ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

NEC「LAVIE MINI」発表!ゲームパッド取り付け可能なコンセプトモデル

LAVIE MINI

Lenovo傘下のPCメーカーであるNECがラスベガスで開催されているCES 2021にて「LAVIE MINI」を発表。8インチのUMPCで別途コントローラーの取り付けが可能なガジェット好きには堪らないUMPCです!

LAVIE MINIのハイライト
・Intel Core i7-1180G7搭載。内蔵グラフィックもIntel Iris Xe graphics搭載で進化!

・コントローラーアタッチメントが取り付け可能
・ゲーミングドックポートへの接続で据え置き型PCとしても使える

NECがLAVIE MINIを発表

LAVIE MINIの特徴は以下の通り!

Intel Core i7-1180G7搭載。Intel Iris Xe graphicsでグラフィックも強化!

LAVIE MINI

UMPCのLAVIE MINIを支えるCPUはIntelの第11世代Core プロセッサーのCore i7-1180G7。Core i7-1180G7はIntelのページを見ると、TDP(簡単に言うと消費電力と発生する熱量)7W〜15Wのタブレットや小型PCをメインに設計されたCPUの上位モデルのようです。

内蔵グラフィックは第11世代Core プロセッサーで初めてお披露目されたIntel Iris Xe graphicsが搭載。気になるのはIntel Iris Xe graphicsの性能ですが、FHD環境では2020年に登場したエントリー向けの外部GPUであるGeForce MX350より少し性能が高いとのこと。

GeForce MX350は2015年に登場したエントリークラスのモバイル向けGPUのGeForce GTX 960Mと同等程度なので、エントリーとはいえ内蔵グラフィックでも5年前の外部GPUを超えたことになります。

Core i7-1180G7はまだ登場したのが2021年の第1四半期(米国基準なので1月から起算)で、残念ながら性能に関しては未知数な部分も多くありますが、モバイル向け超省電力CPUではかなりの性能を誇っていることは想像できちゃいます!

コントローラーアタッチメントが取り付け可能!

LAVIE MINI

LAVIE MINIの超ビッグな特徴がコレ。なんとコントローラーアタッチメントが取り付け可能なんです!コントローラーアタッチメントを装着した姿はまるでニンテンドースイッチの携帯モードのような佇まい。

キー配列もPCゲームでは標準的なXboxコントローラーと同じ配列なので、PCゲームも違和感なく出来そう!もちろんサードパーティーのコントローラーもサポートしているので、お気に入りのコントローラーを使うのも可能ですよ!

ゲーミングドックポートへ接続してデスクトップPCとしても使える!

LAVIE MINI

LAVIE MINIは持ち運びに優れているだけではありません。

ゲーミングドックポートへ接続することで据え置き型の簡易デスクトップPCとしても使えるんです!

ゲーミングドックポートには

  • HDMI
  • USB 3.1 Gen 2 Type-C x 2
  • USB 3.1 Type-A x 2

の3種類の端子が搭載されているので、元々LAVIE MINI本体に搭載されているUSB 3.1 Gen 2 Type-C端子2つとイヤホンジャック端子と合わせると、結構な数の外部接続端子を増やすことが可能です。

更に、ゲーミングドックポートのHDMIからの映像出力は4K / 60fpsに対応しているので、超高精細な4K映像でも存分に楽しむことが可能です。

変態要素がてんこ盛り。是非とも製品化して欲しいモデル!

LAVIE MINI

LAVIE MINIはあくまでもコンセプトモデルの立ち位置ですので、発表時点では発売の予定は未定とのこと。

UMPCはGPDやOne-Netbookなどの中小メーカーを中心に新モデルが精力的に展開されていますが、今回のLAVIE MINIは市販予定の無いコンセプトモデルではありますが、NEC(Lenovo)という大手メーカーがUMPCを発表したことに価値があると思います。

しかもただの8インチサイズのUMPCに留まらず、アタッチメント式のコントローラーでゲーミング用途を存分に押し出してきている上に、ゲーミングドックポートを用いデスクトップPCとしても利用可能な柔軟性も兼ね備えているなど、変態要素が盛り沢山のかなりワクワクするPCでした。

UMPC自体がニッチな分野である上に、ここまで様々な要素を一気にブチ込んできているのでこの仕様のまま早期に発売するのは難しいでしょうが、是非ともこのコンセプトをキープしつつ発売まで漕ぎつけて欲しいと願っている自分がいます。

▼LAVIE MINIの詳細なスペックはこちら↓

ページトップへ