってて、割引クーポンやオリジナルのペン、特賞としてテレビが当たります。アンケートなどで抽選チャンスも増やせるとのこと!↓

▼あと、一部製品もここで売ってました。しかも一部製品はセール価格。↓

キモヲタ筆者は当然、スマート家電もテレビもスピーカーもあり、一般的なユーザーさんでも楽しめると思います(`・ω・´)。気になる方は寄ってみてね。このイベントは12月17日までの期間限定となっています。

▼場所は以下!近場の方は是非立ち寄ってみて下さい!

ページトップへ