ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone 11 Pro購入予定だったのに気がついたらiPhone 11を予約していたって話

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

iPhone 11

どうも、ガルマックス編集長のナオキでございます!

iPhone 11シリーズが発表され、間もなく発売!iPhone 11シリーズに乗り換えを検討されえいる方も多いんじゃないでしょうか?

かくいう僕もiPhoneは仕事用として使っているんで、iPhone 11シリーズに乗り換えを検討してまして、発表前は「iPhone 11 Proっしょ!」と思い、iPhone 11 Proを購入すると豪語してたんですが、あれ・・・iPhone 11が魅力的に見えるんだけど(笑)

あーだこーだ考えた結果、気がついたらiPhone 11を予約しておりました。そんなiPhone 11の魅力に引き込まれてしまった理由を残しておきたいと思います。

iPhone 11はツボを押さえた仕様が魅力だった

Appleの技術の粋を結集した新しいiPhoneといえば間違いなくiPhone 11 Pro/11 Pro Maxでしょう。どことなくiPhone 11は廉価モデルって印象があるんですが、色々と仕様とにらめっこしていたら、その考えが払拭されるほどの魅力が詰まっていました。

今回のiPhone 11は全モデルのiPhone XR的な立ち位置ですが、よく見て下さい。iPhone 11は輝かしいシリーズナンバー「11」を冠するモデルなのです。

これはもはや廉価版という立ち位置ではなく、iPhone 11がベースモデル(標準モデル)と考えて良いかも知れません。上位モデルと同じ「11」が刻み込まれたiPhone 11は、最新機能・カメラ仕様・カメラ機能の多くを盛り込んでいます。

iPhone 11シリーズに関する記事は以下でまとめています!各モデルとの違いも書いているのでご確認下さい!

[公式情報]iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxのスペック比較、価格・発売日まとめ

最新のA13プロセッサーを搭載している

iPhone 11

廉価版って印象だと、どことなく性能が劣るような気がしますがそれは間違いです。iPhone 11は11Proや11 Pro Maxと全く同じA13プロセッサーを搭載。

性能はガッチガチのハイエンドなんですよ。それもモンスタークラス級の。

低価格なiPhone 11を選んでもパフォーマンスで不満が出ることは基本的に無いってことですね。普段使いはもちろん、美しいグラフィックを多用する重量級のゲームも上位モデルとなんら変わらない動作で楽しめるのはデカイ。

ネットワーク関連の仕様も変わらない

iPhone 11シリーズはネットワーク関連が共通となり、全てギガビット級のLTEに対応。また、Wi-Fiの最新規格であるWi-Fi 6(802.ax)にも対応しているんですよ。ネットワーク関連もiPhone 11は超魅力的。

3Dタッチ機能がHaptic Touchに統一された

iPhone XSなど上位モデルは画面をグッと押し込む圧力により様々な操作ができましたが、iPhone XRは長押しすることで同様の操作ができうる「Haptic Touch」を採用してました。

で、iPhone 11シリーズから上位モデルで3Dタッチが廃止。その代わりに全モデルがHaptic Touch仕様となったわけです。これで操作感の違いなども大きく変わらないことに。

ウリの超広角カメラも搭載。望遠はなんとかなる

iPhone 11

iPhone 11のカメラで注目すべき点は超広角カメラでしょう。

超広角カメラとは広範囲をフレームに収めることが可能なカメラで、大きな建造物、広大な風景、集合写真を撮影する時に重宝する機能です。あと、iPhoneで撮影している時に「もう少し引いて撮影したい」ってシーンがあると思うんですが、そんな時にもメチャクチャ役立つカメラです。

で、新しいiPhoneのウリである超広角カメラ、iPhone 11にも搭載されてます。これによりiPhone 11でも超広角撮影というウリのカメラを体験することが出来るんです。

▼こんな広大な風景もiPhone 11なら撮影可能。↓

ちなみに望遠(ズーム)ですが、これはデジタルズームを使うことで簡単に実現できます。というか昔からズーム機能は当たり前のように搭載されています。

iPhone 11 Proや11 Pro Maxはデジタルズームではなく光学ズームレンズを搭載しているのでデジタルズームと比較した場合はより精細に写真が撮影できるという利点があるんですが、実はiPhone、光学ズームレンズで撮影するかデジタルズームで処理するかiPhoneが綺麗に仕上がるほうを選んで撮影してます。全部光学ズームレンズを使っているって訳では無いんですよね。

