ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO R15 Neoのレビューとスペック。仕様評価、価格、最安値まとめ

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

OPPO R15 Neoの外観とデザインをチェック!

本ページは記事の5ページ目です。本ページからアクセスされた方は1ページ目からの閲覧をオススメします!

OPPO R15 Neoの外観・デザインをレビュー!

ここからはOPPO R15 Neoの外観やデザインを実機を用いてチェックしています!

OPPO R15 Neoのサイズ感をチェック

▼OPPO R15 Neoはディスプレイに6.2型を搭載。大型ですが縦に長いタイプのトレンドディスプレイを採用しているので、横幅がスリムでとっても持ちやすいです。

OPPO R15 Neoは大型ディスプレイを搭載していますが、縦に長いディスプレイを搭載しているので持ちやすいです。

ディスプレイはノッチ付き!

OPPO R15 Neoのディスプレイはノッチ(切り欠き)のあるタイプ。これによりディスプレイの領域がとっても広くなってます。ノッチ部分にはインカメラが埋め込まれてます。↓

OPPO R15 Neoのディスプレイはノッチ付き

背面は個性的デザイン。光の当たる角度で表情を変える

▼背面デザインは非常に個性的。ダイヤモンドカットの様なデザインで光の当たる角度で様々な光の反射により表情を変えます。個性的で有りながら上品でもある美しいデザインでした。↓

OPPO R15 Neoは光の当たる角度で表情が変わるユニークな背面デザインが魅力的です。

背面カメラはデュアルカメラ

▼OPPO R15 Neoの背面カメラは2つのカメラが横に並ぶデュアルカメラ仕様。↓

OPPO R15 Neoの背面にはデュアルカメラを搭載

ボタンの位置的に手帳ケースは使いにくそう

▼OPPO R15 Neoのボタン配置は一般的な配置と異なり、右側面に電源ボタン、左側面に音量ボタンが備わっています。↓

手帳ケースの場合、手帳の中央部分にボリュームキーが配置となるので、手帳型ケースでは少々操作性が悪くなるかも。

端子とイヤホン端子

▼充電ポートとイヤホンポートは本体下部に備わってます。↓

OPPO R15 Neoの底面には充電端子やイヤホン端子が備わっていました。

SIM×2とMicroSD×1が入るトリプルSIMトレイ

▼SIMトレイはSIMピンで開くタイプ。付属品の項目で書き忘れていましたが、SIMピンも付属しているのでご安心を。↓

OPPO R15 NeoのSIMトレイはSIMピンで開くタイプ

SIMトレイは、なんと、NanoSIM×2枚、MicroSD×1枚が全て挿入可能となっています。

OPPO R15 NeoのSIMトレイはNanoSIMが2枚とMicroSDが1枚入るタイプです。

OPPO R15 Neoは2枚のSIMで同時待ち受け機能を利用できるのですが、この機能を利用しながらもMicroSDで容量を拡張出来るのがGoodですね!

大多数の製品はSIMスロット2とMicroSDスロットが共用となっていて、どっち付かずな仕様が多いので、同時待ち受け機能と容量拡張のどちらも必須の方は魅力的なポイントです。

OPPO R15 Neoの外観・デザインの評価

3万円台の価格では比較的外観品質とデザイン性は高く、見た目を重視される方にもオススメ出来るモデルです。

トレンドのディスプレイ比率、先進的なノッチ形状、使い勝手の良いトリプルSIMトレイの採用など、ハードウェアに人気の構成をぶつけて来たあたり、OPPOの本気度が伺える内容となっていました。総じて外観・デザインは高評価です!

ページトップへ