1100-150 Xiaomi 14

Redmi 13R 5G発表!Dimensity 6100+搭載モデルが出た!

2023年7月に発表されたばかりのMediaTek Dimensity 6100+を搭載したスマートフォン「Redmi 13R 5G」が中国で発表されましたよ!執筆時点では日本ではアナウンスされていません!

Dimensity 6100+搭載のRedmi 13R 5G

Redmi 13R 5Gの注目ポイントはSoC。2023年7月に発表された新型SoC「Dimensity 6100+」を搭載!

▼気になる性能なんですが、nanoreview.netによると総合スコアが414,159点、GPU性能は63,965点、UXは102,878点とのこと。↓

MediaTek Dimensity 6100 Plus – nanoreview.net

スコア的にはRedmi 12 5Gに搭載されているSnapdragon 4 Gen 2とよく似てます。ちなみにSnapdragon 4 Gen 2は4nmでDimensity 6100+は6nmプロセスルールで製造されてます。

立ち位置としては新世代のエントリーSoCと同じような感じですね。操作の快適性を示すUXスコアは10万点を超えると快適とされてるんですが、これはクリア。性能的にゲーム以外の一般用途(WEBサイト閲覧、動画視聴、SNSなど)であれば十分ぽい。

SoC以外の部分は結構エントリーな感じで、6.74型のディスプレイは90Hzに対応しているのはGoodなんですけど解像度はHD+だし、カメラも5,000万画素カメラ一発といった感じでお値段は999元(約2万円)となってます。

これはグロ版とか出るのかな?なにか続報が入ったらX(旧Twitter)FacebookThreadsでお伝えするのでフォロー宜しくです!スペック表も作っといたんでチェックしてみて下さい!(公式サイトはスペック表の一番最後にリンクがあります!)

製品情報
端末名 Redmi 13R 5G
発売年 2023年12月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド Redmi
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 5 / 8
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1 / n5 / n8 / n41 / n28A / n78
Wi-Fi 2.4Ghz / 5Ghz
Bluetooth バージョン:5.3
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.74インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:ノッチ(水滴)
最大リフレッシュレート:90Hz
最大タッチサンプリングレート:180Hz
解像度 解像度:1,600×720
画素密度 260ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ:168.05mm
横幅:77.91mm
厚さ:8.19mm
重さ 195g
本体色 ブラック系、グリーン系、パープル系
システム仕様
OS MIUI 14
Androidベース
CPU(SoC) MediaTek Dimensity 6100+
AnTuTuベンチマーク

総合スコア:約410,000
GPUスコア:約64,000
(AnTuTu v10参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード 非公表
カメラ
背面カメラ シングルカメラ
①5,000万画素(メイン)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ 水滴ノッチ式インカメラ
画素数:500万画素(メイン)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:対応
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:対応
光センサー:対応
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:非公表
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック あり
NFC 非公表
バッテリー
バッテリー容量 5,000mAh
充電 有線充電:18W
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【公式サイト】Redmi 13R 5G – mi.com

ページトップへ