ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Motorola One Visionを正式発表。日本発売に期待

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

中国のLenovo Groupの完全子会社である米国のMotorola Mobilityは「motorola one vision」を発表しました。すでに発売開始しています。本記事では「motorola one vision」の特徴をまとめています!

※執筆時点でmotorola one visionの日本発売の情報は入っておりません。

motorola one visionの外観をチェック

Xperia 1と同じアスペクト比21:9のシネマバージョンスクリーンで、6.3インチFHD+(2520×1080)IPS液晶を採用しており、映画館で味わった迫力感が体感できるようです。画素密度は432ppi。

色はブロンズとサファイアの2色。フロントカメラをくり抜いたパンチホール形状に仕上げられています。サイズは160.1×71.2×8.7mm、重さは180gです。

motorola one visionのディスプレイをチェック


ディスプレイはコーニングの4D強化ガラス「Gorilla Glass」を採用。指紋認証は背面に付属しており、しかも特徴的な背面デザインロゴで、モトローラのデザインが施されています。

motorola one visionのカメラをチェック

カメラはサムスン製の48MP(F1.7)と5MPのデュアルカメラ仕様で光学手振れ補正を搭載。フロントカメラはパンチホール型の25MP(F2.0)のシングルカメラです。

48MPの高精細なメインカメラを活かして、4つのピクセルを1つの大きな1.6μmピクセルとして組み合わせるクアッドピクセル技術で、暗所での撮影性能を向上。4倍の光感度を実現することで明るさが向上し、画面ノイズが減少したシャープな写真が撮れます。これは前面カメラでも同様です。

また500万画素と組み合わせた「背景がボケる」ポートレート撮影も楽しめます。

そしてAIによる撮影支援機能では、被写体が顔だと判断するポートレートモードや自動スマイルキャプチャ、夜は「Night Vision」モードが搭載されています。

motorola one visionのバッテリーをチェック

バッテリーは3500mAhで急速充電対応、15分充電で最大7時間使用出来ます。ポートはUSB TypeC。

motorola one visionのSoc・メモリ・ストレージ・防滴・防塵をチェック

SoCはExynos 9609を搭載。メモリーとストレージはメモリ4GB+容量128GB。外部メモリを利用可能としており、最大512GBのmicroSDカードスロットを備えています。

その他、IP52に準拠した防滴性能や防塵性能にも対応。

Motorola One VisionはOSアップデートに期待できる

MotorolaはGoogleと提携しており、Motorola One VisionはAndroid9 Pieが入っていますが、Android QとRへのアップグレードを優先することを約束しています。

また、Motorola One Visionは最低3年間のセキュリティパッチが提供される予定です。

motorola one visionの発売日をチェック

ブラジルで2019年5月15日に販売開始、欧州では16日に発売するほか、5月後半にメキシコで発売し、順次ラテンアメリカの一部の国々で発売する予定です。

また、アジアではタイとサウジアラビアで16日に発売し、今後数か月の間にアジアや中東、豪州でも一部の国々で発売予定。価格は299ユーロ(約37,000円)です。

ページトップへ