PS5がUSB拡張ストレージにゲームを保管可能に!新調するなら10GbpsのSSDが良さげ!

PS5が2021年4月14日に大型アップデート!今回のアップデートでPS5タイトルゲームをUSB拡張ストレージに保管できるようになります!

PS5タイトルはUSB拡張ストレージに「保管」できるようになる

これまでPS5もUSB拡張ストレージが利用できたのでPS4のタイトルに限っては外付けSSDなどにインストールすることが可能でしたが、PS5のタイトルは内蔵SSDのみでUSB拡張ストレージには移動もインストールもできない状況でした。

今回のアップデートではPS5のタイトルが「保管」が出来るようになります!

本機能によって、PS5のタイトルを本体ストレージからUSB拡張ストレージへと移行することが可能です。移行したゲームを再度プレイしたいときは、もう一度本体ストレージにデータをコピーすることでプレイできるようになります。

PS5™の4月アップデート:ストレージオプションの追加やソーシャル機能が追加!

その他、PS4とPS5でのシェアプレイにも対応。PS5のゲームプレイ映像をPS4のユーザに共有したり、PS5のゲームをPS4ユーザが試すなどの使い方が可能に!

PS5ゲームデータの「保管」は出来るけど「インストール」はできない

今回のアップデートでPS5タイトルがUSB拡張ストレージに保管できるようになるんですが、「保管」であって「インストール」はできません。

PS4ではUSB拡張ストレージをインストール先として指定できるので、外付けSSDに入れたゲームもプレイできましたが、PS5タイトルではダウンロードしたゲームデータの保管のみです!

つまり、PS5のゲームをUSB拡張ストレージへ移動した場合、ゲームはプレイできません!

では、何が今回のアプデで良くなったかと言いますと、ゲームの再ダウンロードが必要なくなる点です!

PS5の4K解像度タイトルは1本で100GBを超える場合もあり、ゲームを削除した場合、もう一度遊びたいときは大容量のデータを時間をかけて再ダウンロードしなければなりません。

USB拡張ストレージにゲームデータを移動しておけば、データ自体は既に手元に保管している状態なので再度遊びたいときはPS5の内部SSDにコピーしてインストールするだけ。データを再度ダウンロードするより圧倒的に早いのです!

ちなみにPS5にUSB拡張ストレージを活用する場合

  • PS4のタイトルはインストールできる(これまで通り)
  • PS5のタイトルは保管できる(新たにできるようになった)

こんな感じです!

PS4で使ってたUSB拡張ストレージも使えるけど、新調するなら10GbpsのSSDがオススメ!

PS4では最大5Gbpsの転送速度に対応していたのですが、PS5はUSBポートがUSB 3.1 Gen2に刷新されていて最大10Gbpsの転送速度に対応しているのです!

PS4で使っていたUSB拡張ストレージはそのまま利用できますが、PS5タイトルはゲームデータの容量も多いので素早く転送できる10Gbps対応のSSDが良さげです!

もちろん価格も高くなるのでコスパ重視なら5Gbpsでも全然問題ありません!(執筆時点ではゲームをインストールするわけじゃないですからね!)

ちなみにPS5は20GbpsSuperSpeed USB 20Gbps(USB 3.2 Gen2x2)製品も使えるんですが、USBポートはUSB 3.1 Gen2なので転送速度が10Gbps止まりになるので注意!

その他の注意点は、容量は250GB以上8TB以下まで、USBハブ経由では使えません!また、USB 3.1 Gen2のUSBポートは本体背面に2つ備わっているので、ドライブは背面USBポートに接続しましょう!

PS4用で既にUSB拡張ストレージを持っていて新調を考えている方は、PS5は2つ以上USB拡張ストレージに対応していないので利用できるのは1台のみなので注意!

ページトップへ