Xiaomi TV Stick 4K 1100x150

Apple純正の忘れ物防止タグ「AirTag」発表!iPhone 11以降は近距離で高精度な位置検知

AirTag

Appleが忘れ物防止タグAirTagを発表。予約は4月23日の午後9時から、発売日は4月30日、価格は3,800円。これ絶対買う。

AirTagの特徴

AirTagの特徴は以下の通り!

AirTagのハイライト

  • 他ユーザのデバイスを通じて位置追尾
  • iPhone 11以降は近距離で高精度な位置検知
  • IP67の防水防塵仕様
  • 電池持ちは1年以上

遂にApple純正のAirTagが発表された!まってました!

▼デザインも洗練されていてさすがAppleといったところ。↓

AirTag

▼純正のキーリングやループなども発売。サードパーティ製のケースなどもガンガン出てくるはず。↓

AirTag

▼Appleお得意のHERMESコラボも用意。本体の10倍以上のお値段。バッグに取り付けるからデザイン性もこだわりたいって方向けね。僕はいらん。↓

AirTag

忘れ物防止タグは様々なメーカーから出ていて僕も使ってるんですが、AppleのAirTagはより高度な位置検索が出来るようになってます。

例えばAirTagを取り付けた鍵をなくした場合、AirTagは暗号化されたBluetooth信号を送信。あなたが探しているAirTagは他のAppleユーザのデバイスが信号をキャッチしても探すネットワークに表示されるのです。

つまり、世界中のAppleユーザのデバイスを通じてあなたのAirTag探しを手伝ってくれるってわけです。特に日本ではiPhoneユーザが多いので、この機能は真価を発揮してくれそう。

▼プライバシーをしっかり守れるように設計されているとのことで、AirTag探しで中継するデバイスは最初から最後まで暗号化された匿名で行われます。↓

AirTag

あと、面白いなと思ったのがNFCを利用した連絡先表示機能。これは設定すると利用できるみたいなのですが、誰かのAirTagを見つけてNFC対応スマホでタッチすると連絡先情報が確認できるようになるんです。

▼鍵など「誰のものか分からない」ものは連絡先を入れておくと見つかりやすくなるかも。↓

僕も自宅で鍵やら財布やらを見失うことが多いんですが、これまでの忘れ物防止タグはサウンドで知らせてくれるものが一般的。あれ、大体の位置は分かるんですが、音だけだとなかなか見つからないんですよね。

AirTagはiPhone 11以降のiPhoneだと「正確な場所を見つける」機能が使えるんです。これはAirTagに辿り付けるよう画面上に矢印で表示して案内してくれるというもの。マジ便利そう。

正確な場所を見つける機能を利用できるデバイスは発表時点で以下の通り

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

▼これが使えるからAirTagを選ぶってユーザも多そう。僕もその一人。↓

その他、防水防塵はIP67に準拠しているので水にポチャンと落としても問題なし。バッテリーはボタン電池のCR2032で、1年以上の持ちとのことです。

iPhoneユーザはAirTag

待ちに待ったAirTag。

忘れ物や置き忘れが多い僕にとっては神デバイス。これを待っていた!特に室内で鍵とかを適当に置いちゃうことが多いので、「正確な場所を見つける機能」には頻繁にお世話になりそうです。

予約は4月23日午後9時、発売は4月30日。購入は1個で3,800円、4個セットで12,800円です!無料の刻印サービスもあるのでイニシャル入れて注文しようかな!

ページトップへ