ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SoundPEATS Nano6 ボイスレコーダーのレビュー!超小型で高品質!

SoundPEATS Nano6

Bluetoothイヤホンやスピーカーを数多くリリースするSoundPEATSさんから、最新のボイスレコーダーNano6をご提供頂きました!感謝御礼!

僕は普段からボイスレコーダーを持ち歩いているのですが、Nano6はコンパクトで超軽量、そして音質が良い!さすが、SoundPEATS製と感じた品質でしたよ!

実際に「SoundPEATS Nano6」を利用して気がついた点やメリット・デメリットを詳しく実機レビューでお届けします!

▼価格は6,990円。Amazonでの評価は★4.5の高評価モデル!利用した限り僕は1万円のボイスレコーダーに匹敵する外観・機能・録音性能を兼ね備えているなと感じました。価格は変動するのでリアルタイム価格は以下からチェックをどうぞ!↓

SoundPEATS Nano6のメリット・デメリット

[良かった]

  • 完全日本語対応
  • 超高音質
  • マイク感度を調整出来る
  • スティックタイプでコンパクト
  • 安っぽさの無いメタルボディー
  • ディスプレイはバックライト付き
  • 特定の範囲をリピート再生出来る

[気になった]

  • 小型故に画面が小さい

SoundPEATS Nano6の付属品をチェック

▼クリアパッケージに入って手元に届きました。↓

SoundPEATS Nano6は透明のケースに入って届きました。

裏面にはバッチリ日本語で仕様が記載されています。

SoundPEATS Nano6の外箱背面には日本語で仕様表が記載されています。

取扱説明書は完全日本語版

▼付属していた取扱説明書は完全日本語版が付属しています。

SoundPEATS Nano6には完全日本語取り扱い説明書が付属しています。

取扱説明書の日本語に不自然さはなく、使い方・機能などが分かりやすくて非常に好感的でした。SoundPEATSは海外メーカーさんですが日本市場に力をいれている証拠ですね。非常に宜しい。

充電&データ転送用のケーブルは太い

▼SoundPEATS Nano6は本体の充電や録音データのPC取り込みに利用できるMicro USBケーブルが付属しています。独自端子ではなく汎用性の高いMicro USBケーブルで充電出来る仕様は凄くGood!

SoundPEATS Nano6には充電用のMicroUSBケーブルが付属していますが固くて太いです。

ケーブルは耐久性が高そうですが、太くて硬いので取り廻ししにくいです。付属のMicro USBケーブルは端子がロングタイプではない通常タイプなので他のケーブルを使っても問題ありません。

持っていた方が便利なアイテム

SoundPEATS Nano6はイヤホンジャックを搭載しているのですが、録音データを聴く為のイヤホンは付属していません。取材後の移動中に録音データから書き起こすときは有線イヤホンを持っておくと便利ですよ。

SoundPEATS Nano6の外観をチェック!

この項目ではSoundPEATS Nano6の外観をチェックしています!

コンパクト&軽量でかさばらない

手にもつとこんなにコンパクト。

SoundPEATS Nano6は非常にコンパクトです。

▼単三電池を大きさ比較の為に並べてみました。凄く小さい!

SoundPEATS Nano6と単三電池を並べて見ました。大きさ比較です。

▼幅がスリムなのでバッグの少し大きめのペン入れにもスッポリ。↓

SoundPEATS Nano6はバックの少し大きいペン入れにもすっぽり入ります。

重量はたったの57グラム。これだけ軽量でコンパクトだとポケットに入れても邪魔になりません。↓

SoundPEATS Nano6の重量は57gです。

高品質なメタルボディー

本体は高級感の高い高品質なメタルボディー。僕はビジネスで利用する時に機能だけでなく見た目にも拘りたいので超気に入っています。↓

SoundPEATS Nano6は高品質で質感の良いメタルボディーを採用

▼マイク部分はシルバー。黒とシルバーの美しい配色も気に入ってます。↓

SoundPEATS Nano6のマイク部分はシルバーで落ち着いたカラーリングがGood。

360°全方位の音を拾うマイク

▼本体上部には360°全方位の音をキャッチできる高性能なマイクが備わっています。

SoundPEATS Nano6は本体上部に360°で集音できる高性能マイクを内蔵しています。

バックライト付きディスプレイ

▼小型ながらバックライト付きディスプレイを備えています。↓

SoundPEATS Nano6は小型ながらバックライト付きのディスプレイを備えています。

大きく扱いやすいボタン

▼ディスプレイ側には一時停止/再生ボタン、Menuボタン、録音開始・保存ボタン、下部には録音データを聴くことの出来るスピーカーが備わっています。↓

SoundPEATS Nano6の正面

▼本体の右側面にはイヤホン端子、電源スイッチ(ホールドスイッチ)、送り/戻しボタン、音量(マイクボリューム)ボタン。↓

SoundPEATS Nano6の右側面

▼本体の左側面にはノイズカットボタン、録音/音楽切り替えスイッチ、リセットボタン、Micro USB端子が備わっています。↓

SoundPEATS Nano6の左側面

▼背面には主要スイッチの名称が書かれているのもGood。↓

SoundPEATS Nano6の背面には各ボタンの機能名が記載されています。

SoundPEATS Nano6の実機を使ってみた!

この項目では実際にSoundPEATS Nano6を利用して気がついた事をまとめてます!

