ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

uHooで室内空気環境を監視。不快を伴い判断していた”人体センサーに変わる画期的なデバイス”だった

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

uHoo

空気の状況を見ることが出来るって、これまでの室内空気環境改善の意識を覆すほどのインパクト。

僕の妻もせっせと健康に関する情報を集めたり環境を整えたりと頑張ってくれています。例えば空気清浄機だったり、加湿器だったり。自宅だけじゃなく、僕の会社のオフィスでも色んなデバイスを投入している訳ですが、なんとなく使ってるんですよ僕。

夏場だと「ジメジメするから除湿機つけよう」だとか、冬場だと「なんかカサカサするなー」と加湿器付けたり。案外、こんな感じで「体感」してから対策することが多いんですよね。

また、これらの空気環境改善機器を利用して確かに快適になったんだけど、湿度や空気の状態ってよく分からんのですよ。肌感覚なのですごくアナログ。

そこで登場したのが本記事で紹介する「uHoo」でございます。これは実際に触って考察するとヤバい。これまでuHooの位置するジャンルってほぼ未開拓。しかも、室内空気を改善するならかなり重要な立ち位置のジャンル製品ってことが分かりました。

uHooってなんなのさ?

uHoo

uHooは特に近隣国で人気を博しているデバイスで、最先端の「空気」を監視するセンサーを搭載したスマート空気センサーデバイスでございます。

近隣国では空気汚染が結構深刻化してまして、例えば有害な微小粒子状物質であるPM2.5などによる汚染が問題視されております。日本でも気流にのって降り注いだこともあり知っている方も多いんじゃないでしょうか。

uHooは有害な空気中に漂う物質だけではなく、9つの高度なセンサーで様々な空気の状況を監視できるのが特徴です。子育てしている家庭や健康志向の高い方に支持され人気を博しているようです。

空気の情報って空気清浄機とかについているセンサーとかで確認できるけど、1年中使っている訳じゃないので、「いつでも室内の空気状況を総合的に確認する」ってなかなか出来なかったことなんですよね。

uHooは直接的に空気環境を整えるデバイスでは無いんだけど、総合的に空気環境を可視化できるので空気環境改善機器を効果的に利用できたり、空気情報から予測して先手を打ったりできる画期的なデバイスなのです。

日本ではクラファンで展開。早期支援は30%OFFで手に入る

uHooは海外でリリースされているんですが、GREEN FUNDINGにて日本市場向けモデルのクラファンが開催中。通常価格は49,280円なのですが早期支援で30%OFFの34,496円で支援する事が可能で、実質30%OFFで製品が手に入ります。

↓支援期間は記事公開時点の10月23日時点で残り9日となっているので、欲しい方は支援しておきましょう。日本語のページなので支援方法も分かりやすいです。↓

ビックリするくらい妻と妻の友達のママが注目していた

冒頭でもお伝えしたように、僕はなんとなく肌が乾燥するからとかジメジメするからという体感から様々なデバイス(空気清浄機や加湿器など)を利用していた訳で、ぶっちゃけ空気に関してズボラな訳です。

ということで、妻と妻の友達のママさんにuHooについて何気なく聞いてみたんですが・・・

スゲー食いついた

僕も、空気を総合的に監視するデバイスってそういや無いなーって思ってまして、なかなか画期的な製品だと感じていたんですが・・・

僕以上にマジで盛り上がってた

というわけで、妻や妻のママから頂いたガチでリアルな意見を残しときます。

天気予報を見るような感じ。先手を打てるから良い

uHoo

uHooは気温、CO2、CO、二酸化炭素、湿度、TVOC、PM2.5、オゾン、気圧のそれぞれを確認する9つのセンサーが備わってまして、各センサーで得られるデータの説明をしたところ「なんか天気予報見ているみたいだね!」とのこと。

天気予報?と思い話を聞いていると、「だって、色んな空気の情報が見られるじゃん。その情報から色々なことが予測できるから天気予報みたいだなーって」とのことです。なるほど、これらのデータの推移から後の予測ができるんだ。

続いて「先手を打てるから良いよね。天気予報だったら『雨降る予想だから傘持っていこう』だとか『晴天の予想だから布団ほそう』とか予定が立てられるのと似てて、湿度高くなってきたから除湿機出そうだとか、乾燥してきたから除湿機と加湿器を入れ替えようとか先手を打てるのが良い!」ってことです。

確かに、これまで何気なくジメジメしてるとか、乾燥しているとか「不快感を体感してから」除湿機つけたり加湿器つけたりしていたので、先手を打って快適な室内環境を整えるって事が出来るのは確かに利点。

