Xiaomi TV Stick 4K 1100x150

SAMSUNG「Galaxy S21 FE」発表!ファンエディションモデルの詳細をチェック

SAMSUNGが新型スマホGalaxy S21 FEを発表!満を持して発表されたGalaxy S21シリーズのファンエディションモデルですよ!詳細と特徴をチェックしてみましょう!

Galaxy S21 FEの特徴

Galaxy S21 FEの特徴は以下の通り!

Galaxy S21 FEのハイライト

  • SoCは非公表
  • S21シリーズを踏襲した外観デザイン
  • 120Hz表示対応の有機ELディスプレイ
  • 背面はトリプルカメラ搭載。インカメラ画素数は3,200万画素
  • 4,500mAhバッテリーを搭載しワイヤレス充電に対応

外観デザインはGalaxy S21シリーズと同じ雰囲気の仕上がり!カメラユニットの優雅な形状が特徴ですが、カラーバリエションは先代モデルとは打って変わってシブさあふれるチョイスになっていますな。

▼ブラック、ホワイトのほか、薄めのパープルにオリーブのようなグリーンの4色展開となっています!↓

▼また他のS21シリーズと異なりカメラユニットのアクセントカラーがなくなり、本体カラーと同一なのが大きな違いとなっております!筆者的にはGalaxy S21Galaxy A52を足して2で割ったようなデザインだなぁって印象す。↓

▼ディスプレイは有機ELで発色豊か+黒の引き締まりを感じられる見た目に期待できますな。120Hzの高リフレッシュレートにも対応しておりスクロールのスムーズさもバッチリ感じられそう!↓

またディスプレイのサイズは6.4インチとなっておりまして、これは6.2インチのGalaxy S21、6.7インチのGalaxy S21+の中間の大きさとなっています!結構丁度いいサイズに収まったなぁって思えます。

▼カメラはトリプルカメラ。メイン+超広角+望遠の構成となっております!廉価グレードながら望遠カメラ搭載は嬉しいですね。光学3倍、かつ最大30倍ズームに対応しているので、遠くの被写体も撮影が可能。↓

画素数自体はメイン、超広角は1,200万画素という点はS20と同一ですが、望遠カメラは800万画素となっています!S21が6,400万画素なので大きな差となっており、おそらく解像度および精細さでは結構変わってきそうですね。

対してインカメラは画素数が3,200万画素と大幅にアップ!S21、というか最近のGalaxyスマホのハイエンドモデルはほとんど1,000万画素のインカメラを搭載していたため、画素数が大きく変わるのは久々ではないでしょうか(*σ・ω・。)σ。

ただ、PXサイズが0.8μmと小さく、フォーカス方式も廉価なFFタイプなのはご愛嬌ですね。他のS21シリーズとインカメラの自撮り品質はどれほどの違いがあるかも気になる!

▼バッテリー容量は4,500mAhと大きめサイズ!さらにワイヤレス充電に対応しているのがGood!置くだけで充電できる手軽さは便利でいいよね。↓

その他、防水防塵もIP68の最高グレードに対応!一方でイヤホンジャックとMicroSDは記載が見当たりません。MicroSDに関しては先代S20 FEが対応していましたが、今回はどうなんですかね(´・ω・`)。

ファンエディションモデルの後継機だけに実機が気になる

執筆時点でGalaxy S21 FEの発売日および価格は非公表です。ただ先代モデルのGalaxy S20 FEが他S20よりも安かったことを踏まえれば、Galaxy S21 FEの価格はGalaxy S21よりも安くなると期待できます!

具体的な発売時期や日本でも発売するかは不明ですが、高性能で有機ELで望遠付きカメラを搭載し、ワイヤレス充電に対応と高価なハイエンドモデルにある要素もしっかり載せているモデルなだけに魅力的!

▼筆者もこれの先代モデルであるGalaxy S20 FEをレビューしており今でも使っていますが、やはり素晴らしい出来栄えの一言に尽きる出来でした!先代モデルのレビューはこちらからどうぞ!↓

Galaxy S20 FEのレビュー!廉価モデルとは思えない完成度が魅力!イヤホンジャックは欲しかった!

それの純粋なスペックアップモデルともなれば、買い換えもいいかな〜って思ったけど、MicroSD対応していないと後々面倒になるのでそこが気になるところですね。

あと、SAMSUNGは毎度のことですが発表時にSoCの詳細を公開していないので、この部分に関しては分かり次第TwitterFacebookでお伝えするのでフォローよろしく!

▼Galaxy S21 FEのスペックと対応バンドの解説は以下からどうぞ!↓

ページトップへ