ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ソフトバンクの2019夏モデル(スマホ)の発売日、価格まとめ!

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

ソフトバンクの2019年夏モデル

ソフトバンクの2019年夏モデルについてまとめています。ラインナップはハイスペックモデルが2種類、ミドルスペックモデルが3種類の計5種です。

↓ドコモの2019夏モデルは以下の記事でまとめています!↓

↓auの2019夏モデルは以下の記事でまとめています!↓

半額サポートで負担感を軽減

ソフトバンクの2019年夏モデルは半額サポート対象

ソフトバンクでは「ミニモンスター」「ウルトラギガモンスター+」といういわゆる分離プランを導入しており、従来の月々割は事実上廃止されている形です。

そこで、少しでも負担感を減らすための施策として「半額サポート」というものがあります。スマホを48回分割支払いで購入して、機種変更するときにそのスマホを返却すれば最大24回分の支払いが免除されるというものです。

対象となる機種はiPhoneを含むミドルハイスペック以上のモデルで、48回分割支払いで購入すると申し込み不要で自動適用されますが、もちろん2年後に返却するかどうかは自由です。

今回の記事では半額サポートを適用した時の実質負担額も合わせて紹介します。

半額サポートの詳しい内容は以下からご確認下さい!

ハイスペックモデルは2種

ハイスペックモデルは3大キャリアで最少となる2種です。

ここから紹介する2機種はいずれもSnapdragon 855という最高性能のSoC(スマホの脳みそにあたる部分で処理能力に大きく関与します)を搭載しており、PUBGモバイルや荒野行動(Knives Out)といった重量級の対戦ゲームをプレイする人にもオススメできる機種です。こちらの2機種は半額サポートの対象です。

SONY Xperia 1の発売日と価格

SoftBankのSONY Xperia 1の発売日と価格

日本ではお馴染みのXperiaの最新フラッグシップモデルです。世界初となる4K有機ELディスプレイは21:9の超縦長サイズで映画鑑賞によさそうです!

  • 発売時期→6月中旬以降
  • 価格→136320円(48回分割支払いだと一回あたりの支払い額→2840円)
  • 半額サポートを適用した時の実質負担額→68160円

↓予約・購入は待ち時間なしのオンラインショップがオススメ!↓

SHARP AQUOS R3の発売日と価格

SoftBankのSHARP AQUOS R3の発売日と価格

10億色の表現力とリフレッシュレート120Hzで有機ELにも負けない美しさのPro IGZOディスプレイが魅力の一品です。

  • 発売時期→5月下旬以降
  • 価格→113760円(48回分割支払いだと一回あたりの支払い額→2370円)
  • 半額サポートを適用したときの実質負担額→56880円

↓予約・購入は待ち時間なしのオンラインショップがオススメ!↓

これから人気が出そうなミドルハイスペックのモデルも

ミドルハイスペックは最近いろんなメーカーが力を入れているクラスです。

ミドルスペックとハイスペックの中間くらいで、Androidによく使われるSnapdragonというSoCで600番代後半〜700番代が搭載されているものが該当します。

処理能力的にはiPhone6s、7に近く、よほど重い処理を必要とするゲームをしない限り快適に使えるけど、価格はそこまで高くないというちょうどよさが注目されている価格帯です

今回ソフトバンクがラインナップしたのはGoogle謹製のPixel 3aです。こちらは半額サポートの対象になります。

Google Pixel 3a/3a XLの発売日と価格

SoftBankのGoogle Pixel 3a/3a XLの発売日と価格

Googleが得意とするソフトウェア面でのクオリティの高さは維持しつつハードウェアでのコストカットでPixel3の半額近い価格を実現した一品です。とはいえSoCにはSnapdragon670を使用しており処理能力も結構高いです。カメラも妥協されてません。イヤホンジャックもあるのでかなり売れそうな予感がしてます。Pixel 3a XLはサイズ違いでバッテリー容量以外の大きな相違点はありません。

↓Pixel 3a↓

  • 発売時期→発売中
  • 価格→57120円(48回分割支払いだと一回あたりの支払い額→1190円)
  • 半額サポートを適用したときの実質負担額→28560円

↓予約・購入は待ち時間なしのオンラインショップがオススメ!↓

↓Pixel 3a XL↓

  • 発売時期→発売中
  • 価格→67680円(48回分割支払いだと一回あたりの支払い額→1410円)
  • 半額サポートを適用したときの実質負担額→33840円

↓予約・購入は待ち時間なしのオンラインショップがオススメ!↓

スタンダードモデルは2種類

先ほど紹介したミドルハイスペック機種よりもランクは落ちますが、LINEやメール、その他SNSの閲覧がメインなら不自由のない性能です。まだ詳細な価格は明かされていませんが、Pixel 3aよりも低価格であると予想されます。半額サポートは対象外となります。

富士通 arrows Uの発売日と価格

SoftBankの富士通 arrows U

Googleアシスタント専用キーを搭載していたり、「使いこなしガイド」というはじめてスマホを持つ人向けの機能があります。

  • 発売時期→6月中旬以降
  • 価格→未発表(6月上旬以降予約開始)

LG K50の発売日と価格

SoftBankのLG K50の発売日と価格

3500mAhの大容量バッテリーと6.26インチの大画面が特徴です。節電機能もあります。

  • 発売時期→7月上旬以降
  • 価格→未発表(6月下旬以降予約開始)

まとめ

今回のソフトバンクのラインナップは個性的なモデルというよりは定番モデルが多いように感じます。

また、上記の価格は消費税8%における価格なので10%に引き上げられるとその分値段は上がります。

執筆者が個人的にオススメなのはGoogle Pixel 3a XLです。3大キャリアで大きい方のサイズの取り扱いはソフトバンクだけですし半額サポートでの実質負担は4万円を切ります。が、スマホの好みは人それぞれです。

どんなスマホがしっくり来るかは触ってみないとわかりません。ソフトバンクショップで展示がされているので是非一度実機を触ってみてくださいね!

↓ドコモの2019夏モデルは以下の記事でまとめています!↓

↓auの2019夏モデルは以下の記事でまとめています!↓

ページトップへ