ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

LEAGOO KIICAA POWERのレビュー!8000円台で買えるデュアルカメラ搭載3Gスマートフォン

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

LEAGOO KIICAA POWER

みなさん、ガジェットライフを楽しんでいますか?

どうもrubyです。

hommee-jpさんからデュアルカメラ搭載の中華スマートフォンLEAGOO KIICAA POWERを提供いただきましたので、レビューしていこうと思います。

日本ではあまり見かけないメーカーさんですが、1万円でおつりが来る本機種は一体どれほどの実力なのか、早速試していきたいと思います。

目次をクリックすると各項目へ移動します

LEAGOO KIICAA POWERの総合評価

[良かった]

  • 最新のAndroid7.0に対応のため、ユーザーインターフェースが使いやすい
  • 完全に日本語対応
  • デュアルカメラはサブカメラの補助が入るので撮影写真のディテールやコントラストが良い
  • バッテリー容量4000mAhと容量の大きなバッテリーを搭載

[イマイチ]

  • ジャイロセンサーが搭載されていない
  • 2つのカメラを搭載しているけど、サブカメラは完全補助タイプで単体では撮影能力が無い
  • 4G非対応なので、大きなデータをダウンロードするためにはWi-Fi環境が必要

[総合評価]
5インチでHD画質のため液晶は綺麗ですし、基本的な動作もヌルサクとまではいかないものの、それほどストレス無く使用することが出来ます。

価格(8,000円台)を考えると、コスパは高いと思いますが、メインで使っていくには4G非対応である点から不向きと考えますので、サブ機として使っていくことが本製品の利用方法かと思います。

LEAGOO KIICAA POWERのスペック

項目 仕様
OS Android 7.0
SoC MTK6580A
メモリ 2GB
保存容量 16GB
ディスプレイ 5型IPS(1280×720)
MicroSD 独立スロット搭載(最大128GB)
アウトカメラ 800万画素+500万画素
インカメラ 500万画素
 SIMサイズ  MicroSIM×2
 Wi-Fi  802.11b/g/n
 DSDS  △片側2G固定
 電波  3G:バンド1/バンド8(ソフバン・ワイモバに適合)
2G:850/900/1800 /1900MHz
 バッテリー容量  4000mAh
 サイズ  142×73×9.5mm
170g

MTK6580Aを採用したエントリースペックスマートフォンです。

ディスプレイサイズは5.0インチとちょうどいいサイズで、IPS液晶を搭載しているため、視野角が広く、ほぼ真横から見てもしっかりと画面を確認できます。

LEAGOO KIICAA POWERの同梱品をチェック

▼外箱はこのようになっています。比較的しっかりとした材質で、きっちり製品を守っています。↓

LEAGOO KIICAA POWERの外箱はグリーンの ボックス

▼ふたを開けるとスマホが現れます。iPhoneの箱と似たような感じですね。↓

LEAGOO KIICAA POWERはiPhoneに似た構造のボックスでした

日本で利用できる充電器が付属している

▼ 充電器は海外用が付属していますが、販売店さんから日本のコンセントに対応した変換アダプターも併せて貰えるので問題はありません。付属のアダプターは5V1.5Aタイプです。↓

LEAGOO KIICAA POWERに同梱されている充電器は海外仕様

LEAGOO KIICAA POWERには海外プラグを日本で利用する変換アダプターも付属しています

▼ 純正の他に、販売店さんが無料ギフトとして同梱する日本対応アダプターも付いてます。こちらは5V2.0A出力です。↓

LEAGOO KIICAA POWERは販売店さんが独自に日本仕様の充電器も付けてくれます

折り畳み式のスマホスタンドもセット

なんとKKmoonのスマホスタンドまで付属していました。こちらも販売店さんのご厚意ですね。もちろんAmazonで購入しても付属します。↓

LEAGOO KIICAA POWERにはKKmoonの折りたたみ式スマホスタンドまで付属します

ソフトタイプの保護ケースもセット

▼ クリアタイプのケースも付属してきます。中華スマホはこういう販売方式が多いですね。素材はソフトタイプのラバーのような肌触りです。

LEAGOO KIICAA POWERにはソフトタイプの保護ケースも付属しています

液晶保護フィルムは貼られた状態で同梱されている

液晶保護フィルムは最初から貼られた状態で出荷されます。ガラスタイプではないようですが、表面の滑り具合は悪くなく、最初は僕もフィルムが貼られていることに気づきませんでした。↓

