TCL TABのスペックまとめ!Snapdragon 665搭載!8インチで約2.1万円のタブレット

 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

TCL TAB

TCLより新型ミドルレンジタブレット「TCL TAB」が登場!使い勝手とトータルバランスに優れたスペックで価格も手頃で魅力満載!スペックおよび特徴をチェックしてみましょう!

TCL TABの詳細なスペック(仕様表)

TCL TABは2020年10月に発売されたTCLのAndroidタブレットです。

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 TCL TAB
型番/別名 9048S
発売年 2020年8月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー TCL
備考 LTE対応
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G UMTS:1 / 2 / 4 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:2 / 4 / 5 / 12 / 13 / 66
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMサイズ・スロット シングルスロット(Nano SIM)
ネットワーク関連備考 VoLTE非対応
VoWiFi非対応
本体仕様
ディスプレイ 8インチ/IPS液晶/画面占有率非公表
解像度 1,920×1,200(WUXGA)
画面比率 16:10
画素密度 283ppi
サイズ 高さ:209.3mm
横幅:125.3mm
厚さ:8.7mm
重さ 326g
本体色 ブラック系
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 665
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約170,000点
GPUスコア約33,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応(最大256GB)
※独立スロットあり!
カメラ
メインカメラ シングルカメラ
画素数:8MP
オートフォーカス:対応
手ブレ補正:対応
動画撮影形式:1080P/30FPS
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:5MP
特性:FF(Fixed Focus)フォーカス
動画撮影形式:720P/30FPS
機能仕様・センサー
GPS A-GPS
センサー 指紋認証(側面)、ジャイロセンサー
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
NFC 非対応
その他機能 スピーカータイプ:シングルスピーカー
バッテリー
バッテリー容量 5,500mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:対応(有線)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

TCL TAB 9048S

スペック表に関する免責事項

SoCはSnapdragon 665!普段使いなら快適な性能帯

TCL TABは発売時点でミドルレンジド真ん中クラスの性能を持つSnapdragon 665を搭載!普段使いに困らないサクサク感を備えており、日常使いで困ることは少ないスペックとなります!重量級のゲームや動画、写真編集アプリの運用は厳しいので注意!

容量はメモリ(RAM)が2GBと3GB、保存容量(ROM)は16GBと32GBの2通りがございます!メモリ(RAM)に関しては最低でも3GBは欲しい水準なので、普段使いでより快適さを求めるのであれば3GB版がオススメ。

TCL TAB(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

まだTCL TAB実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Snapdragon 665の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):170,000点
  • ゲーム性能(GPU):33,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

欠けなし、真四角の8インチディスプレイを搭載

▼TCL TABのディスプレイは大きさが8インチ、解像度は1,920×1,200(WUXGA)、材質IPS液晶となっております!↓

TCL TAB

タブレットながらもやや小ぶりなサイズなので、動画視聴といったエンタメでは迫力十分ながらも、頻繁に持ち運びをする際の取り回しの良さ、いわゆる携行性に重きをおいている印象す!

側面式指紋センサー搭載!使い勝手バッチリ

▼TCL TAB側面の電源キーは指紋センサーとの共用タイプを搭載しております!タブレットながらも指紋センサーを採用したことで使い勝手がグッと向上しているのは嬉しいポイントですな。パターンやパスワードの入力に煩わせられることもなく快適。↓

TCL TAB

オートフォーカス対応のリアカメラにビデオ通話向きなインカメラを搭載

▼TCL TABのカメラは800万画素のシングルカメラを搭載!オートフォーカスに対応しており、記録撮影用途においては十分な使い勝手といえるでしょう!↓

TCL TAB

▼フロントカメラはFFフォーカスタイプで、画素数は500万画素となっております!オートフォーカスではないためチラつきとかが起こりにくい意味でも、画像のようにビデオ通話向き。テレワークのお供にもなれそう。↓

TCL TAB

5,500mAh大容量バッテリーを搭載!逆充電もできる

▼TCL TABのバッテリー容量は大容量クラスである5,500mAhとなっており、電池もちにはなかなか期待できるスペックとなっております!急速充電は18Wに対応しており、大容量ながら充電の速さも魅力的!↓

TCL TAB

さらに、TCL TABから他のデバイスに逆充電できるリバースチャージ機能も搭載!TCL TABをモバイルバッテリー代わりとしても使えるので、実用性はバッチリ!

TCL TABはLTE対応だけど国内回線には非対応

TCL TABはLTEに対応しており、対応バンド(4G)は以下の通り。

  • FDD LTE:2 / 4 / 5 / 12 / 13 / 66

ここで察した方はカンが良いですよ!そう、国内キャリア回線においては主要バンドが件並み全滅してしまっており、少なくとも運用は厳しいでしょう。使うなら一般的なタブレット同様にWi-Fi下で使うことになります。残念(´・ω・`)。

docomo回線の電波バンド対応状況

TCL TABはドコモで提供されている4G(LTE)および5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応となっております。サブバンドもすべて全滅。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要 ×
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

TCL TABはソフトバンクで提供されている4G(LTE)および5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要 ×
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要 ×
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

TCL TABはauで提供されている4G(LTE)と5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要 ×
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要 ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

TCL TABは楽天モバイル(MNO)回線において4G、5G NR(Sub6・ミリ波)いずれも非対応となっております。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要 ×
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要 ×
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:使い勝手に優れるイイカンジなスペック!

TCL TAB

TCL TABは海外で発売されているモデルなんですが、ぜひとも国内にも卸してほしいですね。だってAndroidタブレットながらも結構イイカンジなスペックなんですもん。

タブレットに欲しいサイズ感を最低限満たしつつも普段使いに困らないトータルスペックを完備しており、これは1家に1台欲しくなるタブレットやー!ってビビっとキましたね。価格も日本円で定価2万円台と結構お得!

残念ながらLTEに関しては日本だと死に機能にはなっているものの、Wi-Fiモデルと割り切ってもこの価格なら全然イイカンジ。

日本でよく売られているローエンド、エントリータブレットよりも間違いなく万人にオススメできそう。今の所アメリカでの販売なんですが、日本でも取り扱いストアが出てくるのが待ち遠しいですね(っ´∀`)っ。

TCL TABの発売時期と価格・購入先

TCL TABの発売時期は10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ3GB/容量32GB:199.99ドル(約21,000円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