1100x150_v4 ワイモバイル

【22時開始】ゲームしながら雑談。バルミューダフォンあります

本日はバルミューダフォンの発売日で実機あります。ガジェット雑談が好きな人は集合。コメントはYouTube LIVEでお願いします。詳しいことは色々とYouTube LIVEの概要欄に書いてます。

ZTE「Libero 5G II」と「Libero 5G」の違いを比較

ZTEのAndroidスマホ「Libero 5G II(A103ZT)」と前機種である「Libero 5G(A003ZT)」の違いを比較しました。

Libero 5G IIとLibero 5Gの性能を比較

Libero 5G IIはワイモバイルから発売されるZTE製のAndroidスマホ。十分なスペックを持つミドルスマホLiberoの2代目にあたるモデルとなります!

Libero 5G IIとLibero 5Gの性能を比較した表がこちら。

製品情報 ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
端末名 Libero 5G II Libero 5G
型番/別名 A103ZT A003ZT
発売年 2021年12月 2021年4月
発売地域 日本:ワイモバイル 日本:ワイモバイル
メーカー ZTE ZTE
対応バンド・周波数・ネットワーク ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 8 W-CDMA:1 / 2 / 4 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 8
TD-LTE:41 / 42
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 8 / 28
TD-LTE:41 / 42
5G NR Sub6:n3 / n28 / n77 Sub6:n77
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth バージョン:5.1
コーデック:非公表
バージョン:5.1
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット シングルスロット(Nano SIM) シングルスロット(Nano SIM)
ネットワーク関連備考 eSIM対応
本体仕様 ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
ディスプレイ サイズ:6.67インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:パンチホール(中央)
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
サイズ:6.5インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:パンチホール(左上)
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:2,400×1,080(FHD+)
画面比率:20:9
解像度:2,340×1,080(FHD+)
画面比率:19.5:9
画素密度 395ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 396ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:169mm
横幅:78mm
厚さ:8.8mm
高さ:166mm
横幅:77mm
厚さ:9.2mm
重さ 200g 201.7g
本体色 ブラック系、ホワイト系、ピンク系 レッド系、ブルー系
システム仕様 ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
OS Android 11 Android 11
CPU(SoC) MediaTek Dimensity 700 Qualcomm Snapdragon 690
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約300,000点
GPUスコア約70,000点
(AnTuTu v9参考値)

総合スコア約280,000点
GPUスコア約62,000点
(AnTuTu v8参考値)

メモリ/保存容量 ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大1TB) MicroSDカード対応(最大512GB)
※専用スロットあり
カメラ ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
背面カメラ トリプルカメラ
①1,600万画素(メイン)
②800万画素(超広角)
③200万画素(深度測定カメラ)
その他詳細非公表
トリプルカメラ
①1,600万画素(メイン)
②800万画素(超広角)
③200万画素(深度測定カメラ)
その他詳細非公表
インカメラ パンチホール式インカメラ
画素数:800万画素(メイン)
その他詳細非公表
パンチホール式インカメラ
画素数:200万画素(メイン)
その他詳細非公表
機能仕様 ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
GPS 非公表 GPS対応(詳細規格は非公表)
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非公表
指紋認証:対応
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:非公表
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP57
耐衝撃:非公表
防水/防塵:IP57
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック なし なし
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
バッテリー ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
バッテリー容量 3,900mAh 3,900mAh
充電 有線充電:対応(規格非公表)
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
有線充電:対応(規格非公表)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C USB Type-C
スペック表のソース ZTE Libero 5G II(Dimensity 700) : ZTE Libero 5G(Snapdragon 690)
参照元

【公式サイト】ZTE Libero 5G II – ztedevices.com

【公式サイト】Libero 5G – ymobile.jp

スペック詳細記事 ZTE Libero 5G IIのスペック・対応バンドまとめ ZTE Libero 5Gのスペック・対応バンドまとめ

Libero 5G IIとLibero 5Gの違い

ざっくり言うとこんな感じです。

Libero 5G IIは、

  • 画面サイズが6.67インチに大型化(Libero 5Gは6.5インチ)
  • パンチホールが中央に移動(Libero 5Gは左上)
  • 本体重量がわずかに軽量化
  • 対応バンドが変更
  • eSIMに対応するようになった

画面の材質は液晶のままですがサイズは大型化しており、6.5インチから6.67インチにアップ!解像度も縦に少し伸びており2,400×1,080になっております。

形状も変更されており、インカメラのパンチホールは画面左上から中央に移動しているのも特徴です。カメラのデザインといい、昨今のトレンドに則ったスタイルをとっているのがわかります。

本体サイズは若干大型化しつつ重量を抑えており、Libero 5Gから1.7g軽量化。ただ、その差は僅かなので体感的な違いは感じにくいところでしょう。

対応バンドはソフトバンクの主要バンドしか拾わない構成は一緒ですが一部変更。4Gはサブバンドの28が非対応になっておりむしろ悪化。その反面、5Gでは新たにn3、n8に新たに対応するようになっています。ソフトバンク系回線向け。

また新たにeSIMに対応しているのが大きな違い。物理SIMとのデュアルSIM運用ができるかは不明ですが、キャリア版なのであまり期待は出来ないところ。

まとめ

Libero 5G IIは生活防水やおサイフケータイに対応しているのが魅力!望遠カメラ、なめらか表示ができる高リフレッシュレート、有機EL素材の画面など目立った高級さはないものの、堅実にまとまっている仕上がりといえます。

執筆時点で価格はまだ出ていませんが、先代モデルのLibero 5Gは2~3万ほどと比較的安価な価格設定でした。Libero 5G IIも手が出しやすく万人向けといえる1台になってくれると良いですね!

▼Libero 5G IIの購入先は以下!↓

■Libero 5G II(A103ZT)■
▼端末価格不明!↓

ページトップへ