1100-150 Xiaomi 14

OUKITEL WP19 Proのスペック・対応バンドまとめ!22,000mAhの怪物級バッテリーを持つ極厚タフネススマホ

OUKITEL WP19 Proの特徴やスペック、対応バンドをまとめたのでチェックしてみて下さい。こいつぁモンスターレベルの巨大バッテリーを搭載した頑丈なタフネススマホ!まさに男のロマンってやつが詰め込まれてます。

なお本モデルは前に発表されたOUKITEL WP19の上位グレードとなっており、見た目やSoCなど一部に変更が施されています。

▼WP19は編集長が実機レビューしているのでこちらも併せてチェックしてみてください!気になるデショ、電池持ちとか‥↓

ギャグレベルな化け物バッテリーを搭載する「OUKITEL WP19」のレビュー

OUKITEL WP19 Proの特徴

OUKITEL WP19 Proの特徴は以下の通り!

OUKITEL WP19 Proのハイライト

  • ミドルレンジ中位クラスのスペック
  • カラーはブラックの1色、頑丈な極厚巨大重量ボディ
  • 120Hzリフレッシュレート対応ディスプレイ
  • 暗視カメラを備えた3カメラ構成
  • 22,000mAhの超特大バッテリーを搭載

OUKITEL WP19 Proの詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

OUKITEL WP19 Proのサイズ・重量・カラー

  • 高さ:178.1mm
  • 横幅:84mm
  • 厚さ:29mm
  • 重量:570g

カラーはブラック系の1色展開です。

外観デザインはタフネスらしいイカつさと、カメラの周辺に赤いアクセントがあしらわれているのが実にイカしてますね。あと背面パネルもレザー調になっており見栄えの良さも感じられる。

タフネススマホなりの超耐久性も持ち合わせており、IP69K(水没・砂塵耐性に加えてお湯にも強い)とMIL-STD-810H(1.5メートルから落としても壊れにくい)等級も持ち合わせています。ケースなんていらんといわんばかり。

が、厚みと重量が相応に凶悪になっています。厚みは普通のスマホの2~3台ぶんもあるといえばその極厚っぷりがわかりやすいでしょう。銀河鉄道999に出てくるビフテキみたいにブ厚いです。

さらに重量も570gととんでもない重たさで、ここも普通のスマホ2~3倍に相当します。もはやスマホで500gとか正気の沙汰ではありません。10インチタブレットをも越してます。それゆえ片手での長時間操作は絶望的で、両手操作が基本となるでしょう。

とはいえここまで振り切れた厚みと重さは逆にタフネススマホ愛好家にとって逆に嬉しいポイントともとれます。ロマンがヤバいし、話のタネにもなりますからね。高耐久性と電池持ちのために特化してるっていうトレードオフを考えりゃあ筆者は許せる。

OUKITEL WP19 ProのSoCはHelio G99

  • SoC:Helio G99
  • メモリ:12GB
  • ストレージ:256GB

SoCは流行りのHelio G99を採用!無印ではG95(AnTuTu v9で36万点)だったのでこの点においてスペックアップを果たしていますね。

▼Helio G99についての動作をまとめた記事もあります。↓

Helio G99のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

メモリ(RAM)も12GB、ストレージも256GB(MicroSD対応)とこの点も文句なしのたっぷりサイズ。普段使いにおける動作のにぶさは心配なさそうです!

OUKITEL WP19 Pro(Helio G99)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだOUKITEL WP19 Proの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでHelio G99の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約400,000
  • ゲーム性能(GPU):約78,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OUKITEL WP19 Proのディスプレイ

  • サイズ:6.78インチ
  • 解像度:2,460×1,080
  • ディスプレイ:非公表
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイは大画面でFHD+級解像度を持ち合わせており十分なスペックという印象!タフネスでは珍しい中央パンチホール形状と最大120Hzリフレッシュレート対応ってのは魅力ですね。

OUKITEL WP19 Proのカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:6,400万画素
  • マクロカメラ:200万画素
  • ナイトビジョンカメラ:2,000万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

カメラはメインカメラが6,400万画素と高め!加えてサブカメラの1つにナイトビジョンカメラを搭載しているのが特徴。

▼これは赤外線を用いた特殊カメラで通常スマホにはない要素の1つ。完全暗所であってもこんな感じで丸見え!↓

OUKITEL WP19 Proのバッテリー・充電仕様

  • 容量:22,000mAh
  • 有線充電:33W
  • ワイヤレス充電:非対応
  • 逆充電:対応

500g超えというバカみたいな重量はこのバッテリーがとんでもなく大きいからなんすよね。容量は脅威の22,000mAh‥スマホ4~5台ぶんで、そこらのモバイルバッテリーすらにも匹敵あるいは凌駕するほどといえばわかりやすいでしょうか。

それゆえ電池持ちも凄まじく、高消費電力な動画再生も最長36時間再生まで対応。放置したスタンバイ状態でも2588時間(107日)ととんでもない電池持ちの良さ!

急速充電は最大33W対応!バッテリー自体が大きいため3時間で80%とかなり遅めなペースながら、電池切れのリスクがかなり減ることを考えれば苦にはならないでしょう。多分。

▼モバルバッテリーのような逆充電にもバッチリ対応しています。他スマホが充電切れになっても安心!というのもOUKITEL WP19 Proならではな魅力でしょう。というか右のスマホ懐かしい見た目してるな‥↓

OUKITEL WP19 ProのOS・機能

  • OS:Android 13

OSは一般的なAndroid 13を搭載しています。他社みたいに独自カスタマイズOSを組んでいないのでその点は留意しておきましょう。

▼ただタフネス特有のツールキットは対応しています。こういう分度器的なやつや騒音計とかがデフォで使えるので軽作業には使えそう!↓

OUKITEL WP19 Proの発売日・価格

OUKITEL WP19 Proの記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ12GB+容量256GB:399.98ドル(約6万円)

基本性能はしっかりしており超頑丈でバッテリーがとんでもなく大きいという他にはない魅力を備えている1台!個人的にはロマンを求めるなら要チェックといえる1台。

メインスマホとして使わずともサブスマホとしてもアリアリで、大容量バッテリー搭載ゆえモバイルバッテリー用途に見出すにもバッチリなスマホでしょう。

■OUKITEL WP19 Pro■

初出時価格→399.98ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

ページトップへ