Black Shark 3 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

Xiaomi Black Shark 3 Pro

まさにゲーミングのために。

Xiaomiのゲーミングスマホ「Black Shark 3」の上位版「Black Shark 3 Pro」をご紹介!スミからスミまでゲーミング仕様で突き詰めたガチスペックがヤバすぎな1台!早速チェックしてみましょう!

↓低価格が魅力な通常モデルのBlack Shark 3も発表されております!詳細は以下の記事からどうぞ!↓

Black Shark 3(3S)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Black Shark 3 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xiaomi Black Shark 3 Pro
型番/別名 MBU-A0
発売年 2020年3月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Black Shark
備考 -
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G ▼中国版↓
WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B9 / B19
4G LTE ▼中国版↓
FDD LTE:B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 20
TDD LTE:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR ▼中国版↓
Sub6:n41 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 7.1インチ/有機EL/画面占有率非公表
解像度 3,120×1,440/WQHD+/画面比率20:9
画素密度 484ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ177.79mm
横幅83.29mm
厚さ10.11mm
重さ 253g
本体色 ブラック系/グレー系
システム仕様
OS Joy UI 11
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

AnTuTu v8(参考値):総合スコア約568000点、GPUスコア約220000点

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量256GB
メモリ12GB+容量512GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ 64MP+13MP+5MP
特性:通常+超広角+深度測定カメラ
F値:1.8+2.25+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ 20MP
F値:2.0
AI:対応
手ぶれ補正:非対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、距離センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
その他機能 背面マグネット充電ポート搭載
専用のゲーミングアタッチメント搭載可能
タッチコントロール専用ボタン搭載(設定可能)

【Bluetoothコーデック】
SBC、apt-X、apt-X HD、apt-X adaptive、LDAC
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:65W(20V/3.25A)
ワイヤレス充電:非対応
マグネット充電:18W(6V/3A)
ポート USB Type-C
背面マグネットポート(専用充電器が必要)
その他
公式サイト

Xiaomi Black Shark 3 Pro

スペック表に関する免責事項

Black Shark 3 Proの発売時期と価格

Black Shark 3 Proの発売時期は3月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB/保存容量256GB:4699元(約7.3万円)
  • メモリ12GB/保存容量512GB:4999元(約7.8万円)

Black Shark 3 Proの性能をチェック!

Black Shark 3 Proは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Black Shark 3 Pro(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだBlack Shark 3 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 865(参考):総合スコアが568,000点、ゲーム性能(GPU)が220,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でBlack Shark 3 Proが搭載するSnapdragon 865の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

Black Shark 3 Proの対応バンドをチェック!

Black Shark 3 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Black Shark 3 Proのドコモ回線対応状況

Black Shark 3 ProのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

Black Shark 3 Proはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Black Shark 3 Proのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Black Shark 3 ProのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Black Shark 3 Proはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でBlack Shark 3 Proをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

Black Shark 3 Proのau回線対応状況

Black Shark 3 Proは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Black Shark 3 Proの気になる特徴ピックアップ!

近未来感のあるメタリックなルックスは必見!

▼Black Shark 3 Proは非常にゲーミングらしいルックスが個性的です!カラーはブラックとグレーの2色のみ!ですが無骨ではなく、アクセントラインが入っているおかげで地味さを感じないかっこよさが魅力的!↓

Xiaomi Black Shark 3 Pro

サイズ自体は高さ177.79mm、横幅83.29mmととても大きく、さらに厚さも10.11mmと非常にヘヴィな部類!片手持ちよりも両手持ちを前提としたサイズ感っすね!筆者でも片手操作厳しそう。

ディスプレイには性能ギッシリ!ハイスペックです

▼Black Shark 3 Proのディスプレイなんですが、なんと大きさは7.1インチ!6インチ台が主流であるフラグシップスマホとは一線を画した大型サイズとなっております!さながらファブレットのような大きさ。大画面好きなユーザーさんに嬉しい設計ですね!人によっては違和感を感じるノッチもパンチホールもありません!

Xiaomi Black Shark 3 Pro

ディスプレイは大きさだけではなく、高解像度、90Hzリフレッシュレート、有機EL、高感度タッチ、HDR+表示などなど揃った豪華仕様!

解像度は3,120×1,440のWQHD+!一般的なスマホおよびBlack Shark 3はFHDですが、Black Shark 3 Proはより高解像度で精細なディスプレイとなっております!またディスプレイの仕様は有機EL!液晶タイプと異なり、ドットの1つ1つが個別に光る仕組みとなっております。これにより、さらに細かい色表示や高い輝度での表示が可能になったのはもちろん、黒色に関しては非常に引き締まった印象を与えてくれるので、表示のリアリティさが増す!という嬉しい仕組みなんです。