最高音質でも12時間の長時間録音が可能

本記事で紹介しているモデルは保存領域が8GBの安いモデルなのですが、WAVフォーマット(1536Kbps)の最高音質で720分(12時間)の長時間録音が可能。

各録音時間は以下の通り

  • 最高音質(WAV:1536Kbps)/720分
  • 高音質(MP3:128Kbps)/8730分
  • 中音質(MP3:64Kbps)/17460分

これだけの長時間録音が出来るので、2時間前後の会議はもちろん、長時間のセミナーや習い事なども丸ごと録音できてしまいます。

充電しながら録音出来るのでバッテリー切れの心配なし

大昔に使っていた安物のボイスレコーダーは充電中は録音が出来ないという面倒くさい仕様だったのですが、SoundPEATS Nano6は充電しながら録音出来て超絶Good!

▼MicroUSBケーブル経由で充電できるので、モバイルバッテリーからも充電できます。ボイスレコーダーの充電忘れた!って時でも安心。↓

SoundPEATS Nano6はモバイルバッテリーなどからも充電可能。充電中も録音が可能です。

ディスプレイは小さいので視野性は高く無い

本体が小さいので搭載されているディスプレイもコンパクト。表示されている事は勿論読めるのですが、文字が非常に小さいです。

▼僕がこれまで利用していたボイスレコーダーと並べてみました。SoundPEATS Nano6は本体がコンパクトなのですが画面はこれだけ小さいです。↓

SoundPEATS Nano6のディスプレイは本体が小さいので画面も小さいです。

誤動作を防ぐホールドモードでポケットやカバンに入れていても安心

▼電源ボタンは上部側にスライドすると他のボタン操作を受付けないホールドモードで利用できます。↓

SoundPEATS Nano6の電源ボタンを上方向にスライドするとホールドモードに推移します。

▼ホールドモード中はディスプレイに鍵マークが一定時間表示されるのでモード推移も分かりやすくなっています。↓

SoundPEATS Nano6がホールドモードに推移すると鍵マークが一瞬表示される

ボイスレコーダーを胸ポケットやカバンに入れて録音する場合の誤作動を防いでくれるので便利。忍ばせ録音もバッチリです。

特定範囲を簡単にリピート再生出来る

録音した一定範囲をリピート再生出来るABリピート機能が凄く便利!

使い方も超簡単で、録音した音源再生中にMenuボタンを押すとスタート時点が「A」に登録され、リピートを終了したいところでサイドMenuボタンを押すと終了時点「B」に登録。あとはA⇔Bでリピート再生が可能となります。

英会話レッスンで習得したい部分の発音をピンポイントで繰り返し再生したり、会議で聞き取りにくかった部分を何度も再生して正確な書き起こしを行うなど便利に利用できますよ。

マイクの感度を20段階で設定できる

発表会にセミナーやレッスンなど、録音したい音源から離れている場所に着席した時に切りなるのが「肝心な音を拾えているか」ということ。

SoundPEATS Nano6は20段階でマイクの感度を簡単に調整可能なので、録音対象から少々離れていてもガッツリ音を拾ってくれます。

とにかく高音質。ノイズの少なさはピカイチ

集音性能が高いのでガヤガヤしたところではノイズも拾ってしまうのですが、本体の左側面に備わっているノイズカットスイッチをオンにすることでガヤガヤしたノイズをスッと除去してくれます。

▼静かな場所で利用すると”やや篭った音質”になったので、メーカーもシチュエーションに合わせてオン・オフ出来るように設計したのでしょう。↓

SoundPEATS Nano6はガヤガヤしたノイズも強力にカットすることが出来る。

状況に合わせて設定する必要があるのですが、非常にクリアに録音出来たのでガヤガヤした場所で録音する事の多い方は是非活用してみて下さい!

PC取り込み時のファイル名が分かりやすい

▼PCに接続するとディスプレイの表示が切り替わりました。↓

SoundPEATS Nano6はPCに接続すると中のデータにアクセス可能です。

▼ファイル名は録音日時(時間は録音開始時)となるので、複数の企業さんとの打ち合わせや習い事での利用でも後からファイルを見つけやすくてGoodですね!↓

SoundPEATS Nano6で録音したファイルは録音日時で表示されるので管理がやりやすい

PC接続時は録音が出来ないので注意

SoundPEATS Nano6はMicro USB経由で充電できるのですが、PCに接続するとPCモード中となって接続中は録音が出来ませんでした。

という訳で外出時は万が一のバッテリー切れに対応するためにモバイルバッテリーを持ち歩きましょう!

実際にSoundPEATS Nano6

▼実際に最高音質&ノイズカットで録音してみました!これだけの音質で12時間録音出来るのは凄い!!!※音が出るので音量注意!

凄くクリアに録音できてますよね!これだけハッキリ録音出来るので是非ビジネス用、セミナー用、習い事用などに活用して下さい!

SoundPEATS Nano6の総評・まとめ

価格は6,990円。国産モデルはエントリーモデルでも8,000円~ですが、僕が利用した限り、SoundPEATS Nano6は国産のミドルレンジである1万円前後の製品に匹敵するパフォーマンスです。

見た目もスタイリッシュ、扱いやすい機能群、そして、高音質。これで5千円台なのだからコスパの高さも凄いですよね。

是非、ボイスレコーダーを検討されている方はSoundPEATS Nano6を選択肢の1つとして検討してみて下さいね!

SoundPEATS製品は非常に高品質な製品を沢山リリースしており、ガルマックスでも多数の製品を実機レビューしているので品質の高さはピカイチですよ!

購入は以下からどうぞ!(価格は6,990円。価格変動するので以下からリアルタイム価格をチェックして下さい。)

ページトップへ