ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

MacBook/ProのTouch Bar用のキーボードカバーが凄く良い

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

どうも、ガルマックスの猶木です。

先日、ようやくMacBook Proの2018年モデルを購入しまして、ライブ変換機能に感動したり、Windowsで利用していたソフトの代替ソフトを探したりなど環境の変化を楽しんでいる最中です。

MacBook Proは仕事道具として購入したので、出来るだけ綺麗な状態で利用したいと思いキーボードカバーを購入しました。

結構評価の良いMacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー。お値段3,240円

僕の購入したキーボードカバーはAmazonで結構良い評価だったこれ

もっと安いカバーもあったんですけど、キーボードの打ち心地を極力失わないために極薄0.1mmのカバーをチョイス。

結構幅広いモデルで利用できる

今回はMacBook Pro 2018なのでTouch Barが搭載されているモデル用として購入したのですが、販売ページを確認すると以下のモデルで利用できるみたい。

  • TouchBar搭載のMacBook Pro 15インチ(Late 2016/ Mid 2017/ Mid 2018日本語キーボードモデル
  • TouchBar搭載のMacBook Pro 13(Late 2016/ Mid 2017/ Mid 2018)日本語キーボードモデル

Touch Barを搭載している2016年以降(現時点では2018年モデルまで)が対象となっております。もし該当機種を利用されている方は検討してみてください。

Apple製品は保護系装備が充実していて良い

最近仕事道具と言いながらiPhone XS、Apple Watch 4、そしてMacBook Pro 2018とApple製品を買い漁っているわけですが、アクセサリーなどのサードパーティ製品の多いこと多いこと。もう選び放題。

僕は今年の1月にLenovo ideapad 720sを購入したばかり。買い換えた理由は以前使っていたキーボードの印字が消えてしまったことが大きいんです。

前々から何度かお話ししたことがあるのですが、僕は1日に20000〜30000文字を平気で打つくらいキーボードを叩きまくっている割にブラインドタッチが出来ません。

つまり、キーボードの印字が見えなくなると、もはや僕にとって使い物にならなくなってしまうのです。でも、Windowsノートパソコンの多くはキーボードカバーって売ってないんですよね。

その点、Apple製品は筐体が限られてますからサードパーティも製品化しやすく痒いところに手が届くアクセサリーや保護系装備が魅力的です。

早速購入したキーボードカバーを装着

▼一応背面には日本語で注意書きシールが貼っていますが基本は英語となってます。貼り付け方の説明書きも英語ですがイラスト入りなので特に困ることは無いでしょう。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

▼ベリベリっと背面を開いてキーボードカバーを取り出しました。ブルーの細い紐はキーボードトップの間のフレームに貼り付けるための両面テープの剥離テープ。上下2箇所での固定なので保持力がやや心配↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

すでに汚い僕のMacBook Proのキーボード

▼たった1日でコレですよ。やっぱポテチとか食いながらキーボード打つとヤバイ。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

▼先ずはキレイキレイするために愛用しているメガネ拭きでクリーニング。ちなみにこのメガネ拭きは電子機器でも利用できる速乾性ウェットタイプだからスマホやPCのお手入れに最適です。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包
小林製薬 (2017-06-25)
売り上げランキング: 707

パッケージが両面テープをしっかり貼り付けるための”ヘラ”になる

▼キーボードカバーを保護していた厚紙は端っこが両面テープを本体にしっかり貼り付けるためのヘラとなってました。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

▼こんな感じでキーボードカバーの両面テープ部分を擦るようにしっかり上から貼り付けることが出来ます。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

ちょっとキートップがくすむけど許容範囲

▼これがキーボードカバー無しの状態。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

▼こっちがキーボードカバーを装着した状態↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

照明の関係上、キーボードカバーを取り付けた状態はかなり白っぽく見えますが、実際には少しくすんだ感じだけれど実用上は全く問題ないレベルです。

▼ちなみにキーボードカバー単体で撮影した写真の方が透明度が伝わりやすいかも。↓

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

キーボードカバーを取り付けた状態での使用感

今もキーボードカバーを取り付けたMacBook Proで記事を書いていますが、タイピング時の打鍵音は静かになりました。どうしても通常のキートップは硬質なので爪とかが当たるとカッチャカチャと煩かったんですけど、シリコンカバーにより指当たりはとってもやわらかくなりました。

また、気になっていたTouch Barの反応ですがこちらも全く問題無し。非常に快適に利用できています。

サイズ感は流石の一言で、寸分の狂いもありません。あと”F”と”J”にはポッチも付いてます。まぁ僕は凝視タイピングだから関係ないけれど。。。

上下2箇所の両面テープ固定だったので保持力が心配でしたが、今のところ、全くずれる気配も浮く気配もありません。あとは長期的に利用してどのように劣化するのか実際に利用しながら確かめたいと思います。

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバーまとめ

MacBook/ProのTouch Bar搭載キーボードカバー

この類の保護系装備は初めて利用したのですが、とっても良いです。僕の場合、MacBook Proはガチの仕事道具となるので、キートップが剥がれずにいつまでもキートップの1つ1つを凝視タイピングできるのは嬉しい限りです。

あと、長期的に利用するとキートップのテカリも気になりますし、そうなると売っぱらう時の査定にも響くので、長期的にキーボードを綺麗に保つためにちょっぴり高いですが皆さんも是非どうぞ。

MacBook Proのアクセサリー関連記事は以下からご覧いただけます!

ページトップへ