1100x150_v4 ワイモバイル

Black Shark Lucifer T1のレビュー!実機を使って気にいった・気になったポイントと評価まとめ!

Black Shark Lucifer T1

ゲーミングBluetoothイヤホン「Black Shark Lucifer T1」を購入したので実機を使って気にいった・気になったポイントをレビューでお届けします!

▼Black Shark Lucifer T1のファーストインプレッション・動画レビューは以下!視聴いただくとより一層レビューをお楽しみ頂けます!↓

Black Shark Lucifer T1の発売時期と価格!

Black SharkはXiaomiが出資するゲーミングスマホメーカー。有名なのはBlack Sharkスマホなわけですが、アクセサリーも色々と出してるんですよ。

今回紹介するBlack Shark Lucifer T1は、超低遅延をウリとしたゲーミングBluetoothイヤホンで執筆時の価格は2,999円です。

俺はセールで2,399円で購入しちゃった!ラッキー!購入先や割引情報(あれば)は記事下部に記載しているのでチェックしてみて下さい!

Black Shark Lucifer T1の詳細スペック!

Bluetooth 5.2
伝達距離 約10m
ドライバ 10mm
バッテリー イヤホンが40mAh、ケースが400mAh
充電 USB-C
防水防塵 IPX4
コーデック SBC/AAC(接続が確認できたものです)

Black Shark Lucifer T1の付属品・同梱物をチェック!

Black Shark Lucifer T1

  1. イヤーチップ3種(1種は取り付け済み)
  2. USB-Cの充電ケーブル
  3. 取扱説明書
  4. 買ってくれてありがとうカード

付属の取扱説明書は日本語に対応してませんね。日本で発売するならこういった部分もちゃんとして欲しいよな。ちなみにPDAで日本語の説明書がダウンロードできます。↓

Black Shark Lucifer T1

Black Shark Lucifer T1のデザイン・外観をチェック!

デザインはゲーミングって感じで結構派手。直線的な形状であまり見かけないデザイン。これは好みが分かれるところかなー。

▼パカッと蓋を開くとビカビカと緑に光ってました

Black Shark Lucifer T1

▼大型の10mmドライバーを搭載してるんでサイズはこの形状タイプの中ではやや大きめだけど標準的な範囲。重量は片方で約4.3gほど。↓

Black Shark Lucifer T1

Black Shark Lucifer T1の使用レビュー

ここからは実際にBlack Shark Lucifer T1を使って分かったことをまとめておきます!

ビカビカ光るギミックはケース挿入時だけ

ケースで充電している時はイヤホンの”うどん”の根本が緑に点灯、ケースを開くと白や緑色でビカビカするんですが、これはケースに入れてるときだけ。

▼イヤホン装着時はビカビカ光らんので良かった。これ装着時にも光ってたら使わんかったわ。

Black Shark Lucifer T1

デザインや見た目は人それぞれ好みが分かれるところだけど、俺はBlack Shark Lucifer T1の見た目は割と嫌いじゃない。

イヤホンが取り出しづらい

AirPodsなんかは”うどん”部分をケースに差し込むタイプだからイヤホンの先端をつまめて割と取り出しやすいんだけど、Black Shark Lucifer T1は寝かせて入れるタイプだから取り出しづらい。

▼いろいろ試してみたらイヤホン上部を内側に転がすと”うどん”部分が浮き上がるんで取り出しやすくなった。お試しあれ。↓

Black Shark Lucifer T1

音質は低音が良くなるタイプ。音量は小さめ

▼接続はSBCのほかAACでの接続を確認。↓

Black Shark Lucifer T1

音質はよくあるドンシャリなんだけど10mm大型ドライバーを搭載しているからなのか重低音は良く鳴る。

ゲームでの爆発音なんかは結構迫力あるし臨場感が増すって意味では良い印象だけど、小さな足音を聞きたいってんなら低音寄りチューニングが足を引っ張ってる感じ。

迫力あるサウンドで臨場感を求めるならあり、余計な音をカットして勝つためのイヤホンを探してるならなし。

あと、使っていて気になったのは俺が持ってる他のBluetoothイヤホンよりも音量が小さいこと。色々と他のイヤホンと比較しながら使ってみたけど、Black Shark Lucifer T1は明らかにボリューム設定が小さかったんよね。

低遅延なゲームモードでもFPSや音ゲーはまだ厳しい

Black Shark Lucifer T1最大のウリは低遅延なゲームモードを搭載してること。

左か右のイヤホンを3回タップするとゲームモード!ってアナウンスが流れて切り替わるんですが、何回聞いても「キィムゥムォオッツ!」に聞こえる。ミュージックモードのアナウンスはちゃんとしてるのに。

▼確かにBlack Shark Lucifer T1のゲームモードは低遅延にはなってますが、FPSでは銃を撃った射撃音が僅かにズレるし、音ゲー、ドラムアプリではその僅かなズレで遊べたもんじゃない。ってのが正直なところ。

