ワイモバイル バナー ヘッダー

Apple Watchの充電ドック「Maco Go」レビュー。電池切れの不安が解消できた

Maco Go

Apple Watchの充電ドックを探しているなら「Maco Go」がマジおすすめ。輸入代理店のエリーゼジャパンさんにレッドカラーのサンプルで頂いたのでレビューをお届けします!

Apple Watchは気を使わないと充電がすぐ切れる

Maco Go

僕はApple Watchを愛用していて、執筆時点でApple Watch series 6を使ってます。

Apple Watch Series 6のレビュー!

Apple Watchは世代が新しくなる毎に省電力性能が高くなるんですが、以前使っていたApple Watch series5と6を比較すると6は常時点灯の輝度が上がって視認性が高まる代わりに駆動時間が同じです。僕の使い方だと2日目の途中で電池切れるくらい。

こんな感じでApple Watchは高機能な代わりに電池もちはそんなによく有りません。スマートバンドとかだと2週間とかもつ製品もあるんですけどね。でも僕はiPhone使ってるんで連携機能を重視してApple Watchを使ってます。

最近だと日本向けのApple Watchが心電図アプリに対応しました。医療機器レベルで様々な身体の状態を測定してくれるようになったのでさらに高機能になりました。

Apple Watchの心電図、日本解禁。不規則な心拍の通知も対応。いつから使える?

しかーし、どんなに高性能・高機能なデバイスでも電池が切れるとただの重し。なんの電池切れたら敵に投げつけるくらいしか思いつきません。なので電池切れは避けたいところ。でも、充電忘れるんですよね。気を使わないとすぐに電池切れます。

Apple Watchの電池が出先で切れてしまうと困るのが充電。Apple Watchの純正充電ドックって独自形状なのでコンビニとかで売ってません。

そこで普段からカバンに忍ばせておきたいアイテムがMaco Goって訳です。

クラファンで大人気の製品がAmazonで購入可能に

Maco Goはクラウドファンディングで人気を博した製品で、僕も魅力に感じ自腹で支援して先行入手しました。ひと足お先に使ってましたが予想通りめっちゃ良い。

クラファン製品って、支援期間が終わると一般販売まで時間がかかる傾向なので一時的に難しくなるんですが、現在はエリーゼジャパンさんがAmazonで販売しているので気軽に購入できるようになってます。

▼一般販売モデルはカラーも充実。左からアクアブルー、グレー、ブラック、レッド。↓

Maco Go

価格は税込3,680円。Apple Watch純正充電ドックが税込3,850円で似たような価格なんですが、使い勝手の良さから予備で充電ドックを購入するなら絶対Maco Goがオススメ。購入先は記事の最後に記載してます。

対応するApple Watchは?

Maco Go

Maco GoはApple Watchのseries1/2/3/4/5/6/SEで使えます。初代から対応しているのはGoodですね。古いApple Watchはバッテリーが減りやすくなっているのでMaco Goを持っていると安心。

Maco Goのレビュー

Maco Go

それではMaco Goを実際に使いながら紹介します。

常にカバンに忍ばせられるサイズ感が良い

僕が一番気に入っているのがこれ。

▼形状はこんな感じ。充電ドックから直接USB-Cがニョキッと飛び出ているんです。ケーブルなし。これが良い。↓

Maco Go Maco Go

▼サイズもこんなに小さい。重量も実測10gで超軽量。これなら常にカバンに忍ばせておいても全然オッケー。

Maco Go

Maco Go

Apple Watchの純正充電ドックも良いんですけど、ケーブルがカバンの中で絡まったりしてたんで、常にカバンに入れておくなら断然Maco Goが良いんです。

MacBookと相性が良い設計

Maco Goは独特な形状はMacBookでの使用を想定したデザインで、片方のポートにMaco Goをブスッと挿してももう片方のポートを塞がない設計になってます。

▼MacBook Proに挿してみました。こんな感じでMaco Goが他のポートを塞ぐことが無いのでとっても扱いやすい。↓

Maco Go Maco Go

様々なデバイスで充電できる

USB-C経由で給電できる製品なら挿すだけで速攻使えます。

▼iPhoneの充電ドックにブスッと挿して充電。↓

Maco Go

▼USB-Cの逆充電対応スマホにブスッと挿して充電。↓

Maco Go

▼モバイルバッテリーにブスッと挿して充電。↓

Maco Go

こんな感じでApple Watchを充電できるのでホント便利。特にモバイルバッテリーで充電できるのはGoodです。

iPhoneはPD充電に対応しているので、モバイルバッテリーもUSB-Cの急速充電できるやつがおすすめ。Maco Goとも相性良し。

マグネット付きでパチっとくっつく

Apple Watch純正の充電ドックはマグネットでパチっとくっつくんですが、Maco Goにもマグネットが埋め込まれていてペタッとくっつきます。

▼普段使いで十分なひっつき具合。↓

Maco Go

▼PCの端子ってディスプレイ側に付いている場合もあるんで、マグネット付きだといろんなPで利用できるのが良いですね。あとPCに接続している時にタイピングの振動でずれ落ちることも無いんでGood。↓

Maco GoはApple Watch持ってるならマジおすすめ

Maco Go

僕はしょっちゅうApple Watchの電池を切らすことが多いんで純正品の追加購入を考えていたんですが以下の理由でやめたんです。

  • 純正品はケーブルが長くて携帯性が悪い
  • 純正品はUSB-AなのでMacBookに直接挿せない。(僕のMacBookはUSB-Cか無い)

これらを解消できるアイテムが「Maco Go」。もう即買いです。価格は純正品に近いんですが、同じような価格ならコンパクトでスマートに使えるMaco Goが断然オススメ。

Maco Goは僕が自腹で買ってよかったアイテムの一つでもあるので、Apple Watchユーザさんは是非カバンに忍ばせてやって下さい。

エリーゼジャパンさんが販売するMaco Goは正規品なのでメーカー1年保証付き。2020年1月31日まで10%(368P)のAmazonポイント付与キャンペーン中。お得に手に入れて下さい!カラーは以下ページで選択できます!

ページトップへ