ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

docomo、毎月1500円オフのdocomo with新規受付停止を示唆

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

docomo withは対象機種を購入すると1500円の月額割引される割引サービス。

まじかよ。

ドコモが指定機種の購入で毎月1500円割引の特典を受けられるdocomo withが料金プランの大幅見直しで新規受付停止を示唆。

少し前にdocomo withに仲間入りした「ドコモらくらくスマートフォン」を家族シェアを駆使して月額280円の維持費で契約を考えていた僕からすると衝撃の内容。

以前から端末代金とプラン料金を分ける「分離プラン」を総務省が義務化しようと進めてましたが、docomo withは指定端末の購入を条件にプラン料金を割り引くことから分離プランには該当しないようで、吉澤社長は「docomo withの新規契約をい打ち切る可能性がある」とdocomo withの廃止を示唆してます。

docomo withのリリース当初はdocomo withが実質的な分離プランだと言われてましたが、前述通り「端末購入を条件」にプラン料金が1500円オフとなるのは確かに分離プランとは言えません。

しかしながらdocomo withが登場して以来、400万契約を得ている事からユーザーが求めた1つの形として定着してきただけに、僕としても廃止となれば残念。

更に、ドコモは家族とデータを分け合うシェアプランに対しても脱却する姿勢を示しているので、家族で利用して圧倒的な低負担月額を実現したdocomo withの廃止前に駆け込み需要が高くなりそう。ちょっとまえにAndroid以外にiPhoneもdocomo withの対象になったばかりですし。

僕も家族シェアを前提に両親に持ってもらうスマートフォンを激安な月額で維持しようと考えているので廃止前にdocomoに行こうかと思います。

↓docomo withはドコモオンラインストアからも申し込み可能↓

↓docomo withで遂にiPhone 7も追加。↓

↓僕が両親に渡す予定のドコモらくらくスマートフォン。docomo withの1,500円オフ&家族とデータを分け合うシェアプランで月額は驚異の280円~。↓

ページトップへ