ワイモバイル バナー ヘッダー

めちゃ個性的!完全丸形スマホ「Cyrcle Phone 4G」がクラファンに登場!

なに!?ボディも画面もまん丸いスマホだと!?

出資を募るクラウドファンディングサイトのKICKSTARTERにて気になるスマホ「Cyrcle Phone 4G」を見つけたので紹介!

Cyrcle Phone 4Gの特徴

このCyrcle Phone 4GのメーカーはdTOOR INCというアメリカのワシントンの会社!2016年にも丸形スマホを製造した実績があるそうです。

Cyrcle Phone 4Gの外観、これ、写真だけ見たらほとんどの人はコラージュだと思うかもしれませんよね。でもマジもんのAndroidスマホです。

▼サイズは高さ130mm×横幅103mm×厚さ22mmで、重さは147g!普通のスマホよりも軽量で縦が非常に短い反面、横幅と厚みは増していますね。高さを抑えているので小さいポケットにも入りそう!横幅的にキツい部分もありそうだけど。↓

ディスプレイは3.45インチで解像度は800×600。形状が完全に丸いので使い心地はどうなんだろうと思いましたが、Cyrcle Phone 4Gはフリーフォームウィンドウに対応!アプリの表示の大きさをパソコンみたいに変更できるようになっているんです!↓

あと時計は従来の左上ではなく、上部中央に配置されているのも地味ながらチューニングされている部分で好印象!その一列下に通知アイコン、ステータスバーが配置される仕組みとなっている模様です。

▼当然ながら高さが抑えられているのでキーボード入力はほぼ埋まりそうなのは我慢すべき部分といえますね。↓

▼背面デザインはシンプル!通行人にはこれスマホだ…とは絶対思われんでしょう。筆者はデカイたま○っちにしか見えません。

▼カメラは背面、インカメラどちらもスペックが共通しています!画素数は1,300万画素。F値2.0でセンサーサイズは1/3.06、PXサイズは1.12μmとなっています。シングル式なので超広角撮影とか楽しめないのは残念だけど出来はどんなもんなんだろう?↓

▼OSは純正のAndroidとなっています。この時計ウィジェットやカメラのアイコンのデザインに既視感を覚えた方もいるかもしれませんね。Androidバージョンは10です。↓

▼形状だけじゃなくポート構成もえらいことになってます。まずType-C充電端子とMictoUSB端子の両方載せなんです。あとイヤホンジャックも2つ乗ってます。なんで?

USBポートはどちらも充電可能できますが、Type-Cが急速充電に対応しているとのこと!どっちのタイプの充電器も使えるというステキ構成。充電器を選ばない(と見た目が面白い)意味では筆者はこの発想は大好きです。

唯一気になるのはスペック帯。SoCはSnapdragonを搭載しているんですが型番がないのでどのぐらいのスペックがあるのかはわかりません。が、メモリが3GBで容量は32GBという構成なので、エントリークラスな匂いしかしない(´・ω・`)。

クラファンで出資者募集中!

Cyrcle Phone 4Gは現在KICKSTARTERで出資者をリアルタイムで募集中となっております。執筆現在では70人出資しており出資額は1,715,000円ほど。締切は日本時間で10月9日の土曜日の18時までとなっています!

丸い時計って非常にゲテモノ感あふれる印象を受けますが、よくよく考えたらスマホは折りたたみ式の画面もあるし、KOSPET Optimus2みたいなAndroidスマートウォッチもあるし、そういう意味では丸いスマホってのもアリなんじゃないかなって思えます。

スマートフォン自体は折りたたみを始め様々な形に変化していくんじゃないかな?と思ってるんですが、このCyrcle Phone 4Gみたいなデザインがあっても面白くて良いんじゃないかなと思います(`・ω・´)。

ページトップへ