また、iPhone 11 Proや11 Max Proに搭載されている光学ズームレンズは2倍。個人的に2倍くらいならデジタルズームでも全く問題なし。もちろん、大きく写真を表示した時に差は出ると思うんですが・・・ほとんど撮影した写真はスマホで縮小された写真を閲覧するんで(多分大多数の方も同じだと思う)、ぶっちゃけズームは画質含め2倍ほどならデジタルズームのiPhone 11でもなんとかなるなって印象です。

もちろん、発売日に自分の目で見て確認して判断したいところだけれど、前モデルのXRですら2倍くらいのデジタルズームで特に問題になりそうな印象は無かったので個人的には問題ないはず。ちなみにiPhone 11はデジタルズーム3倍、上位モデルは10倍まで対応してます。この違いは注意。

ナイトモードもしっかり搭載。体験できる

iPhone 11

iPhone 11シリーズは夜間撮影能力がグッと高くなっているんですが、これもiPhone 11と上位の11 Pro、11 Pro Maxで変わらず搭載してます。カメラ自体の仕様を確認しても望遠カメラ以外は全く一緒の構成ですね。

もちろん、新搭載されるナイトモードもiPhone 11で体験することができます。

ディスプレイはLCDだけど十分高品質みたいみたいよ

iPhone 11

これは実際に見たわけではなく、僕の友人が実機触った感想として「iPhone 11のLCDパネルも高品質で普段使いだと気になるものではない」ってことだったんで、大きな欠点としては捉えていないみたい。

例えばHDR動画を楽しんでいる方やHDRの動画撮影を楽しんでいる方は11 Proや11 Pro Maxの有機ELは大きなアドバンテージになりそうなんですが、僕は主に仕事の資料を見たり、メールしたり、WEBページ見たり、暇つぶしにYouTube見たりがiPhoneの使い方になるんで、この点も妥協できそうだなって印象です。

ちなみにiPhone 11は解像度が低いんですが、画素密度はギリ300ppiを越えてるんで精細さに関しても問題なさそうです。ま、300ppiを下回ったらRetinaディスプレイとは言えないわな。

僕、iPhone 11が3万円以下で手に入るかも。下取りでね

iPhone 11

最新鋭のパフォーマンスと望遠以外は変わらないカメラ性能を持ちながら安いモデルだと7万円クラス。Androidと比較するとアレだけど、iPhoneの中では凄く安価でありながら新しいカメラ機能などを体験できてこの価格はなかなか魅力的。

これらの最新端末を更に安価に手に入れる事ができる下取り制度はApple製品を愛用するユーザーの特典でしょう。Androidとは異なりiPhoneは値下がりにくいので、下取りを活用することで最新のiPhoneをグッと安く手に入れることが出来ます。

僕はiPhone 11の128GB版にしようかと思ってるんですが、iPhone XSの下取り価格を調べてみたところ、下取り額満額であればiPhone 11/128GBが3万円以下の負担で手に入ります。もう格安スマホレベル。

下取り額はiPhoneの型番にもよるんですが、2年前に発売となりそろそろ買い替え時期に突入しているiPhone 8でも23,350円の買取額。iPhone 11の128GBだと56,450円で手に入ってしまいます。

iPhone 11 Proを購入しようとしていたらiPhone 11を予約していた話まとめ

iPhone 11

これまでiPhone XSのいわばApple最新鋭のスマートフォンを手元でずっと使ってきたわけです。XSシリーズが発表されたとき名称の異なるXRを”廉価版”という言葉で片付けていたのですが、今回のiPhone 11シリーズに関しては全てメジャーナンバーの11を冠するモデル。iPhone 11は上位モデルと共通している仕様が非常に多く価格の安いiPhone 11でも十二分に魅力的な端末でした。

もちろん、よりプレミアムな仕様や機能を搭載するiPhone 11 Pro及び11 Pro Maxも気になるところではあるのですが、大多数のユーザーはもはやiPhone 11で不足することは無く高い満足度を得られる仕様なはずです。

僕自身も公式スペックを比較し、価格差を比較し、最終的に選んだのがiPhone 11。安かろう悪かろうではなく、しっかり11の名を冠するモデル特有の機能・仕様を盛り込みながら低価格で手に入るiPhone 11はもっと注目されても良いのでは無いかと感じます。

僕は自身の利用スタイルなども含めてiPhone 11シリーズの中ならiPhone 11がベストバイ。発売日が楽しみだなぁ!当初よりも予算が大分浮いたからApple Watchのシリーズ5でも買うかな!

↓docomo、au、ソフトバンクでiPhone 11購入するなら待ち時間なし・頭金なしのオンラインストアがオススメ。もちろん、各社で古いiPhoneの下取りも行ってます。↓

ページトップへ