ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

猫の排泄物を保管する「リターロッカーⅡ」のレビュー。消臭効果が凄すぎる

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

排泄物の悪臭をシャットアウトするリターロッカー2

▼更新通知▼

1ヶ月以上利用したので購入後長期レビューを「長期的に利用してからのレビュー。」で追記しています。また、本記事を閲覧頂き購入された読者様から「長年の悪臭による悩みが嘘のように解消された」と嬉しいお便りも頂きました。猫ちゃんだけでなく、ワンちゃんや様々なペットの排泄物保管に是非どうぞ。

僕は現在2匹の猫を飼っている。当サイトのTwitterで度々登場する通称ジョコ編集長(チンチラゴールデン/名前ジョコ/雄の1歳)とピヤン副編集長(ミックス/名前ピヤン/雄3ヶ月)だ。

2匹とも元気いっぱいで毎日モリモリ食べ、遊び、うんちする。可愛い我が子といえどもウンチの処理は強烈な匂いもあり、掃除中はえずく。

▼可愛い顔だが想像以上にうんちが臭いジョコとピヤン。↓

ジョコ編集長とピヤン副編集長。

特に大変なのはゴミの日まで保管している排泄物をゴミ出しする日。これまで排泄物を2重の袋にいれ屋外の蓋付きバケツでゴミの日まで保管していた。これでも結構な臭いがするので僕と同じ様にゴミ出しまでの保管方法に難儀している方も多いのではないかと思う。

夏場は特に臭いが気になるので、絶大な人気を誇る排泄物保管BOX「リターロッカーⅡ」を買ってみた。

もう結論から言う。

室内にリターロッカーⅡを設置しているが、全く臭わない。ゴミ出しの日も臭わない工夫が施されており、本当に買ってよかった。

リターロッカーⅡレビュー。ペットの飼い主はもはや必須アイテム

リターロッカーⅡはカナダで生まれた猫用のトイレバケツで、冒頭で話した通り排泄物を保管するバケツ。専用の匂いをシャットアウトするカートリッジ型の袋を取り付ける事で(1匹で使用する場合)2週間程溜め込んでも臭いや雑菌をシャットアウトしてくれるスグレモノ。

僕は2匹の猫を飼っているが1週間に2回はゴミ出し出来るので容量不足に陥ったことは一度も無い。

▼価格は本体とカートリッジを合わせてもこの安さ。こんなに買って良かったと思えた製品に出会ったのは久しぶり。↓

良かったところ。イマイチなところ。

実際に利用してみて感じた良かったところとイマイチなところを残しておきたいと思う。

[良かった]

  • 嫌な匂いがシャットアウト
  • ゴミ捨て時も簡単に排泄物が取り出せる
  • 汚れない
  • 消臭効果が高いので室内の猫用トイレ横に置ける
  • 初期の導入コストが低い

[イマイチ]

  • 付属のスコップは大きすぎて使いにくい。
  • 袋は専用品なので、メーカーが取り扱わなくなった後は利用が出来なくなるんじゃないかと不安。(あまりにも消臭効果が素晴らしいので無くならないでほしい)
  • 専用カートリッジが少々高い

臭い・雑菌を強力シャットアウトする機構が素晴らしい。

▼消臭方法に関しては公式サイトの以下の説明画像が分かりやすい。↓

下部の収納ボックスと上部の投入部の間に密閉ストッパーが付いている

排泄物が溜まっている部分と上部の投入口の間に密閉ストッパーが備わっており、上部から排泄物を投入する時は下部が密閉状態で臭いが出ない。

また、排泄物を上部に投入後は蓋を閉めてストッパーを引いて下部に落とすので、この時にも臭わない。

▼ストッパーはロックが備わっている、また硬めのバネ式で自動的に閉まり下部の保管袋に入っている臭いを強力にシャットアウトしてくれる。↓

ストッパーはロック付き、バネの力で閉めるので臭いを強力にシャットアウトする

専用カートリッジはどうなってるの?

