iPad(第8世代)のスペックまとめ!A12チップセット搭載で性能が強化!

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

iPad(第8世代)

第8世代になる新型iPadがキタ!安定性のあるボディはそのままに、性能をより強化したモデルとなります!いわゆる正当進化したスペックと特徴をチェックしてみましょう!

iPad(第8世代)の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 iPad(第8世代)
発売年 2020年9月
発売地域 海外:SIMフリー
日本:SIMフリー
メーカー Apple
備考 Wi-fiモデル
Wi-fi+セルラーモデルの2種類あり
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G Wi-fi+セルラーモデルのみ対応
DC-HSDPA:850 / 900 / 1,700 / 2,100 / 1,900 / 2,100MHz
4G LTE Wi-fi+セルラーモデルのみ対応
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 29 / 30 / 66 / 71
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
SIMサイズ・スロット シングルスロット(Nano SIM)
ネットワーク関連備考 eSIM対応
本体仕様
ディスプレイ 10.2インチ/Retinaディスプレイ/画面占有率非公表
解像度 2,160×1,620
画面比率 4:3
画素密度 264ppi
サイズ 高さ:250.6mm
横幅:174.1mm
厚さ:7.5mm
重さ ▼Wi-fiモデル↓
490g

▼Wi-fi+セルラーモデル↓
495g
本体色 シルバー系/グレー系/ゴールド系
システム仕様
OS iPadOS 14
CPU(SoC) Apple A12 Bionic
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約440,000点
GPUスコア約180,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ 保存容量32GB、128GB
メモリは非公表
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ シングルカメラ
画素数:8MP(メイン、f/2.4)
特性:HDR
手ブレ補正:対応
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:1.2MP(メイン、f/2.4)
特性:HDR、人体、顔検出
機能仕様・センサー
GPS GPS、GNSS
センサー 指紋認証(画面下部ベゼル)、加速度センサ、気圧計、環境光センサ、ジャイロ
防水/防塵 非公表
イヤホンジャック あり
NFC 非公表
バッテリー
バッテリー容量 容量非公表
充電 非公表
ポート Lightning端子
その他
公式サイト

Apple(日本) – 10.2インチiPad

スペック表に関する免責事項

SoCはA12 Bionic!高い性能であらゆるシーンも快適

iPad(第8世代)

iPad(第8世代)のチップセットはiPhone XSシリーズにも用いられているA12 Bionicを採用しております!タブレットながらも高性能で、普段使いもゲームのほとんども安定してサクサク動かせるスペックなのが嬉しいですな。

搭載メモリ(RAM)は明らかにはなっていませんが、保存容量は32GB、128GBの2パターンとなります!中間の64GBがないのはちょっともどかしいって印象です(´・ω・`)。

iPad(第8世代)(A12 Bionic)のAnTuTuスコア

まだiPad(第8世代)実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「A12 Bionic」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。A12 Bionicの参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):440,000点
  • ゲーム性能(GPU):180,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

カラーは3色!今まで同様のベーシックなスタイル

▼iPad(第8世代)はこれまでのiPadとほぼ同じ見た目!セルラーモデルの本体上部には白、黒のアクセント。ひと目でiPadとわかるベーシックなデザインはまるで老舗のお店って感じな雰囲気です。↓

iPad(第8世代)

追記:記事初出時「新たに本体上部に白、黒のアクセントが差し込まれている」と表記していましたが、これはセルラー版のみの特徴となります。また前モデルもこの仕様だった為、この点をもって世代を見分ける事はできません。該当箇所の表記は削除しました、すみませんでした!

10.2インチのRetinaディスプレイ搭載!あらゆる用途に対応できるサイズ感

▼iPad(第8世代)のディスプレイは10.2インチとタブレットには十分なサイズ感を確保!Retinaディスプレイを採用しており、より高解像度+高発色を実現しているので、視認性も良さそうっす!↓

iPad(第8世代)

このディスプレイはノッチもカーブも無く、4:3という広さを感じられる画面形状。そのため縦方向でも横方向でも安定して扱えそうです!一度に複数のアプリを表示するマルチタスク作業もサクサク行えそうですな。

専用ペンとキーボードも対応!ちょっとしたPCにも変身!

▼iPad(第8世代)はApple Pencilと専用のキーボードに対応するので、ちょっとしたノートPCにも変身できるのも魅力!さらにキーボードはフルサイズのため、打ちやすさも期待できます。↓

iPad(第8世代)

マルチタスクに最適化された最新iPad OS 14を内蔵

▼iPad(第8世代)は最新バージョンのiPad OS 14を内蔵しております!設定画面やアプリなどは常に項目が表示されたり、メッセージのトーク画面や連絡先の一覧を左右の端に配置してマルチタスク作業をより効率化させたり。とにかくタブレット用に最適化しているのが特徴です。↓

また最新OSながらも外面は従来と同じ指紋センサーを配置しており、ロック解除をTouch IDでサクっと行えるのもiPad(第8世代)ならではな魅力といえます!

iPad(第8世代)の対応バンド

iPad(第8世代)はWi-fi+セルラーモデルのみバンドに対応しております!Wi-fiモデルは非対応なのでご注意ください。

docomo回線の電波バンド対応状況

iPad(第8世代)は4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またiPad(第8世代)はドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

iPad(第8世代)は4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またiPad(第8世代)はソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

iPad(第8世代)は4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またiPad(第8世代)はauで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

iPad(第8世代)は4Gで重要なバンド3・18・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またiPad(第8世代)は楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:安定性をそのままにさらにスペックアップした1台

iPad(第8世代)

このiPad(第8世代)はちょうどいいサイズ感、ちょうどいい画面、丁度いい使い勝手と、トータルバランスの良さが魅力な印象です!

これまでiPadを使ってきたけど、性能やバッテリーに限界を感じているユーザーさんや、大画面のタブレットで安定した性能が欲しい方、あるいは貴重なホームボタン搭載のタブレットが欲しいユーザーさんにオススメ!

またセルラーモデルなら、タブレットとしては貴重なSIMカードにも対応しているので、出先でもどこでも使えるというのも魅力的!性能、使い勝手を両立したモデルといえるでしょう!

32GBと128GB版で約1.5万円ほどの価格差があるのですが、倍以上の容量があって長く使えるって意味では1.5万円多く投資してでも128GB版がオススメでしょう。動画視聴だけ、マップだけ、といった用途を絞るのであれば32GBでも十分と思います。

▼iPad Air(第4世代)に関しては以下の記事をチェック!↓

iPad Air(第4世代)のスペックまとめ!最新SoC「A14 Bionic」搭載のハイエンドタブレット

iPad(第8世代)の発売時期と価格・購入先

iPad(第8世代)の発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • Wi-fiのみ/容量32GB:34,800円
  • Wi-fiのみ/容量128GB:44,800円
  • Wi-fi+セルラー/容量32GB:49,800円
  • Wi-fi+セルラー容量128GB:59,800円
ページトップへ