ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

POCOがXiaomiのサブブランドとして独立!POCO F2も発売されるかも?

こんにちは、tatsuです。今回のニュースはXiaomiのPOCOについて。

2020年1月17日にXiaomiのインド支社であるXiaomi IndiaのCEOであるManu Kumar Jain氏がXiaomiのサブブランドであったPOCOを独立したブランドとすることを発表しました。

以前発売されたXiaomi POCO F1やRedmiについておさらい

ひとまず、日本でも人気となったPOCO F1についておさらいしていこうと思います。

POCO F1についておさらい

Xiaomi Poco F1の実機レビューとスペック。仕様評価、価格、最安値まとめ

Xiaomi Poco F1/RAM6GB(Snapdragon 845)の実機AnTuTuベンチマークスコア

  • 約6.18インチFHD+(2246×1080)ディスプレイ
  • Snapdragon 845に6/8GB RAM、64/128/256GBのストレージ
  • 2000万画素AIフロントカメラ
  • 1200万画素+500万画素のAIデュアルリアカメラ
  • 液冷システム搭載

と、発売当時かなりのハイエンドな仕様でありながら、筐体をプラにするなどのコストカットを図り最安構成で470ドル(執筆時点のレートで約52,000円)台を実現していました。通常時でもかなり安いのですが、セール時では300ドルを割るなど更に安くなっていたこともあり日本でも結構売れていたスマホでもあります。

POCO F1は以前にガルマックスでも実機レビューを行い、いい意味で価格破壊スマホとして高評価していました。

Redmiも新ブランドとして独立していた

POCO独立

出典:XiaomiToday.it

昨年2019年にも、Xiaomiはサブブランドネームとして展開していたRedmiを独自のブランドとして独立させており、Redmi Note 8 ProやRedmi K20 Proなどの安いけども凝った構造やSoCを採用するいわゆる『コスパのいいスマホ』を多数輩出してきました。

結果はXデイの2月24日までのお楽しみ!

実は、一週間ほど前の2020年1月11日にPOCOシリーズの新型とされる書類が確認されています。

今回のXiaomi India CEOの発表はPOCO F2の発売に向けてのものと推測されますし、F1の成功を受け、F2を発売する機会にサブブランドとして独立させることで、ターゲットであるインドなど新興国でのシェア拡大をにらんだものと思われます。

これから様々な情報が出てくると思うので、続報が入り次第TwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