「Pixel 6a」発表!Tensor搭載!コンパクトになり扱いやすくなったサイズ感も魅力!

Pixel 6a

Googleが新型スマホ「Pixel 6a」を発表!扱いやすいサイズ感になりながらも上位モデルと同じパワフルなTensorプロセッサを搭載するハイスペックモデル!

Googleは他にも初となるスマートウォッチ「Pixel Watch」も発表しています!

Pixel 6aの特徴

Pixel 6aの特徴は以下の通り!

Pixel 6aのハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • カラーは3色展開
  • 6.1型の有機ELディスプレイ
  • デュアルスピーカー
  • メイン+超広角の2カメラ
  • 4,410mAhバッテリー
  • FeliCa搭載

Pixel 6aは、2021年10月にリリースされたPixel 6/6 Proの廉価モデル!と言っても、上位モデルと同じプロセッサーを搭載するなど安価でありながらハイスペックなのが魅力!

▼カラーはグリーン系の「Sage」、ホワイト系の「Chalk」、ブラック系の「Charcoal」のバリエーションから選べますよ!↓

上位モデルの上質なデザインそのままに、本体サイズがコンパクトになりました!僕はPixel 6を使ってたんですが、かなり大きかったのでPixel 6aのサイズ感が羨ましい!

▼ディスプレイは6.1インチで横幅は71.8mmに。6は74.8mm、6 Proは75.9mmもあったので、かなり握りやすくなったはず!↓

そんなコンパクトになったPixel 6aですが、中身は超パワフル!スマートフォンの処理性能を左右するSoC(頭脳のようなもの)は、上位モデルの6/6 Proと同じGoogle製のTensorを搭載しているんです!

▼廉価モデルでも高性能チップを搭載してくれたのは嬉しい!もちろん上位モデル同様にTitan M2 セキュリティ コプロセッサも搭載していますよ!↓

▼参考程度に、上位モデルのAnTuTuはこんな感じ!十分ハイエンドといえる水準です!↓

Pixel 6 / 6 Pro

メモリとストレージ容量はこんな感じ!

  • Pixel 6a:メモリ6GB+容量128GB
  • Pixel 6:メモリ8GB+容量128/256GB
  • Pixel 6 Pro:メモリ12GB+容量128GB/256GB/512GB

Pixel 6aは廉価モデルってことでメモリの搭載量は少なめですが、それでも6GB。この水準であれば普段使いで困ることはまず無いのでご安心を!

保存容量は128GBでMicroSDは対応していないようなので、人によってはネックになるかも。このあたりは不要なアプリを消したりとメンテナンスが必要な感じですね。

ディスプレイは6.1インチで最近のスマホとしては割とコンパクト!ちなみに6は6.4インチ、6 Proは6.7インチ。大画面がほしいなら上位モデルも検討しましょう!

▼パネルは上位モデル同様に漆黒を表現できる有機ELを採用していますよ!↓

Pixel 6a

一方で、リフレッシュレートは6が90Hz、6 Proが120Hzに対応していましたが、Pixel 6aは廉価モデルってことで一般的な60Hzに留まっています。SoCがパワフルなので高リフレッシュレートには対応してほしかった!

スピーカーは上位モデルと同じくデュアルスピーカーを搭載!デュアルスピーカーはシングルスピーカーと比較して音の広がりが良く臨場感もアップするので嬉しい仕様ですね!

▼カメラはメイン+超広角で構成自体はPixel 6と同じ。6 Proに搭載されている望遠カメラは無し。↓

ズーム撮影はデジタルズームでなんとかなるし、メイン+超広角の組み合わせも使い勝手が良さげなんですが、仕様を見てみるとメインカメラが1,220万画素となり上位の5,000万画素カメラとは違うユニットが入っているみたいですね〜。

まあ、画素数が高ければ画質が良いってわけでは無いので、画質は実機での評価になってくるんですが、これまでのPixelシリーズもハードウェア性能を超える部分をソフトウェアで補ってきた実績があるので、個人的にPixel 6aのカメラ画質には超期待してます。

▼バッテリー容量は4,410mAh。上位モデル同様に24時間以上持続するバッテリー持ちを実現。↓

バッテリー容量自体は上位モデルより少ないんですが、ディスプレイがコンパクトでリフレッシュレートが一般的な60Hzと電池消費の少ない仕様だからなのか、スーパーバッテリーセーバーでは72時間までバッテリーが持つようです。ちなみに上位モデルは48時間なので比較的に伸びてますね。

スーパーバッテリーセーバーは電池もち優先のモードなので普段使いでこれだけ電池が持つわけではありませんが、基本水準の24時間以上の電池持ちをバッテリー容量が少ないのに実現できているのはGoodなポイントですね!

バッテリー周りは中々優秀なわけですが、廉価モデルってことで上位モデルでは利用できるワイヤレス充電には非対応。この点はご留意下さい!

▼その他、防水防塵はIP67、便利なFeliCaも搭載していますよ!↓

2022/05/13追記:Android Centralによると、不評が多かった上位モデルのPixel 6/Pixel 6 Proに搭載されていた指紋センサーはPixel 6aには搭載されず、異なる指紋センサーユニットが採用されたと報じています!

Pixel 6aの価格は53,900円

発売は2022年夏頃を予定しているとのことです!

上位モデルと比較すると廉価モデルらしさを感じる部分も結構あるんですが、快適性に直結するSoCが上位モデルと同じTensorを搭載していたり、使いやすいカメラ構成であったり、扱いやすいサイズ感であったり、とっても使いやすそうなスマートフォンだな、という印象です!

また、この性能で価格53,900円はなかなかリーズナブル!流石に中華スマホと比較するとアレですが、日本国内モデルとしては性能対価格のバランスも良いし、結構人気出そうな予感。

上位のPixel 6やPixel 6 Proは大きいし価格も高いし手を出しづらかった・・・そんな人は是非Pixel 6aをチェックしてみて下さい!

▼Pixel 6aの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Google Pixel 6a SIMフリー版のスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