▼これが専用のカートリッジ。中には5層フィルム仕様で筒状の袋が入っている。↓

専用カートリッジは円形状の筒

▼収納されている袋は1本の筒状ビニールで引き出す事で容量の調節も可能。↓

袋を引き出すことで容量を調節可能です。

▼袋は筒状なので端を縛り密閉する。縛りが緩いと臭い漏れの原因となるのでキツく縛ろう。

袋は筒状なので密閉するために端を縛ります。

▼本体の上部にカートリッジを挿入してセット完了。後は排泄物を放り込んで蓋を閉め密閉ストッパーを引く事で下部の保管部分に垂れ下がった袋に落とし込む。↓

本体の上部にカートリッジを挿入することで挿入部も袋で覆われ本体を汚しません。

▼ゴミ出しする時は中央からパカリと本体を開くとカッターが備わっているので、排泄物の入っている袋をカット。カートリッジから伸びている袋の端を再度縛り袋を引き出す事で次回の保存袋が出来上がる仕組み。↓

本体の中央からパカリと開くのでカッターで袋を切って捨てるだけ。

▼上部の蓋に関しては透明タイプが良かった。現状では内部の状況が蓋を開けなければ分からないので、排泄物がきちんと下部に落ちているか再度蓋を開けなければならないのが面倒くさい。是非、次製品では透明の窓をつけて頂きたいと思った。↓

蓋を閉めてしまうと内部が見えないのでしっかりと下部に排泄物が落ち込んだか確認できない。

利用時に注意したいこと。

初めて利用した時に失敗したことも残しておきたいと思う。

専用カートリッジは筒状の袋で本体上部から下部にたれ下げる形で設置する。カートリッジに収まっている袋は引き出すことで収納されている袋を出すことが出来が、引き出しすぎると戻せない。本体に設置する時は袋の引き出しすぎに注意しよう。

また、上部から下部に垂れ下げている袋が捻れていると、下部の保管袋に上手く落ちない。こちらもカートリッジを挿入する時は注意したいポイント。

長期的に利用してからのレビュー。

2017年7月21日追記。

2017年6月に購入してから1ヶ月以上経ったので、長期利用レビューを書きたいと思う。

まず、初めて利用したときから悪臭が劇的にシャットアウト出来ていたので室内に設置して利用してきたが、一ヶ月以上経った現在も室内に設置した状態で利用を続けている。

屋外でもあれだけ臭っていた排泄物の臭いが嘘の様にシャットアウトされ、週に2度のゴミ出し以外は排泄物を保管しているが室内に設置しても全く臭わない。

僕は2匹の猫を買っているが、カートリッジは20日で切れたので2ヶ月で約3カートリッジを利用する計算。1匹買いなら1カートリッジで一ヶ月以上持つのでは無いかと思う。

ちなみに付属のスコップは猫砂の大きさと合わず非常に使いにくかったので捨ててしまった。

一ヶ月以上も毎日利用しているが、これほどまでに悪臭をカット出来る製品は他には無いので猫ちゃんを飼っている方は是非購入してみて下さい。かなり良いですよ。

リターロッカーⅡまとめ。

猫トイレの横にリターロッカーを置いてみた。

これまで正直苦痛に感じていた排泄物の保管時の臭いから開放され、本当に買ってよかったと思える製品だった。今まで排泄物は屋外に保管していたが、今ではトイレ横にリターロッカーⅡを置いているので、トイレ掃除も非常に楽。

僕と同じ様に毎回排泄物を袋に入れて屋外でゴミ出しの日まで保管している方は、検討してみては如何だろうか。

きっと、リターロッカーⅡを使うと僕と同じように「いつまでも専用カートリッジの販売を続けてくれ!」と思うはずだ。

購入は以下からどうぞ

ページトップへ