ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO R15 Neoのレビューとスペック。仕様評価、価格、最安値まとめ

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

OPPO R15 Neoのバッテリーをチェック!

本ページは記事の10ページ目です。本ページからアクセスされた方は1ページ目からの閲覧をオススメします!

OPPO R15 Neoのバッテリーをレビュー!

ここからはOPPO R15 Neoのバッテリーを実機を用いてチェックしています!

大容量バッテリーを搭載しているけど充電は一般的な急速充電仕様

OPPO R15 Neoは4230mAhの超大容量バッテリーを搭載していることが魅力の1つですが、付属する充電器は5V/2Aで一般的な急速充電仕様。バッテリー容量が多いので忘れずに充電しましょう。

バッテリー持ちを検証

バッテリー持ちの検証では実利用を想定した内容で測定しています。ディスプレイ輝度は中間設定、自動輝度調整はオフの状態で満充電からバッテリーが切れるまでYouTubeの長時間動画を再生。連続再生時間は16時間35分で文句なしの長時間駆動するモデルでした。(ごめんなさい。スクショ撮影忘れました。)

バッテリーの充電時間を検証

バッテリーの充電時間検証では付属している充電器とケーブルを利用してバッテリー0の状態から満充電までの充電時間を検証します。

端末起動後にバッテリー残量データを測定するアプリを起動するので、データ取得時は既に数%充電された状態となりますのでご了承下さい

▼測定開始は6%の17:01から開始、満充電完了時間は19:55で充電時間は2時間54分でした。↓

測定開始は6%の17:01から開始、満充電完了時間は19:55で充電時間は2時間54分でした。

約6%が充電出来た段階なので、満充電までは約3時間は必要です。寝る前にしっかりバッテリーを充電しましょう。

OPPO R15 Neoのバッテリーの評価

流石、4230mAhの大容量バッテリーを搭載しているだけあり、バッテリー持ちが良いです。SoCも省電力性能に定評のあるSnapdragonを採用しているので、他のSoCを搭載しているバッテリー容量が同等クラスの製品よりも持ちが良い印象でした。

OPPO R15 Neoのバッテリー持ちなら、毎日スマホをガンガン利用する大多数の方も丸1日は十分バッテリーが持ちます。あまりスマホを利用しない方は2日位はバッテリーを充電しないでも利用できるくらにバッテリー持ちが良いです!

ページトップへ