LEAGOO KIICAA POWERは本体に保護フィルムが貼られた状態で同梱されています

取扱説明書は日本語が含まれていない

説明書に日本語のものはありません。ですが、後述しますがAndroid7.0対応で設定初期の段階で日本語を選択できるので支障は無いと思います。↓

LEAGOO KIICAA POWERに付属の説明書は英語ですが、スマホ自体は日本語で利用できます

同梱内容は非常に充実している印象でした

▼ 付属品はこれらが全部です。↓

LEAGOO KIICAA POWERの同梱物は本体の他にケース取扱説明書、充電器、MicroUSDケーブル、保証書

  1. LEAGOO KIICAA POWER本体(保護フィルム貼付け済み)
  2. 専用ケース
  3. 取扱説明書
  4. 充電器(海外仕様)
  5. MicroUSBケーブル
  6. 保証書

▼これに加えて、販売店さんのご厚意で、スタンドと変換プラグ、追加アダプターがおまけされます。↓

LEAGOO KIICAA POWERは販売店さんの御厚意で付属の充電器が利用できる日本プラグ変換アダプター、充電器、KKmoonの折り畳みスタンドが付属しています

  1. 日本プラグ仕様の充電器
  2. 海外プラグを日本プラグに変換するアダプター
  3. KKmoonの折りたたみ式スタンド

日本で発売されている低価格なSIMフリースマートフォンと比較すると保護フィルムや保護ケースなども同梱されており、また、販売店独自でアクセサリー類をプレゼントするなど価格から考えると非常に充実した内容でした

LEAGOO KIICAA POWERの外観をチェック

LEAGOO KIICAA POWER

LEAGOO KIICAA POWERの外観をチェックします。

5インチ型HD液晶を搭載

▼液晶はHD画質となります。フルHDより解像度は低いですが画面が5型で比較的コンパクトなため画素密度が高くかなり綺麗に表示が可能です

LEAGOO KIICAA POWERは1280×720のHD解像度ですが十分綺麗です

充電・データ通信端子・イヤホン端子は上部に搭載。

▼充電口が日本ではあまり見られない本体上部にMicroUSB規格で搭載されています。僕はこのタイプは初めてでしたが、意外と下部に充電口があるよりも使いやすいです。イヤホン端子も隣にあります。↓

LEAGOO KIICAA POWERは上部にイヤホン対しやMicroUSB端子が備わっています

スピーカーは本体背面に大きなモノが一つ

▼スピーカーは大型であるためか、比較的大きな音が出せます。また、背面に搭載しているにもかかわらず、テーブルなどの平面な場所に置いてもほぼ問題なく音が響きます。音量をMAXにしても音割れはほとんど感じませんでした。↓

LEAGOO KIICAA POWERは大型のスピーカーが付属しているので大音量が鳴らせます

電源ボタン・音量ボタンは本体右側にまとめて搭載

▼ボタン類はまとめて右側に搭載。これは中華スマホでは一般的な仕様と言えますね。↓

LEAGOO KIICAA POWERは本体の右側にボタンが配置されています

メインカメラはデュアルカメラ仕様

▼カメラは今流行のデュアルカメラ。写りについては後述!↓

LEAGOO KIICAA POWERは流行りのデュアルカメラを備えています

指紋センサーも背面に搭載

▼本機は指紋センサーによりロック解除が可能で、非常に使いやすい背面人差し指タイプになります。こちらも後ほど詳細を触れますね。↓

LEAGOO KIICAA POWERには指紋認証ユニットが備わっています

LEAGOO KIICAA POWERを使ってみた結果!

LEAGOO KIICAA POWERの仕様と性能をチェックします。

Android7.0搭載で日本語はバッチリ対応

▼初期設定時に使用言語を選択でき、日本語も選べるので、誰でも日本語化が可能です。

LEAGOO KIICAA POWERは日本語で利用できます

▼キーボードは初期設定では搭載されていないので、Google PlayからGoogle日本語入力をインストールしましょう。インストールしたキーボードは、設定画面からキーボード管理設定を行うことで、使用可能になります。↓

LEAGOO KIICAA POWERは日本語キーボードが初期状態で入っていないのでアプリで対応する必要がある

Google 日本語入力

Google 日本語入力
開発元:Google LLC
無料
posted with アプリーチ

Antutuは24,241点とエントリーモデルのスコア

▼AntutuのVersion6.2.7でベンチマークを計測した結果、総合スコアが24241点、3Dスコアは892。ゲーム系は比較的動作が重めなので、納得のスコアです。↓

ちなみに現在主流となっている各性能帯のスコアは以下。

AnTuTu 8ゲーミングハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約49万点

GPU
約20万点
総合
約46万点

GPU
約17万点
総合
約24万点

GPU
約6.5万点
総合
約17.5万点

GPU
約3.6万点
総合
約10万点

GPU
約2万点
総合
約8万点

3D
約1.5万点
AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

リチウムポリマー電池搭載で発火の心配が少ない

▼Amazonの販売ページでは、リチウムイオン電池と書かれていたり、リチウムポリマー電池と書かれていたり、一体どっちなのかはっきりしない記載になっていますが、僕が確認したところ、リチウムポリマーでした。

