1100-150 Xiaomi 14

支払い期間短縮で負担額が減った!ソフトバンク「新トクするサポート(バリュー)」発表

ソフトバンクから新プログラムの新トクするサポート(バリュー)が発表されました!既存のトクするサポートとは何が違うか見ていきましょう。

実質負担額がより下がった新トクするサポート(バリュー)

今回発表された新トクするサポート(バリュー)は「スマホを分割払いするけど、途中で返却すると残債が無くなるタイプの契約」なんですが、従来の「新トクするサポート」よりも支払回数が短くなったものとなっています。12月27日より提供開始!

▼ソフトバンクからのリリースは以下の通り。機種代金の支払いが最短1年・12回払いってのがミソ。↓

従来の「新トクするサポート」では機種代金の支払いが最短でも2年間(24回分)必要ですが、「新トクするサポート(バリュー)」では機種代金の支払いが最短で1年間(12回分)で済みます。これにより、短期間での新しい機種への買い替えが、よりお得にできるようになります。

機種代金の支払いがお得になる新プログラムを、12月27日に“ソフトバンク”で提供開始~対象機種を48回払いで購入すると、最大36回分の機種代金の支払いが不要に~ – softbank.jp

これまでのシステムでは48回払いで契約して最低2年使って返却すると残債の支払が不要でしたが、こちらの新トクするサポート(バリュー)はそれが最低1年で返却可能、支払回数も12回と半分になっています。なので短期間でのスマホ買い替えがより行いやすくなっています。

なお、これまでの返却必須プログラムと同じく、加入時期によって支払総額が変わるのでその辺は注意しましょう!端末を購入と同時に加入しとくとベター。

対象機種は以下の通り。出始めたばかりとはいえラインナップはめっちゃ乏しい。

  • iPhone 14(128GB版)
  • Google Pixel 8(128GB版と256GB版)
  • Xiaomi 13T Pro
  • motorola razr 40s

型落ちですが人気のiPhoneも対象となっています。迷ったらこれ的な選択肢か。

あとは比較的小型で扱いやすいPixel 8、神ジューデンとして売り出されてるハイエンドのXiaomi 13T Pro、そして折りたたみスマホのrazr 40sがあるのもGood。折りたたみスマホは耐久性の点が懸念されますが、個人的にはどれもなかなかいいチョイスしたなと思えます。

なお適用条件は「対象機種を48回払いで購入すること」となっています。

また注意点としては回収する段階でソフバンの査定条件を満たさない(破損など)場合は最大22,000円の別途支払いが必要とのことです。取り扱い注意。

既存のトクするサポートは名称変更へ

なお、このプログラムの登場に伴い、既存の「新トクするサポート」は名称が変わり「新トクするサポート(スタンダード)」になっています。

なので現時点では

  • 新トクするサポート(バリュー)→4年払い、最短1年で返却可
  • 新トクするサポート(スタンダード)→4年払い、最短2年で返却可

の2つのプログラムが存在してる状態となります。

一見するとバリュータイプのが返却時期的な意味では有利ですが、対象端末はスタンダードのほうが非常に多いので一概な比較にはならなさそう。

多分ソフバン側としてはイチオシしたい機種(あるいは在庫処分?)をバリュータイプの条件にしたいのだろうか?あくまで筆者の推測に過ぎませんが。

短スパンで機種変えたい人ならアリ

気になるスマホがあればこの新トクするサポート(バリュー)を活用することも検討してみましょう。特にハイエンドなXiaomi 13T Proやなかなか手が出なかった折りたたみスマホを安く使うには絶好のチャンスでしょうし(`・ω・´)。

そういえば、もともとこの手の施策には総務省から規制がぶっこまれた(しかも12月27日施行)んですが、早速その抜け道っちゅうか‥搦め手をうまく使ってきたような気がしなくもない。

とはいえ、コスト高騰化に伴い端末価格もバカにならんご時世(そしてウルトラ不況)なので、こういった選択肢が用意されるのは喜ばしいと言えます。

ページトップへ