ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SoundPEATSの国内向けQ12レビュー。ランニングのお供に最適なBluetoothヘッドセット

SoundPEATSのQ12が日本語音声に対応!

以前、SoundPEATSの人気Bluetoothヘッドセット「Q12」をレビューしたのですが、内部音声が日本語に対応したということでサンプル品を頂きました。こうやって日本向けにチューニングしましたと言われると、日本で非常に支持されている人気の高いメーカーだなと感じますね。

胸元でパチリと止める事が出来る日本語版Q12レビュー。

SoundPEATSさんのBluetoothヘッドセットは全部で5本レビューしていますが、Q12はその中でも個人的に高評価なモデル。

Q12の特徴はイヤホン部分にマグネットが入っているので、胸元でパチリと止めてネックレス状態で首からかけることが出来ます。

Q12の同梱物。

▼箱を開けると説明書、充電用MicroUSBケーブル、ハードポーチが入ってます。↓

充電ケーブルはスマホの充電器やモバイルバッテリーで使えます。

▼ハードポーチの中には、本体、ケーブル調節用アタッチメント、クリップ、複数のイヤーピースとイヤーフックが入っています。Q12は英語版を持ってますが装着感はかなり良いですよ。↓

Q12は付属品も非常に充実しています。

ネックレス形状で首からぶら下げる事が出来るので、移動時に便利。

電車の乗りかえ時や、ランニング時に誰かと会話する時など、何かとイヤホンを外す時って多いと思うのですが、Q12はイヤホン部分に磁石が入っているので胸元でパチリと止めれて超便利。

▼こんな感じにネックレス形状に出来るので短時間イヤホンを外す時に超便利。↓

胸元でパチリと止めれるのが便利すぎます

ケーブルは平型でポイッとカバンに放り込んでも絡まりにくいです。コントローラーは独立型なのでボタン配置もゆとりがあって押しやすい。↓

コントローラーも独立型で操作性が非常に良いです。

▼イヤホン部分ではなくコントローラー部分で充電可能。たまーにイヤホン部分で充電するタイプのBluetoothヘッドセットがあるのですが、あれはイヤホン部分が重くなるのであまりオススメしません。↓

コントローラー部分にMicroUSB端子がついているのでイヤホン部分が重くなりません

音質は低音寄り。EDMなどと相性抜群!

Q12自体は英語版をレビューしたことがあるのですが、音質は以前と変わらず低音寄りのチューニングとなってます。高音は刺さらない程度なのでドンシャリではなく上質な低音+中音高音は飛び抜けない平坦な疲れにくい音質です。

日本語版ということで、電源ON、OFF時の案内音声などは全て日本語なのでとっても使いやすいです。

また、Q12はマイクを内蔵しているので付けたまま電話することも可能!iPhoneに繋いで使ってますが、「ヘイ!Siri」にも対応しているので、登録さえ済ませておけば音声で電話をかけることも可能です。

これからはBluetoothヘッドセットが流行ります。安いのでお試しにもどうぞ。

iPhone7ではイヤホン端子が廃止された事が話題となりましたが、Android端末でもイヤホン端子を廃止したモデルが出回り始めました。

どうしてもお気に入りのイヤホンやヘッドホンを使いたい場合は変換ケーブルを利用することも可能ですが、そうでなければ圧倒的にBluetoothヘッドセットが楽チンで便利です。

充電もモバイルバッテリーで可能ですし、あっという間に充電完了します。私は結構前からBluetoothヘッドセットに移行していますがとっても快適ですよ。

SoundPEATSさんのBluetoothヘッドセットは沢山持っていますが、音質、耐久性は値段以上です。今は値下がりしたので更にお買い得感は高いですね。

元々5,042円の商品ですがセール価格でめちゃくちゃ安くなってたので、Bluetoothヘッドセットが気になっている方はコスパが良いので試してみてくださいね!

ページトップへ