LEAGOO KIICAA POWERのバッテリーは安全性の高いリチウムポリマーを採用

モバイルバッテリーだけではなく、スマホの電池もリチウムポリマーが使われる時代になってきたということですね。

ジャイロは非搭載

▼残念ながらジャイロセンサーが搭載されていないため、ポケモンGO!などAR系ゲーム、仮想空間に飛び込むVRコンテンツは非対応となります。

LEAGOO KIICAA POWERはジャイロセンサーに未対応

指紋認証センサーは高速認識で高精度

▼指紋センサーによるロック解除はかなり高速で、僕の体感上ではiPhone5sよりも速いように感じます。認識エラーも起きにくく、非常に快適です。

LEAGOO KIICAA POWERは指紋認証機能が非常に高速で高精度なので利用していてストレスフリー

プリインストールアプリ

▼Antutu以外は最初からインストールされているアプリです。DoCoMoスマホのように余計なモノは一切無く、自分の好きなようにカスタマイズできます。

LEAGOO KIICAA POWERの初期アプリは非常にシンプルな構成でした

DSDSは片側2G固定で日本向けの仕様ではない

せっかくのデュアルスタンバイ機能ですが、SIM2が2G限定のため、4G+3Gが主流となる日本向けの仕様ではありません。

▼SIMカードはバックカバーを取り外して装着するタイプで、本体横に爪を当てる箇所があります。爪を入れれば簡単に開きます。このタイプ、僕は初めてでしたが問題なく開くことが出来ました。↓

▼本機はMicroSIMが2枚+MicroSDカードの計3枚もカード類が挿入できるため、ここは非常にもったいないところですね。↓

モンストはプレイ可能。でも待ち時間がやや長い

▼大人気スマホゲーム、モンスターストライクですが、それほど遅延無くプレイ可能です。ゲージショットは若干タイミングに癖がありますが、慣れればそれほど問題なくプレイできます。
LEAGOO KIICAA POWERでモンストはプレイ可能

デレステは3D演出でプレイ可能だが、若干ジャギーが出る

▼Antutuのスコアから見てもある程度想定できていましたが、3D系ゲームにはあまり向いていません。

デレステはジャギるがプレイ可能

デレステの場合、3D標準でもプレイ可能で、遅延もほとんどありませんでしたが、モンスト同様、若干の癖があるので、テンポが速い曲は難しいかもしれません。

デュアルカメラは実質シングルカメラと同じ

結論から言うと、LEAGOO KIICAA POWERは2つのカメラを搭載するデュアルカメラ端末ですが、サブカメラはメインカメラのディテールやコントラストを向上する為だけに利用される完全補助カメラでした。

▼カメラ画面にてボケ(bokeh)撮影モードも選択できるようになっています。↓

LEAGOO KIICAA POWERのボケ味撮影モード

▼しかしながらボケはピントを合わせたい被写体の一部がボケてしまう、やや不自然な仕上がりに。↓

LEAGOO KIICAA POWERで撮影したボケ味写真は不自然

LEAGOO KIICAA POWER

LEAGOO KIICAA POWERは2つのカメラを搭載していますが、サブカメラは単体では機能しないので、iPhone 7 Plusの様な片方のカメラで被写体にピントを合わせ、もう片方のカメラで背景をボカスようなデュアルカメラ特有の連携撮影が出来ません。

ボケ味に不自然さが出るのは、単純に範囲を指定してボケの強度を調整する「ボケエフェクト」だからです。

ボケエフェクトでも比較的綺麗なのでボケ範囲の調整がもう少し柔軟であれば使い勝手も良かったかもしれません。

デュアルカメラの特性や種類については以下の記事が参考になるので是非チェックしてみて下さい。

▼とはいってもサブカメラがメインカメラの補助を行うので、低価格な端末のシングルカメラと比較すると写りはなかなか良いです。アミーボの質感がきちんと表現できていると僕は感じますが、皆さんの目にはどう映っているでしょうか。↓
LEAGOO KIICAA POWERはサブカメラが補助するのでコントラストの表現力が豊か

LEAGOO KIICAA POWERのまとめ

8,000円台の中華スマホ、LEAGOO KIICAA POWERはいかがだったでしょうか。

先日紹介した、Gretel「GT6000」とスペック的には似たり寄ったりといったところですが、こちらはさらに半値で購入できるため、初めてスマホとして、親御さんやお子さんへのプレゼントとしては悪くないと思います。

4Gが使えないため、3G回線を持つMVNOと契約しなければなりませんし、技適マークがないため使用が自己責任となりますので注意が必要です。

ですが、一通りのゲームがプレイできて、動画によってはコマ落ちが発生するとはいえ、YouTubeが閲覧できて、若干癖がありますがボケエフェクトを楽しむ事もできるコントラスト豊かな描写表現力をもつデュアルカメラを搭載しているので、端末代金が8,000円で有ることを考えると十分魅力的だと僕は思います。

LEAGOO KIICAA POWERの購入は以下からどうぞ

執筆:ruby

ページトップへ