Black Shark Lucifer T1

そもそもBluetoothって規格の時点で遅延はあるもんだけど、ゲーミングブランドのBlack Shark製品でさえもこの壁を乗り越えることは難しい様子。なので、FPSや音ゲーするならやっぱり有線一択だなと再認識。

他のAACコーデックイヤホンよりも低遅延なのは確か

Black Shark Lucifer T1を使っていて気になったのは他のAACイヤホンと比べてどうなのかって事。

▼ゲームや遅延確認ツールでテストしてみた↓

Black Shark Lucifer T1

結論から言えば、他のAACコーデックイヤホンよりも「ゲームモード」であれば僅かに遅延が少なっくなってる。

もっと詳しく書けば低遅延の度合いはBlack Shark Lucifer T1(ゲームモード)<他のAACコーデックイヤホン<Black Shark Lucifer T1のミュージックモードって感じ。

てっきりミュージックモードは他のAACコーデックイヤホン並だと思ってたら、それらよりも遅延ひどくてびっくりした。なんやねんミュージックモードって。いらんやん。「凄い遅延してますモード」に名前変えろよ。

音質も変わった感じはないし、ゲームモードの低遅延をより良く見せる噛ませモードなのかって思ってしまうわ。

ただ、確かに他のAACコーデックイヤホンよりもBlack Shark Lucifer T1のゲームモードは僅かに遅延は少なくなっているのは確か。まぁ、FPSや音ゲーは厳しいけど。

追記:SBC接続にすると遅延が少なくなった

レビュー動画と記事を公開後に「SBC接続だと遅延が少なくなるよ!」とコメントを頂きました。マジ?!

規格的にはSBCよりAACが低遅延ではあるんだけど、もしかしたら・・・と思って試してみたら確かに遅延が少なくなった!ビックリした!

オーディオテスターアプリでの遅延試験では、AAC+ゲームモードだと+300ms付近だったんですが、SBC+ゲームモードだと200ms付近に遅延が改善した!

ただ、やっぱりそれでも音にシビアなFPSや音ゲーでは厳しいって評価は変わらず。やっぱり僅かな遅延が致命的なゲームではやっぱりこのレベルでも難しかったという感想も付け加えておきます。

コメントを頂いたユーザ様、ありがとうございます!これからBluetoothイヤホンのレビュー時の検証で役立てたいと思います!

通話の音質はややこもり気味

Black Shark Lucifer T1

通話品質なんだけど会話自体は特に問題なし。

実際にBlack Shark Lucifer T1を使っていることを黙って奥さんに電話してみたけど最初は普通に会話が続き、「いつもと音質は違う?」と確認したところ「若干いつもより音がこもってる。けど通話は特に問題ない」とのこと。

マスクしていたのでマスクを外して確認したけど、やっぱりちょっと音声がこもったように聞こえるみたい。

Black Shark Lucifer T1のメリット・デメリットと評価まとめ

Black Shark Lucifer T1

実際にBlack Shark Lucifer T1を使ってみて分かったメリットやデメリットは以下の通り!

メリット・良かった点

  • AACコーデックイヤホンとしては低遅延
  • 特徴的なゲーミングデザインがカッコいい(俺はね)
  • 低音が良くなって迫力あるサウンドが楽しめる
  • 技適ちゃんとある

デメリット・注意点

  • 音質は繊細な音を聞くには向いてない
  • 低遅延モードでも音ズレが致命的なFPSや音ゲーでは厳しい
  • 音量が他のイヤホンよりも小さい

Bluetoothイヤホンって時点で超低遅延でもやっぱりFPSや音ゲーは厳しい。

これが音楽や映画向けの一般的なBluetoothイヤホンなら頑張ってるねと言って終われるんだけど、Black Shark Lucifer T1はゲーミングブランドが出す「ゲーミングBluetoothイヤホン」でしょ。

▼アピールには「超低遅延」で「音声を映像に完全に同期させている」としてるけど・・・ホンマか?↓

使ってみたけどBlack Shark Lucifer T1のゲームモードでもめっちゃ遅延が気になるんやけど。

レビューとかで遅延がない!凄い!これはゲームに最適!とか言ってるヤツも耳鼻科いけ。遅延しとるがな。ガチで遊んでる人は後悔するでこれ。

ってことで、AACコーデックイヤホンと比較すると低遅延だし頑張ってるけど、ゲーム用途、特にFPS/TPS/音ゲーしてる人は期待しちゃ駄目。

ゲーミングデバイスとして遅延はやっぱり致命的だし、ゲームするなら素直に有線のイヤホンやヘッドホン使ったほうが絶対いい。

一方でゲーミング用途以外であればかなり良いと思う。音楽はそもそも映像がないので遅延は気にならんけど、映画とか動画ではほぼ遅延が気にならないレベルなんで見た目がカッコいいイヤホンが欲しいならあり。

以上、このレビューが購入前のだれかの参考になれば嬉しいです!

Black Shark Lucifer T1の割引情報・購入先まとめ

■Black Shark Lucifer T1■
初出時価格→2,999円
過去最安値→2,399円
▼割引クーポン適用で2,399円!↓

ページトップへ