1100-150 Xiaomi 14

OnePlus 12 グローバル版のスペック・対応バンドまとめ!Snapdragon 8 Gen 3とペリスコープ望遠カメラを搭載したハイエンド

OnePlusのフラッグシップ最新モデル‥のグローバル版が登場!

OnePlus 12 グローバル版の特徴やスペック、対応バンドをまとめたのでチェックしてみて下さい。

OnePlus 12 グローバル版の特徴

OnePlus 12 グローバル版の特徴は以下の通り!

OnePlus 12 グローバル版のハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • カラーはブラックとグリーンの2色
  • ディスプレイは高解像度、LTPO120Hz対応の有機EL
  • メイン+超広角+ペリスコープ望遠の3カメラ構成
  • 大容量バッテリーで80W充電と50Wワイヤレス充電対応

OnePlus 12 グローバル版の詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

OnePlus 12 グローバル版のサイズ・重量・カラー

  • 高さ:164.3mm
  • 横幅:75.8mm
  • 厚さ:9.15mm
  • 重量:220g

カラーはブラック系、グリーン系の2色展開です。

デザイン自体は先代OnePlus 11とほぼ同じタイプ!カメラ部分が円形、かつ側面に繋がっているという独特な意匠が目を引きますね。

グリーンカラーはマーブルっぽい模様が入っているのもいいですね(`・ω・´)。本物の石に見えるんかな。実機見てみたい。

OnePlus 12 グローバル版のSoCはSnapdragon 8 Gen 3

  • SoC:Snapdragon 8 Gen 3
  • メモリ:12GB/16GB
  • ストレージ:256GB/512GB

SoCは当然のごとく最新ハイエンドのSnapdragon 8 Gen 3!3D系ゲームも超快適な性能を誇るほか、LPDDR5XメモリとUFS4.0のストレージ規格の構成を採用していることであらゆるシーンでサックサクなスペックが魅力です。

▼Snapdragon 8 Gen 3がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説していますんで気になってる方はコチラもチェック。↓

Snapdragon 8 Gen 3のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

OnePlus 12 グローバル版(Snapdragon 8 Gen 3)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだOnePlus 12 グローバル版の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでSnapdragon 8 Gen 3の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約1,950,000
  • ゲーム性能(GPU):約810,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OnePlus 12 グローバル版のディスプレイ

  • サイズ:6.82インチ
  • 解像度:3,168×1,440
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大120Hz(LTPO)
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイはライバルモデルよりも若干大きめな6.82インチサイズ!解像度もWQHD+クラスとFHDより高いのも魅力です。

また視認性の良い有機EL、LTPO(可変リフレッシュレート)タイプの120Hz表示で最大輝度は1,600nit、ピーク輝度は4,500nitとなっています。

画面形状は見たところエッジではなくフラットになっているようですね。先代OnePlus 11では端っこにかけてカーブしていた形状だったので、この点は見た目で一番変わった部分といえるかもしれません。

OnePlus 12 グローバル版のサウンド関連

  • スピーカー:非公表
  • イヤホン接続:USB-C

中国版OnePlus 12ではデュアルスピーカーと書かれていたのですがなぜかコチラには基数についての記載なし。イヤホンジャックは非搭載です。

OnePlus 12 グローバル版のカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:5,000万画素
  • 超広角兼マクロカメラ:4,800万画素
  • 望遠カメラ:6,400万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:3,200万画素

カメラはトリプルタイプ。メインと超広角とペリスコープタイプの望遠カメラの3つとなっております。

センサーはメインカメラがSony LYT-808でサイズは1/1.4インチ。超広角兼マクロカメラはIMX 581で1/2インチ、望遠はOmnivision OV64B 1/2インチ。

望遠カメラは光学は3倍ズームに対応しており、光学望遠70ミリ(3倍)、センサー内ズームの140ミリ(6倍)ほか、最大120倍での撮影に対応しています。

OnePlus 12 グローバル版のバッテリー・充電仕様

  • 容量:5,400mAh
  • 有線充電:80W
  • ワイヤレス充電:50W
  • 逆充電:非公表

バッテリー容量は5,400mAhと現行スマホの中では最大級サイズ!今だと5,000mAhで頭打ちの物が多く、5,100~5,200mAhモデルが徐々に増えてきているのですがOnePlus 12 グローバル版はその中でも抜きん出ている印象です。

急速充電は最大80W。フラッグシップモデルとしておとなしめな印象です。充電速度よりも電池持ちを重視したのでしょうか。

ワイヤレス充電対応はGood!急速対応で最大50Wまでの高速充電も可能なので、対応するものであれば置くだけでサクっと充電できるってのも利点ですね。

OnePlus 12 グローバル版のOS・機能

  • OS:Oxygen OS 14(Android 14ベース)

OSはOnePlus独自カスタマイズが施されたOxygen OSを搭載!ベースのAndroidバージョンも現時点で最新な14となっています。

OnePlusでは一部モデルでOPPOのColorOSを搭載していることがあるのですが、こちらはOxygen OSで続投の模様。個人的にはどっちが搭載されるかっていう判断基準が謎い‥。

もともとOxygen OSはColorOSと統合するため消滅するっていう情報があったのですが、まだ続けるのでしょうかね?よくわからん。でも個人的にはOxygen OSは続いて欲しい。OSのプレーンだけどスマートなデザインやOnePlus meetの通知音が好きだし。

OnePlus 12 グローバル版の発売日・価格

OnePlus 12 グローバル版の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ12GB+容量256GB:799.99ドル(約11.8万円)
  • メモリ16GB+容量512GB:899.99ドル(約13.3万円)

久しくOnePlusスマホを触っていない筆者ですが、ハードウェアとソフトウェアのクオリティがどれほど高まっているか気になりますね。純正OSよりも痒いところに手が届くようなOxygen OSも気に入ってるし。

カメラの撮影クオリティも興味深いし、あとディスプレイは一部ハイエンドで対応しているフレーム補間に対応しているかとかも気になる!10万円超えなんで結構高いとはいえ、数年使えるって考えればアリかなんて思っちまいます。だから貯金できんのですが。

ページトップへ