ワイモバイル バナー ヘッダー

折り畳みスマホ!Microsoft「Surface Duo 2」発表!日本でも2022年前半に発売予定!

Surface Duo 2

Microsoftが新型スマホSurface Duo 2を発表!折り畳み可能なスマホの新型モデルが2年ぶりに登場!日本での発売は2022年前半!

Surface Duo 2の特徴

Surface Duo 2の特徴は以下の通り!

Surface Duo 2のハイライト

  • ハイエンドクラスのスペック
  • 折り畳み可能なボディ
  • 高品質な有機ELディスプレイを2枚搭載
  • カメラを3基搭載!

Surface Duoの搭載しているSoCはSnapdragon 888と発表時点で頂点のモデル。メモリも8GB搭載とゲーミングスマホまでいかないまでもハイエンドとして十分な搭載量です。

Micro SDスロットに関しての記載がないのでMicro SDに関しては非対応だと思われますが、ストレージは128GB、256GB、512GBの3種類が用意されているので、ニーズに応じて選べちゃいますよ!

また、Surface Duo 2から念願の5GやWi-Fi 6にも対応。前モデルのモバイルデータ通信機能はLTE止まりだったので、しっかりと通信周りも強化してきた印象です。

▼Surface Duo 2の特徴はなんといっても折り畳み可能なボディ。Galaxy Zシリーズのようなディスプレイ自体が折り畳める構造ではなく、ヒンジで開け閉めする方式と初代Surface Duoから続投するベーシックなスタイルを踏襲。↓

Surface Duo 2

ディスプレイが折り畳めるモデルと比べると堅実性は高く、価格の上昇もある程度抑えられると思いますので、2021年の折り畳み端末としても堅実だなと感じました。

▼ディスプレイを2枚採用することにより、OutlookでメールチェックしつつカレンダーのTo Doリスト編集ができたりとマルチタスクに強い構造に仕上がっています。結構便利そう!↓

Surface Duo 2

ペンにも対応しているので、片方のディスプレイでリモート会議をしつつ、もう片方のディスプレイで予定やメモの書き込みができたりするので、仕事での利用も便利そう!

▼Surface Duo 2では折り畳んだ際でも隙間から通知が来たのを確認したり充電中の表示が見れたりと利便性がさらに向上しているのも嬉しい点です!↓

Surface Duo 2
通知が来た際の表示
Surface Duo 2
充電中の表示

▼ボディカラーはグレイシア、オブシディアンの2色を用意。ブラックとシルバーのベーシックなバリエーションですが、ビジネスでも違和感なく使える場所を選ばないカラーリングだと思います。↓

Surface Duo 2

Surface Duo 2のディスプレイは1画面が5.8インチの解像度1,892×1,344 (画面比率13:9)の有機ELディスプレイ。2枚合わせると実質的に8.3インチの解像度が2,688×1,892ディスプレイとなります。

色域もsRGB 100%にDCI-P3に対応した広色域でリフレッシュレートが可変型の最大90Hzの滑らか表示に対応。明るさも最大800nitとかなり高品質に仕上がっています。この点も前モデルより格段にグレードアップしたポイントですね!

▼初代Surface Duoに無かったもの。それは背面カメラなんですが、Surface Duo 2ではトリプルカメラを搭載。レンズは広角、望遠、超広角のベーシックな組み合わせです。↓

Surface Duo 2

ズーム機能も3種類のカメラを全て使い、0.5 倍~10倍の間でズームインしつつ、光学式手ブレ補正で焦点を維持する事が可能。その他ナイトモードやポートレートなど必要なモノは一通り揃っている印象を受けました。

初代Surface Duoからブラッシュアップしてきた印象

Surface Duo 2

日本での発売日は2022年前半。

初代Surface Duoはアメリカなど一部地域のみでの展開で日本では正式販売されていないモデルでしたが、今回は日本でも発売されるようで折り畳みスマホ好きの方も一安心。

アメリカでは10月5日に1,499.99ドル(約16.5万円)からと良いお値段ですので、日本での販売時の価格もそれくらいの設定だと思われます。

初代Surface Duoはソフトウェア面での作り込みが甘いとの評価が上がっていましたので、2年のブランクを経て発売されるSurface Duo 2はその辺りの調整が上手くいっていることを期待しています!

▼Surface Duo 2の詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

ページトップへ