ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

「YI 4K+」性能・価格・特徴まとめ[クーポンあり]

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

「YI 4K+」は4K/60FPSを実現したアクションカメラ

CES2017で発表された次世代アクションカメラ「YI 4K+」

2016年10月に発売されたGoPro Hero 5(価格47,000円)は4K/30FPSで話題となりましたが、GoProのライバルであるYI Technologyが発表した「YI 4K+」はGoPro Hero 5の性能を凌駕する4K/60FPSに対応したことで話題をかっさらった次世代アクションカメラ。

ようやく発売開始となった「YI 4K+」ですが、海外ネットショップの「geekbuying」さんに割引クーポンを頂いているので、検討している方は是非ご活用下さい。

「YI 4K+」の価格。

「YI 4K+」の特徴の1つは”高性能でありながら低価格”であること。

前述した競合端末のGoPro Hero 5は定価47,000円ですが、より高度な撮影が可能でありながら「YI 4K+」の価格はgeekbuyingで299.99ドル(執筆時レートで33,220円)。

ちなみに「YI 4K+」の定価は公式ストアで339.98ドル(37,602円)ですので、geekbuyingでの購入が非常にお買い得。浮いたお金でオプション品が1つ購入可能です。

オプション品の同時購入で利用できる割引クーポンをガルマックスで独自に提供します。

「YI 4K+」は様々なオプション品(YI 4Kと互換性あり)を提供しており、ネットショップgeekbuying様のご厚意でオプション品と同時購入時に利用できる割引クーポン(29ドルオフ)を頂いています。

割引クーポンコード、利用方法、期限、注意点は記事の最後に記載しています。

「YI 4K+」の性能。

YI 4K+のサイズは従来のYI 4Kと同じサイズ。
コンパクトなボディーに最新鋭の技術が惜しみなく詰め込まれている「YI 4K+」

プロセッサーは最新のAmbarella H2を搭載しており4K/60FPSの高負荷処理にも耐える処理能力を持ちながらもバッテリー消耗が非常に低い事が特徴。1400mAhの大容量バッテリーで4K解像度撮影にて連続撮影時間最大120分の長時間撮影を実現。

超高解像度の映像をスムーズに記録するためにメモリもアクションカメラでは大容量な2GBを搭載しています。また、長時間録画が可能であることからMicroSDも最大128GBに対応。

センサーにはSony IMX 337を搭載することで4K撮影に対応し、ビデオモードでは4K/60FPS/写真モードでは最大1200万画素(4000×3000)でのRAW撮影に対応。7枚のガラスレンズと超広角155°のレンズを採用することで、広範囲且つ非常にクリアな撮影が可能です。
▼主要スペックは以下の通り↓

  • プロセッサー:Ambarella H2
  • メモリ:2GB
  • 最大解像度:3840×2160(60FPS)※対応解像度は次項目で確認をどうぞ。
  • フルHD:120FPS撮影可能
  • 圧縮:H.264、mp4ファイル形式
  • タッチパネル液晶搭載(2.19型)
  • 音声入力機能あり
  • 手ぶれ補正:4K/30FPSまで電子手ぶれ補正あり
  • ビットレート/最大135mbps
  • LIVEストリームモード搭載
  • タイムラプスモード搭載
  • 1200万画素Sony IMX 377センサーを採用
  • 7枚の超広角155°ガラスレンズ採用
  • Wi-Fi&Bluetooth
  • 1400mAh大容量バッテリー搭載

更に詳しい仕様の確認は以下からどうぞ。

「YI 4K+」の対応解像度。

YI 4K+の対応解像度

フルHD撮影時のフレームレートも注目。

「YI 4K+」は4K/60FPS撮影可能であることが最大の特徴ですが、現在最も撮影される事の多いフルHD(1920×1080)の記録可能フレームレートにも注目です。

パワフルなAmbarella H2、Sony IMX 337センサーを搭載する「YI 4K+」はフルHD解像度において120FPSという超高フレームレートの撮影が可能となっています。

「YI 4K+」の特徴は最高峰の映像を4K/60FPSで残せる事。

[YI 4K+]の実機で撮影した映像をどうぞ。4Kモニターを持っている方は是非You Tubeの設定を4Kに変更して映像美を堪能して下さい。

「YI 4K+」の特徴は4K解像度で60FPSという滑らかな映像撮影を常用可能域で実現している事。

高解像度撮影では非常に高スペックな処理能力を要することから、フレームレートが犠牲となる事が多かったのですが、一般的に滑らかな映像とされる60FPSで4Kを実現したのは「YI 4K+」が世界初。

直感的な操作が可能なタッチパネル液晶に加え、音声操作も可能。

YI 4K+は音声入力にも対応する

「YI 4K+」はタッチパネルを採用しており直感的な操作が可能となっていますが、両手が塞がる様な利用シーンでタッチ操作が難しい時は音声入力により操作も可能となっています。

超高速なデータ転送が可能なUSB Type-Cを搭載。

YI 4K+は高速なデータ通信が可能なUSB-TypeCに対応

「YI 4K+」は4K/60FPSで撮影した大容量データを高速転送可能なUSB Type-Cを採用。端末から記録用MicroSDを取り出すこと無く映像データをUSB Type-Cケーブル経由で転送可能です。

数多くのオプション品が既に揃っている。

YI 4K+はYI 4Kのオプション品が利用可能。

「YI 4K+」の前モデルである「YI 4K」と外寸、デザインを維持しているので、40メートルの耐水性能を持つ防水ケース、ジンバル等のオプション品が既に揃っています。また、「YI 4K」ユーザーは「YI 4K+」にアップグレードしても揃えたオプション品が無駄になりません。

「YI 4K+」まとめ。

4K/60FPSでの動画撮影に対応しているアクションカメラは現時点で「YI 4K+」一択。

最高峰の映像を残したい方はもちろんのこと、今まで低価格な入門用のアクションカメラを利用されていた方も低コストでハイエンド端末にアップグレード出来る機種です。

コストパフォーマンスも申し分なく、GoProキラーと呼ばれるだけの魅力が惜しみなく詰め込まれており、YI Technologyの本気度が伺える製品ですね。

ガルマックスでは「YI 4K+」を取り扱うgeekbuyingさんから、「YI 4K+」とオプション品を同時購入した際に利用できる29ドル(執筆時レートで3,210円)割引クーポンを頂いています。ご購入の際は是非ご利用下さい!

▼オプション品がセットになった[with Original WP Case][Travel Kit][5in1 Kit]のいずれかで利用可能です。↓

▼カートへ入れたらレジ画面へ進み[+ coupon code?]をクリックしてクーポンコードを貼り付け[Apply]を押して適応すると割引価格で購入可能となります。↓

▼割引クーポンは以下をコピーしてご利用下さい。↓

▼クーポンが利用可能なgeekbuyingの「YI 4K+」販売ページは以下から↓

ページトップへ