▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Galaxy A70、6.7型 有機EL、トリプルカメラ、画面内蔵指紋センサーを搭載して登場!


Ymobileバナー

Galaxy A70

Samsungのミドルエンドスマホ「Galaxy A70」がオンラインショップにて販売されています。さっそくGalaxy A70はどんなスマートフォンなのか、スペックと特徴をチェックしてみましょう。

通販サイトではセールも頻繁に行われているので、お得なセール情報もあわせてお伝えしていきますね!割引情報が入り次第TwitterFacebookでお伝えします!

Galaxy A70のスペック一覧表

Galaxy A70

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式+販売店
信頼度:高
製品情報
端末名 Galaxy A70
発売年 2019年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Samsung
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900 MHz
CDMA800
3G B1/2/5/8/34/39
BC0
4G B1/3/5/8/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット Nano SIM×2+MicroSD
ネットワーク関連備考 DSDS対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.7インチ/有機EL
解像度 2400×1080/FHD+/画面比率20:9
画素密度 393ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ164.3mm
横幅76.7mm
厚さ7.9mm
重さ 189g
本体色 Black/White/Coral(ピンク系)/Blue
システム仕様
OS Android 9.0 / One UI
SoC Qualcomm Snapdragon 675
CPU Kryo 360 Gold×2/Kryo 360 Silver×6/2.0GHz/8コア
GPU Adreno 612
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約174000点、GPUスコア約34000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 32MP+5MP+8MP
特性:広角+超広角+深度
F値:1.7+2.2+2.2
AI:対応
前面カメラ 32MP
F値:2.0
AI:対応
カメラ備考 4K30fps動画撮影対応
FHD 240fps スローモーション撮影
機能仕様・センサー
GPS GPS、Glonass、Beidou、Galileo
センサー 指紋認証(画面内蔵)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス、RGB光センサ
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 Samsung DeX:非対応
バッテリー
バッテリー容量 4500mAh
充電 有線充電:25W
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ6GB+容量128GB:約4.3万円
公式サイト

Glalaxy A70

購入先/割引情報

Glalaxy A70|ETOREN

Glalaxy A70の割引クーポン・セール・最安値・購入先まとめ

端末詳細記事

Galaxy A70のスペック、対応バンド、価格、特徴!

ソフトバンク・ワイモバイル回線なら問題なく使えそうですが、ドコモは圏外リスクが高く、auに至っては回線使用不可のようです。

海外から取り寄せて使うならソフトバンク回線を利用する格安SIMやワイモバイル回線を利用するか、2台目のスマホとしてWi-Fiで運用するのが無難でしょう。またおサイフケータイ非対応なのも注意点です。

Galaxy A70の特徴

Galaxy A70

注目すべきスペックを見ていきましょう。

Galaxy A70を一言で表すなら「コスパの良い大画面スマホ」です。

6.7インチの大画面スマートフォン

Galaxy A70

Galaxy A70は6.7インチの大画面を搭載しています。iPhone XSMaxでも6.5インチなので、かなり大きなディスプレイだと想像できますね。

ディスプレイが大きいほど「電子書籍が読みやすい」「動画が快適に視聴できる」「タッチ操作しやすい」といったメリットがありますが、本体が大きいのでポケットに入れて持ち運ぶのが難しくなります。

あまり外を出歩かない、カバンの中にスマホを入れる、スマートウォッチとスマホを接続しているなどの対策をおすすめします。

画面内指紋認証に対応

Galaxy A70

Galaxy A70は画面内指紋認証に対応しています。もちろんディスプレイも有機EL。大画面の利点を最大限に活かせそうです。

しかし、残念ながら顔認証には対応していないようです。ミドルクラスのスマホでも顔認証に対応しているモノは多いので、顔認証非対応は残念なポイントです…。

SoCはミドルクラスのスペック

Galaxy A70はSnapdragon 675を搭載しています。このSoCは2019年第1四半期に市場に出たばかりのミドルクラスのスマートフォン向けSoCです。前世代のSnapdragon 670と比べてゲームの処理が30%高速化されているそうです。

スマホのライトユーザーもゲームをする人が増えたので、ゲーム処理性能が向上したのは嬉しい進化ですね!

カメラ解像度がフロント・リアともに32MP対応

Galaxy A70

背面カメラで32MP解像度に対応したスマートフォンはありますが、セルフィーカメラでも32MPに対応しているスマートフォンは非常に珍しいです。カメラの解像度勝負なら、ハイエンドスマホとも良い勝負をしてくれそうです。

セルフィーカメラはシングルですが、解像度が高いので自撮りもキレイに撮影できますね。

絞り値(F値)も1.7から2.2まで対応しているので、薄暗い場所やまぶしい場所での撮影も問題なさそうです。

4500mAhの大容量バッテリー

Galaxy A70

4500mAh+25Wの急速充電に対応しているGalaxy A70、バッテリー持ちも期待できそうです。ただしディスプレイが大きい分、消費電力も大きいはずです。

公式サイトではバッテリー持ちについて言及されていませんが、もって2日の連続使用が限界ではないでしょうか。

【Galaxy A70】対応するバンドが少ないので注意

6.7インチ以上の大型ディスプレイを備えたスマホは多くありません。Galaxy A70は間違いなく大画面が好きなユーザーに受ける商品だと思います。

ただし日本で使う場合、ソフトバンク系の格安SIMやワイモバイル回線以外だと日常利用は難しいでしょう。Wi-Fiを使って運用する「セカンドスマホ」として割り切ったほうが良さそうです。

▼購入先やバンドの詳しい情報はなどは以下の記事でまとめています。↓

Galaxy A70のスペック、対応バンド、価格、特徴!

Glalaxy A70の割引クーポン・セール・最安値・購入先まとめ

ページトップへ