ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO R15 Neoのレビューとスペック。仕様評価、価格、最安値まとめ

■読者プレゼント!■

GEARBEST×ガルマックスのコラボプレゼント企画を開催中!Snapdragon 660を搭載する高性能スマホ[Elephone U Pro]を1名様にプレゼント!応募最終日は9/22です!

詳細はこちら!

OPPO R15 Neo

日本市場向けに投入された「OPPO R15 Neo」。約3万円で手に入る魅力的な価格で手に入るライトユーザー向けSIMフリースマートフォンの実力を実機でチェックします!

本記事ではOPPO R15 Neoの実機を用いたレビュー、分かりやすい仕様の解説に加え、OPPO R15 Neoをお得に手に入れる情報をまとめています!

本レビュー11ページ構成です!記事上部の「ページ一覧」からも各項目へ移動出来ます!

OPPO R15 Neoの発売時期と価格をチェック!

発売時期は2018年8月で価格は約30000円です。

OPPO R15 Neoの総合評価と、オススメな方

OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neoは、こんな方に向いているスマホ!

  • スマホはWEB閲覧、動画視聴、メールやLINE、SNS、ニュースアプリなどスマホをライトに利用している方
  • 通信回線のキャリアを変更してもスマホを使い続けたい方
  • 暇つぶしゲームくらいしかゲームを遊ばない方
  • カメラは記念撮影より記録撮影が多い方
  • 日本に正式参入している日本向けにチューニングされているスマホが欲しい方

OPPO R15 Neoはライトユーザー向きの端末で、スマホに多くを求めていないから安価なほうが良い!でも、見た目はカッコいいほうが良い!という方にピッタリの端末です。

あと、残念だったポイントを挙げると・・・

  • 指紋認証が備わっていない
  • カメラの出来栄えがイマイチ
  • おサイフ機能が利用できない
  • 防水防塵仕様ではない

といった部分が気になりました。この辺りはレビュー記事を確認してご判断下さい!特におサイフ機能を利用している方はOPPO R15 Neoに乗り換えると使えなくなってしまうので注意が必要です!

トータル的な評価ですが、普段使いでは問題ない性能に加えドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルや格安SIMのキャリアを問わず利用できるので、長期的に愛用出来る仕様は非常に良かったです。

但し、価格相応である部分や他社よりも劣る部分も結構あるので、その点はレビュー記事を読み進めてご検討頂ければと思います。

ページトップへ