ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO R15 Neoの保護フィルムはPDA工房がオススメ!

[告知]双11大セールの衝撃最安値が再来!GEARBESTブラックフライデーセールは以下から!最新ガジェットが激安で大放出されるので要チェック!↓

OPPO R15 Neoの保護フィルムはPDA工房がオススメ!

安価な価格設定で大注目なOPPO R15 Neo。実機レビューは「OPPO R15 Neoのレビューとスペック。仕様評価、価格、最安値まとめ」を見ていただくとして、せっかく手に入れた新しいOPPO R15 Neo。出来ることなら傷を付けずに使いたいものです。

今回はニッチなスマホの保護フィルムも制作してくれるPDA工房さんがOPPO R15 Neoの保護フィルムをリリースして下さいましたので、保護フィルムと背面をグラフィカルに演出するスキンシールを試してみました!

OPPO R15 Neoの保護フィルムは12種!スキンシールは12種リリース済み!

OPPO R15 Neo専用の保護フィルムですが、画面を保護するフィルムは12種類のフィルムタイプから選択でき、背面をグラフィカルに演出するスキンシールも12種類リリース済み!お気に入りのフィルムタイプから選べるのが嬉しいポイントですよね!

個人的に気に入っているのは9Hシリーズ。ガラスフィルムって9Hで”硬い”から傷が付きにくくて人気ですが、PDA工房では業界初、フィルムで9Hの硬度を実現しちゃったんです。つまり、ガラスフィルム並に傷が付かず、しかも割れないという、現時点で結構最強系フィルム。これマジオススメ。

今回は両面セットを貼り付けてみた!

▼OPPO R15 Neo用で手に入れたフィルムは両面セット!フィルムタイプは個人的にずっと愛用している9Hシリーズです!ディスプレイ側だけでなく背面も保護できるフィルムが付属するセットパッケージ!↓

OPPO R15 Neoの9Hフィルムを入手

OPPO R15 Neoの保護フィルムは背面セットも販売中です。

両面セットは、例えば、保護ケースを付けたくない!って方や、バンパータイプのケースを付けるときの背面保護用として人気が高いんですよ!

もちろん、前面(ディスプレイ側のみ)や背面のみも単体で購入できるのでご安心下さい!

貼り方のアドバイスが入っている

▼フィルム以外には保護フィルムの貼り方のアドバイスが入ってました。↓

Huawei nova 3iのPDA工房製の保護フィルムには貼り付けアドバイスが入っていました。

オススメのアイテムを紹介

保護フィルムの貼り付けは、しっかり機器をクリーニングすることが重要。油脂やホコリを綺麗に拭き取らないと、フィルムの浮きや気泡が入る原因となります。

これはガルマックスが愛用しているアイテム。本来はメガネ拭きなのですが携帯電話にも利用できると明記されている速乾性ウェットタイプのクリーナーです。ほこり、油脂を凄く綺麗に拭き取れます。普段のスマホのお手入れ用にも便利なので是非どうぞ!↓

保護フィルムの貼り付け時に役立つクリーナー

メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包
小林製薬 (2017-06-25)
売り上げランキング: 828

シリコン吸着で吸い付くように張り付き貼りやすい!一体感も高く良い感じ!

▼アッという間に張り付きました。見よ!この一体感!ディスプレイの際までフィルムで保護されます。↓

OPPO R15 Neoの保護フィルムはエッジ部分もしっかり保護!

▼OPPO R15 Neoは背面が光沢仕様なので少々指紋が目立ちます。でもダイヤモンドカットの背面デザインは活かしたい!そんな時は非光沢タイプがオススメ!指紋の付着を抑えつつ、しっかり傷をガード出来ます!↓

OPPO R15 Neoの背面シールは指紋が気になるなら非光沢タイプがオススメです。

カーボン調の背面”スキンシール”を貼り付けてみた!

PDA工房さんは保護フィルムだけでなく、本体のイメージをガラリと変える”スキンシール”もリリースしています!今回はカッコいいカーボン調の背面シールを貼り付けてみました!

▼これがOPPO R15 Neo専用のスキンシール!↓

OPPO R15 Neoのスキンシール

失敗した!スキンシールと本体カラーは同系色が良い!

今回はカーボン調のブラックカラーを選んだのですが・・・僕持っている本体はブルーです。カメラ回りなどは少し大きめにカッティングされていることを思い出し、本体のカラーをブラックにするんだった!と、少し後悔。

スキンシールを貼ることを前提にするなら、本体カラーは見えなくなるのでスキンシールと同系色の本体カラーを選びましょう。

気を取り直しててスキンシールを貼ってみた!

▼スキンシールは保護フィルムよりも薄くて伸びやすい素材となっています。単純にプリントされているのではなく、しっかり凹凸のある3Dスキンシール。↓

OPPO R15 Neoのスキンシールは薄くて伸びやすい

▼ご丁寧にフィルムのサンプルが入っていました。伸び具合などを予めサンプルで体感することが出来ます。嬉しい配慮ですね!↓

▼サクッと貼り付けてみました!予想通り・・・カメラ回りや周囲は地色のブルーが出ています(´・ω・`)しかしながらフィット感が抜群!是非、お買い求めの際は本体カラーと同系色のスキンシールを選んで下さいね!↓

OPPO R15 Neoの保護フィルムまとめ・購入先

OPPO R15 NeoのPDA工房製のフィルム、今回も凄く良かった!フィルムも適度な厚みがあって貼りやすいですし一体感も抜群。フィルムタイプも豊富ですし、イメージをガラッと変更出来るスキンシールも多種リリースされているので、是非検討してみて下さい!

保護フィルムが無い!そんな時はPDA工房を確認してみよう!

PDA工房では取扱の無い新製品は端末を1日ほどPDA工房に寸法測定で送付することで専用フィルムを制作してくれます!

しかも、往復送料無料、お好みのフィルム2枚無料(1枚は機器に貼り付け済み、1枚はパッケージ)で返送して頂けます!

もし、PDA工房のラインナップに無い新製品をお持ちでしたら、PDA工房さんに依頼してみましょう!

依頼先は以下からどうぞ!

ページトップへ