ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

新MacBookPro(2016)のキーボードってどうなの?!実機で叩きまくってきた。

新MacBookPro(2016)のバタフライ構造キーボードは打鍵音が大きい

Apple Store名古屋栄店で新MacBookPro(2016)のキーボードをニヤニヤぶっ叩いてた奴は誰だ!



俺だ!!!

新MacBookPro(2016)は外観も性能も大幅に変更しフルモデルチェンジ!

新しいデザインでより薄くスタイリッシュに生まれ変わったMacBookProですが「キーボード」もガラリと変わりました。

上位モデルではファンクションキーがTouch Barとなり、使い勝手について各所で議論されていますが、個人的には「新MacBookPro(2016)の3モデルの違いを比較!超えれない壁に注意!」で書いた通り、発狂して死んでしまうかも・・・と、予想してます。

今回はファンクションキーの下側。つまり、普段タイピングで最も利用する部分のキータッチについて実機で触ったファーストインプレッションをお届けします

新MacBookPro(2016)のキーボードはうるさい。

もう結論から言っちゃいましたが、AppleStore名古屋栄店とヨドバシカメラ名古屋松坂屋店で複数のTouch Bar非搭載の13インチ新MacBookPro(2016)をタイピングした結果、、、

タイピング音が過去モデルよりもかなり大きい事に気が付きました。

キーストロークは12インチMacBookよりも深い。

新MacBookPro(2016)のキーボードは非常に薄い。

新MacBookPro(2016)では薄さを追求する為に従来型のキーボードから12インチMacBookで採用されている「バタフライ構造キーボード」にシフトチェンジ。

構造はさておき、薄型化するためにキーボードが変わった訳ですが、「キーストロークが深くなっている」ということで実際にペコペコ押してきました。

確かにキーストロークは気持ち深めとなっており、12インチMacBookの様な「骨に響く打鍵感」は少なからず軽減されています。

キーストロークが深くなった事により、打鍵時の音が増大。

低いところから物を落とすと衝撃音は小さく、高いところから落とすと衝撃音が大きくなるように、キーストロークが深くなった事で打鍵時の衝撃音が増大しています。

打鍵音は12インチMacBookでタイピングされたことのある方はご存知かと思いますが、バタフライ機構のキーボードは「パチ!」という軽快な打鍵音を奏でます。

12インチMacBookではキーストロークが浅かった為、キーの打鍵音はそれほど気になるものではありませんでしたが、新MacBookPro(2016)では「パチ!」という甲高い音が大きいので耳障りに感じるかも知れません。

新MacBookPro(2016)キーボード打鍵時の動画。

動画も撮影してきました。動画では伝わりにくいかも知れませんが、実際に生で聞く音と撮影機器で録音した音では結構違うので、生の音を聴きたい方は家電量販店やApple Storeで直接叩いてみると音の大きさがよく分かると思います。

個人的に公共の場でタイピングを躊躇するレベルの打鍵音でした。

実機でガチタイピングした時に悟りました。新MacBookPro(2016)の打鍵音はちょっと公共の場でパチパチ打つのが気が引けるなと。

メカニカルキーボードほどではありませんが、新MacBookPro(2016)のキーボードの打鍵音は気になる方はとことん気になっちゃうかも知れません。

キーピッチなどは申し分なくタイピングも素早く打つことが出来るので私はバタフライ構造キーボードが嫌いではありませんが、私、四六時中キーボード叩きたい症候群なのでどうしても打鍵音だけが気になっちゃいます。

それにしてもTouch Bar搭載の新MacBookPro(2016)実機展示が中々出てこないのがもどかしいですね。。。

何にせよ様々な箇所が新しく生まれ変わっているので是非Apple Storeや家電量販店で新MacBookPro(2016)を触ってみてくださいね!

ページトップへ