▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

発表間近。OnePlus 7Tシリーズの噂をまとめてみた!

Galaxy A7
Ymobileバナー

OnePlus 7Tシリーズの発売日が近づいています。

今年3月に発売されたOnePlus 7/7 Proの後継機「OnePlus 7T/7T Pro」の発表が迫っています。インドでは9月26日、イギリスでは10月10日にイベント上にて発表予定なので、復習も兼ねてOnePlus 7Tシリーズのスペックについて、現時点で判明しているウワサをすべてまとめてみました。

OnePlus 7Tのリーク情報まとめ

まずはOnePlus 7Tシリーズの発売日についてチェックしましょう。

OnePlus 7Tの発売日

OnePlus 7Tシリーズの発表日は国によってさまざまで、インドでは9月26日、イギリスでは10月10日に発表予定です。イギリスでの発表会では実機の試遊ができますが、当日販売はされないようです。

以前ガルマックスでも「OnePlus 7Tシリーズは9月に発表される」と伝えましたが、ほぼリーク通りの内容となりましたね。

OnePlus 7TとOnePlus 7T Proは9月に発表?

インドでは9月26日に発表

9月26日にインドで発表されるイベントはOnePlus 7T/7T Proおよび独自開発した新しいテレビ「OnePlus TV」を発表する予定です。

One Plus TVについて少し調べてみましたが、どうやら既存のテレビにChromeCastを内蔵したようなスマートテレビとなっております。

イギリスでは10月10日に発表

一方のイギリスでは10月10日の現地時間午後5時からOnePlus 7T/7T Proを発表する予定です。

公式の特設サイトでは前売り券も販売されており、ロンドンの会場ではOnePlusグッズの受け取りやコミュニティとの交流イベントが設けられています。ただしOnePlus 7Tシリーズを触ることはできるようですが、当日販売はしないようです。

OnePlus 7Tシリーズ間もなく発表。特設サイトを公開

OnePlus 7Tのデザイン

次はOne Plus 7Tのデザインについてチェックしてみましょう。現行機との大きな違いは、背面カメラのデザインです。

カメラモジュールの見た目が違う

▼現行機であるOnePlus 7のカメラモジュールは下図のように縦方向に直線となっています。↓

▼一方のOnePlus 7Tは下図のように、水平に配置されたトリプルカメラと円形のカメラモジュールというデザインになっています。背面カメラの存在感がすごいですね。ディスプレイ側は現行機と同じく水滴ノッチディスプレイとなっています。ちなみに背面素材はガラスです。↓

電源ボタンなどの配置は現行機と変わらず

物理ボタン類の配置は現行機とほぼ変わりません。ディスプレイに向かって右側には電源ボタン、左側にはデュアルSIM差し込み口とボリュームボタンが設置されています。

底部にはUSB Type-C対応の充電ポートとマイク、ステレオスピーカーが設置されており、上部にはセカンドマイク用のピンホールがあると想定されています。

OnePlus 7Tのスペック

つぎはみんな気になる、OnePlus 7Tのスペックについてリーク情報をまとめてみました。

カメラ性能

OnePlus 7Tはトリプルカメラに対応し、「視野角117度、16MPの超広角撮影」「F値1.6、48MPの広角撮影」「F値2.2、12MPの望遠撮影(2倍のデジタルズーム)」に対応しています。

現行機であるOnePlus 7はデュアルカメラだったので、カメラ性能が向上していることに疑いの余地はないです。

OSおよびSoC

OnePlus 7はゲーミングスマホ向けハイエンドSoC「Snapdragon 855+」、CPUは「オクタコア kryo 485」、GPUは「Adreno 640」を搭載しており、OSはAndroid 10をベースにしたOxygenOS 10を採用しています。

One Plus 7はSoCが「Snapdragon 855」だったので、ゲーム体験にも力を入れているのが感じられます。ちなみにSnapdragon 855+と855の違いは「5Gに対応しているか」「処理性能(特にゲーム処理)が大きく向上している」となっております。詳しくは過去記事をどうぞ!

Qualcomm、上位モデルのSnapdragon 855 Plusを発表

メモリ容量

OnePlus 7Tのメモリ容量は「メモリ8GB、容量128GB」だと予想されております。ただし現行機のOnePlus 7がメモリ6/8GB、容量128/256GBの4パターンの組み合わせから選べることを考慮すると、OnePlus 7Tも同様のラインナップになることも考えられるでしょう。

ちなみに今回もSDカードによる拡張は不可となっております。

ディスプレイ

OnePlus 7Tは6.55インチのAMOLEDディスプレイ(水滴ノッチ型)となっています。またOnePlus 7 Proで採用された90Hzのリフレッシュレートに対応しているのも大きなポイントです。

バッテリー

OnePlus 7Tのバッテリー容量は3,800mAhと予想されています。バッテリーの大きさは一般的なスマートフォンと遜色ありませんが、OnePlus 7Tシリーズからは最新の30W急速充電「Warp Charge 30T」に対応しております。

これは従来のWarp Chargeより充電速度が23%向上していると言われており、さらにはやい高速充電が期待できます。

その他

OnePlus 7Tの特筆すべき点としては下記機能が挙げられます。ただしあくまでリーク情報である点に注意してください。

  • 画面内指紋認証および顔認証に対応
  • 90Hzのリフレッシュレートに対応
  • デュアルLEDフラッシュライトを搭載

▼またOnePlus 7Tのレンダリング動画も登場しています。外観がイメージしやすいですね。↓

販売価格

気になる販売価格ですが、なんとOnePlus 7TはOnePlus 7 Proよりも安く販売されるのではないかと噂されています。これはCNETが電子メールでOnePlus幹部にインタビューした内容がソースとなっており、信頼性が高いですね。

OnePlus 7T/7T Proは性能向上しながら現行モデルよりも安くなる?!

ちなみに現時点では、9月26日にインドで発表される際の価格は34,000ルピーから38,000ルピー(日本円でおよそ5.1万円から5.7万円)程度で発表されると予想されています。

激安ガジェット通販サイトとして有名なBanggoodでも、安いOnePlus 7でだいたい6万円台、OnePlus 7 Proで7万円台という価格設定になっていることから、いかにOnePlus 7Tシリーズが安くなっているかが分かりますね!

高機能化と低価格化の両立はとてもすごいと思います。

OnePlus 7T Proとの相違点

最後に上位モデルとなるOnePlus 7T Proのリークスペックから違いをチェックしてみましょう。

OnePlus 7T Proは6.65インチ(7Tは6.55インチ)のフルスクリーンディスプレイ(7Tは水滴ノッチディスプレイ)を搭載し、セルフィーカメラは内蔵の電動ポップアップカメラ(7Tは内蔵カメラ非搭載)で撮影できるのがポイントです。

バッテリー容量も4,085mAh(7Tは3,800mAh)と大きくなり、ほかの機能もOnePlus 7T と変わらない感じとなっています。なぜか望遠カメラだけ8MP(7Tだと12MP)とグレードダウンしていますが、あくまで予想スペックである点にご注意ください。

ソース

ページトップへ