音重視のゲームはまだ厳しい。SOUNDPEATS「SONIC」「TRUEAIR2+」レビュー

SOUNDPEATS

低遅延が魅力のaptX-Adaptiveが触りたいなと思ってたらタイミング良くSOUNDPEATSさんがaptX-Adaptive対応の「SONIC」「TRUEAIR2+」を提供下さいました!ありがとうございます!それではレビューをお届けします!

良かった点

  • 音質・仕様はお値段以上で高コスパ
  • 5,000円以下で高音質&低遅延なaptX-Adaptiveに対応
  • TRUEAIR2+はワイヤレス充電に対応

悪かった点

  • 本領発揮するにはaptX-Adaptive対応スマホが必要
  • 超低遅延なゲームモードでも音重視のゲームでは厳しい

遮音性と低音重視ならカナル型、開放感と音の広がり重視ならインナーイヤー型

SOUNDPEATSの「SONIC」は遮音性と豊かな低音表現力が魅力のカナル型タイプ、「TRUEAIR2+」は音の広がり・臨場感に優れるインナーイヤー型タイプ。

▼どんぐりみたいなのがSONIC、うどん付きが「TRUEAIR2+」です。充電ケースがどっちもめっちゃコンパクト。↓

SOUNDPEATS
左のSONICはカナル型なのでイヤーピース付き
SOUNDPEATS
配色が美しいSONIC。操作はロゴ部分の物理ボタンで行う
SOUNDPEATS
クールな印象のTRUEAIR2+。ケースが非常に薄い。操作はロゴ部分のタッチボタンで行う

形状は好みになってくるんですが、個人的にFPSゲームをプレイするなら余計な音はシャットアウトしたい、響くような低音を楽しみたいのでカナル型のSONICが好みかな。耳のサイズに合わせてイヤーピースも変えられるし。

音質はどちらも5,000円以下の製品としては「価格以上」。SONICは先述どおり低音の厚みがあり重厚感ある低音を楽しめます。TRUEAIR2+はやや低音は控えめですが抜けある中高音域の表現がGood。

どちらもデザイン特性を生かした音質チューニングが施されており、長年Bluetoothイヤホンの開発で培ったサウンドノウハウが詰め込まれていて低価格でも高音質。SOUNDPEATSらしいコスパの良さが光る部分です。

通話品質ですが、どちらもCVCノイズキャンセリングに対応しており、周囲の雑音をカットしながら自身の声をクリアに集音してくれます。実際の通話でも風切り音や周囲のガヤガヤした音を上手くカットしていました。

▼通話相手はBluetoothイヤホンを使ってることが分からなかったとのこと。↓

TRUEAIR2+

本領発揮するにはaptX-Adaptive対応スマホなどが必要

SONICとTRUEAIR2+は高音質&低遅延がウリのaptX-Adaptiveに対応している製品ですが、利用するには注意点も。

すべてのBluetoothコーデックに共通することなのですが、双方の製品が同一のBluetoothコーデックに対応している必要があります。

つまり、SONICやTRUEAIR2+のウリであるaptX-Adaptiveを体験したい場合、接続するスマートフォンなどでもaptX-Adaptiveに対応している必要があるのです。

▼ガルマックスでは唯一aptX-Adaptiveに対応していたRedMagic 6に接続して検証。↓

SOUNDPEATS

ちなみにSONICとTRUEAIR2+は3つのコーデックに対応してます。

  • SBC:どのスマホでも対応している。遅延が大きい
  • AAC:多くのスマホで対応している。CD音源レベルの転送が出来て遅延は中
  • aptX-Adaptive:一部のスマホに対応している。高音質&低遅延

SONICやTRUEAIR2+を購入するならaptX-Adaptive目当だと思うんですが、肝心の接続するスマホがSBCやAACしか対応していないと、それらのコーデックで接続することになり本来のパフォーマンスを体験できません。

購入前に接続する機器がaptX-Adaptiveに対応しているか必ずチェックしましょう。対応しているかよく分からなければ、接続する機器のメーカー(スマホならスマホメーカー)に問い合わせて確認しましょう。

音の遅延は動画なら気にならない、音重視のゲームは厳しい

SONICとTRUEAIR2+を実際に使った感想ですが、YouTubeなどの動画では音の遅延は許容範囲で特に不満はありません。どちらの製品もとっても快適。

個人的に気になっていたのはFPSなど音が重要なゲームで実用に足るのか。結論から言えば、音を重視するゲームでの利用は遅延がやっぱり気になります。僕は許容出来ませんでした。

▼ちなみにSONICとTRUEAIR2+は最も遅延が少なくなる「ゲームモード」を搭載。この機能を利用しても音が重視なゲームでは遅延に対して満足出来なかった。↓

SOUNDPEATS

ちなみに僕は普段からiPhone 12 ProでAirPods Pro、PS5やパソコンではワイヤレスヘッドホンを使っていてサウンド環境はほぼワイヤレス状態。これらの機器では個人的に音の遅延は許容範囲であったり、全く気にならないレベル。

それらの機器を普段から使っている僕が「SONICとTRUEAIR2+はゲームモードをもってしても音重視のゲームでは遅延が気になる」って言ってんだから間違いない。なので、FPSとか音の重要なゲーム用に検討してるなら遅延具合は不満に感じるはず。

一方で、マインクラフトでは不満なく遊べてます。音のタイミングがそれほど重要でないゲームであれば全然OK。

TRUEAIR2+のみワイヤレス充電対応

うどん型のTRUEAIR2+は充電ケースがワイヤレス充電に対応。僕も普段からイヤホンはワイヤレス充電に対応している製品を使ってるんですが、置くだけで充電してくれる使い勝手のよさが気に入ってます。

Bluetoothイヤホンの充電ケースって気がついたら電池切れてるなんてことも結構あるので、家に帰って来たらワイヤレス充電台に置くってルーティンにしておけば電池切れの頻度もグッと下がるはず。

▼スマホと一緒に充電するなら2つ同時に充電できるワイヤレス充電台がオススメ。僕の使ってるのは以下↓

ワイヤレス充電器 Qi認証 【 PSE認証済み 2020最新バージョン 】 スマホ2台同時充電対応 Quick Charge 3.0充電アダプター付属 10W/7.5W/5W 急速ワイヤレス充電 無線 充電器 5つコイル最新型 ワイヤレス チャージャー iPhone 12 mini / Pro / Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / iPhone XR / XS Max / XS / X / SE(第2世代)/8/8 Plus、Apple AirPods 2、Sony Xperia XZ3/XZ2 Premium/XZ2、 Galaxy Buds、Galaxy S10/Note 9/S9/S8,Note 8/S7、その他Qi機種対応
CHOETECH

SOUNDPEATSの「SONIC」「TRUEAIR2+」まとめ

SOUNDPEATS

ゲーマー目線からの評価では厳しい部分もありましたが、5,000円以下のBluetoothイヤホンを探しているなら両モデルはガチでコスパの高い製品です。

この価格では音質、仕様はお値段以上。aptX-Adaptive対応製品なんて価格.comで調べても1万円以上もザラですからね。めちゃくちゃコスパ高い。

なので、SBC、AAC、apt-Xなどエントリー〜ミドルコーデックの製品を使っている方の買い替え製品としてオススメ。それらの製品を使っているなら、低価格でより高音質で低遅延なサウンド環境が手に入るので検討してみて下さい!

ページトップへ