▼さらに色表示も10bit表示に対応!従来のスマホよりも、より細かい色表示が出来るようになったそうです。↓

Xiaomi Black Shark 3 Pro

リフレッシュレートは90Hzに対応し、よりヌルヌルサクサクな表示を楽しめるのはもちろん、サンプリングレートは270Hzに大幅進化!タッチレスポンスは24msで、マルチタッチレスポンスは28msと低遅延に進化したため、非常にきびきびした操作性を味わえるようになっております。FPSゲームでも正確機敏なエイミングが期待できますね!↓

Xiaomi Black Shark 3 Pro

全てはゲーマーのために。独自のトリガーボタン搭載

Black Shark 3 Proの一番のポイントともいえるのが、このトリガータイプの物理ボタン!本体の右側側面に2つ配置されております!横持ち時に真価を発揮!↓

Xiaomi Black Shark 3 Pro

このトリガーボタンは「ボタンを押せば特定箇所をタッチ操作できる」という機能を備えているんです。FPSゲームでアイテム切り替えしたい時やRボタンで射撃したい時に非常に便利!なおかつ指で画面を塞ぎにくく、画面が見やすくなるというボーナス付き。まさに超ゲーマーさんに嬉しい機能ってワケなんです。もちろん設定でカスタマイズ可能!わざわざゲームパッドを用意せずとも、Black Shark 3 Proの1機だけで事足りるってのはスゴいよね。

冷却性能が優秀なおかげでベンチマークスコアがトンデモ級に

▼Black Shark 3 Proの冷却機構はBlack Shark 3と同様にダブルで配置されており、基盤を包み込むサンドイッチタイプを採用!非常に冷却効率に優れているそうです。長時間のゲーミングも安心して楽しめそうですね!↓

Xiaomi Black Shark 3

背面マグネット充電対応でバッテリー容量も大容量!

▼Black Shark 3 Proのバッテリーは5,000mAhとかなりのビッグサイズ!スタミナスマホに並ぶ大容量なんです。↓

Xiaomi Black Shark 3 Pro

▼さらに充電方法もこだわってます!横持ち時にケーブルがじゃまにならないようにと、背面にもマグネットタイプの充電ポートを備えているんです。実に画期的!ゲームしながらの充電ケーブルの煩わしさとはもうオサラバですね!↓

Xiaomi Black Shark 3

通常の充電端子は65Wの超急速充電が可能なので、お急ぎ充電なら通常充電、ゲームしながらであれば背面のマグネット充電といった使い分けが可能!とても便利ですね!なおマグネット充電は18Wまでなので65Wほど充電が早くないのと、マグネット用充電ケーブルは別売りみたいなんで注意!

高画素トリプルカメラ搭載!実力はイカに?

▼Black Shark 3 ProのカメラはBlack Shark 3と同様の64MP+13MP+5MPのトリプルカメラ!

Xiaomi Black Shark 3 Pro

メインのカメラは6,400万画素とフラグシップらしい超高画素数!精細さな写真が期待できそうですね!さらに超広角カメラも搭載しており、広い範囲を一枚に収められたり、背景ボケ写真をキレイに撮れる被写体深度測定カメラも搭載!日常面での使い勝手はバッチリな嬉しい構成でございます。

サンプルショットがないのでBlack Shark 3 Proのカメラの実力が未知数!一体どこまでの品質なのか期待!実機で試したくなってきた!

Black Shark 3 Proまとめ!まさに「ゲーミングのために」を突き詰めたゲーム機…じゃなくてスマホ!

Xiaomi Black Shark 3 Pro

Black Shark 3 ProはBlack Shark 3の上位モデル!見た目もSoCも一緒なんですが、異なるのは画面サイズ、解像度、メモリと容量構成、そしてトリガーボタンの有無!

DSDV対応、イヤホンジャック搭載、ステレオスピーカーももちろん搭載!使い勝手の良さも健在しつつ更に上位を目指している構成なので、まさにプロフェッショナル向けのスマホと言えるでしょう。トリガーボタン搭載ってだけで買う理由として十分ですし。

価格は一番安くて約7万3千円!5G対応フラグシップスマホではけっこう安い!それも上位モデルなのでなおさらです。10万超えが当たり前な5Gスマホも登場する中で、Black Shark 3 ProおよびBlack Shark 3はゲーマーさんだけでなく高コスパを求めるユーザーさんにも手が届く価格帯となっております!ぜひとも日本発売にも期待したいですね!

ちなみにこのBlack Shark 3 Proは携帯ゲームじゃなくれっきとしたスマートフォン。なので電話もメールもマップもカメラも勿論使えますんでご安心を!もはやどっちかわからなくなりそうな変態じみた機種の1台なのでした。

↓低価格が魅力な通常モデルのBlack Shark 3も発表されております!詳細は以下の記事からどうぞ!↓

Black Shark 3(3S)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Black Shark 3 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

※Google Play手動インストールの必要あり・日本語非対応と思われます
■メモリ8GB+容量256GB■
過去最安値→96,400円
▼[ETOREN]セール価格で109,600円!↓

 

■メモリ12GB+容量256GB■
過去最安値→108,700円
▼[ETOREN]セール価格で127,700円!↓

ページトップへ