ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OPPO Reno 2が登場!4800万画素20倍ズーム対応スマートフォン

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

OPPO Reno 2

OPPOが最新スマホ「OPPO Reno 2」を発表しました。6.55インチのフルスクリーンディスプレイを搭載し、電動ポップアップカメラを備えたフルスクリーンディスプレイを実現しています。

OPPO Reno 2登場 ー フルスクリーンディスプレイ搭載

OPPO Reno 2はOSにAndroid 9 PieをベースにしたColorOS 6.1を搭載、SoCはQualcomm Snapdragon 730G(SM7150)、メモリ8GB、容量256GBの構成であるミドルレンジ最上位帯のスマートフォン。ディスプレイは6.55インチ(FHD+ 2400×1080 401ppi)を採用。通常価格は36,990インドルピー(約5.5万円)です。

アウトカメラがクアッドカメラ構成で4800万画素に800万画素、1300万画素、200万画素のカメラを組み合わせた仕様となっています。初代OPPO Renoと同じくシャークフィン型のセルフィーカメラ(電動ポップアップ式)を搭載し、画面占有率が93.1%まで高まっている点が特徴的です。またSony IMX586センサーを採用し、最大20倍のデジタルズームに対応しているのもポイント。

バッテリー容量は4,000mAh(30分で最大51%の急速充電に対応)で良いバッテリーを搭載しております。その他、指紋センサーや顔認証、防水防塵に非対応となっています。

対応バンドは3パターンに分かれており、それぞれ以下の通り

[Frequency 1]
GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/32 LTE TDD: Bands 38/39/40/41

[Frequency 2]
GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/1700/1900/2100MHz
LTE FDD: 700/800/850/900/1500/1700/1800/1900/2100/2600MHz
LTE TDD: 1900/2300/2496-2690/2570-2620MHz

[Frequency 3]
GSM: 900/1800MHz
WCDMA: 900/2100MHz
LTE FDD: Bands 1/3/5/8
LTE TDD: Band 40

Frequency 1はドコモ回線にフル対応、ソフトバンク・ワイモバイルのバンドもフル対応、auバンドもフル対応となっております。※au回線は通信可能であるか検証が必要

価格は36,990インドルピー(約5.5万円)でインドで発売予定、日本での発表は未定となっています。今後公式ストアや各ネットショップで発売が予定されています。販路が分かり次第TwitterFacebookでお伝えします。

ソース

ページトップへ