特にお子さんのいらっしゃる方は風邪の予防などで空気の乾燥とかホコリとか気にしている方が非常に多いので、そういう世代の方(妻の友達のママ)もかなり良いって意見でした。

様々な空気環境改善機器での効果も客観的に確認できるのが良い

空気自体を監視するuHooみたいな製品を持っている方は少ないと思うんですけど、空気環境を改善する機器、例えば空気清浄機や加湿器、加湿器を持っている方って多いですよね。

これらの機器は個々の製品ごとに空気環境をチェックするセンサーがついていますが、それぞれの機器毎に精度はまちまちです。安い加湿器だとそもそもセンサー自体がついていない製品だって多いです。

こんな感じで「空気環境を改善する機器」はもっていても、それらを利用することによて得られる効果の確認ってなかなか難しいんですよ。オフィスで使ってるペットボトルに取り付ける簡易の加湿器なんか、効いてるかよく分からんですし気休めって感じなわけですが、uHooをポーンと室内に置いとくだけでこれらの機器での効果を設置前・後で確認することもできちゃいます。

例えば、安い加湿器を使ってるけど、実際にuHooで確認したら加湿器の性能が足りずに空気環境に大きな変化が見られなかったから買い換えようとか、そんな感じの判断材料になってくれるのもGood。

僕の妻も「2階のランドリー部屋に除湿機置いてるんだけど、隣の寝室は除湿機の効果が出るのかな?もう一台、寝室用に購入したほうが良いのかな?」って気になってまして、こういう時にuHooを寝室に置いて空気環境を確認して新しい機器を購入するかどうかを判断できるのでめっちゃ役立つんですよね。(ちなみに僕の自宅は猫が居るんで各部屋のドアが開きっぱなし。なので、隣の部屋の除湿機が云々って話が出てきます。)

喘息気味だからuHooが最高に魅力的に感じてる。もっと早くuHooがあったら喘息にならなかったかも

実は、僕の妻なんですけど少し前に喘息気味と診断されまして、そこから特に室内空気環境に気を使ってます。僕の家には猫二匹が居まして元気に走り回っているもんですから、ホコリが舞ってしまったりするんですよ。結構気を使ってたんですけどね〜。ついに喘息気味と診断されてしまいました。

ある程度の対策はしていたんですが、それでも「肌感覚」で判断していたので、実際は僕の家に置いている空気環境改善機器では役不足だったようです。

喘息気味と診断されたんですけど、軽度だったのでおかげさまで大事には至らなかった訳ですが、妻はuHooをみて「もっと早くこんな製品を持っていたらしっかり対策できて喘息にはならなかったかも」と感慨深くuHooを見つめておりました。

僕も、「やっぱり肌感覚じゃなくて、しっかりデータを確認して対策したほうが効果的・効率的だよな」と強く感じた部分です。

使い方がシンプル。女性でも分かりやすい

溢れるガジェットに埋もれながら仕事している僕とは対象的に、妻はスーパーウルトラアナログ人間。機械の操作は超苦手なんですが、uHooの操作は超簡単だったみたい。

基本的にuHooを設置してあとはスマホアプリでデータを確認するだけです。※スクリーンショットは英語ですが、日本向けモデルは日本語にチューニングされるとのことです。

▼スマホアプリでは9つのセンサーから得た情報を上部に一括表示。グリーンやイエローなどで色分けされており、これらの色で簡単に警告度を確認することができます。

uHoo

▼下部にはそれぞれのセンサーで取得したデータが2分おきにグラフ化されるので、ほぼリアルタイムに近いデータを閲覧可能。

▼警告度の色がイエローになると改善策を提案してくれるのも嬉しいポイントです。使い始めはデータを見ても「なにが正常であるか判断しにくい」のですが、こんな感じにセンサー自体が一定基準を超えると改善策を出してくれたり、より環境が悪くなればアラートを発報してくれたりするので初心者でも扱いやすいとのこと。↓

これらの情報を確認することで自然と「予測」も可能となり、グラフの変化により先手対策が出来るようになるからゲーム感覚で楽しいみたい。

uHooは様々な機器と連携できる

ここからはちょっとテクニカルな話になるんですが、uHooはAmazon AlexaやGoogle assistantと連携が可能。連携すると話しかけるだけで空気の情報などを確認することがでるようです。

また、IFTTTで接続できるデバイスとの連携も可能。これを利用することで、uHooのセンサーで空気環境を確認して、一定基準を超えると連携した空気環境改善機器を自動で動かして空気環境を整える。というスマートな使い方も可能です。

uHooまとめ|目からウロコ。空気の状況を総合的に監視してくれるデバイスは購入優先度の高い製品

今回はサンプル品を利用してuHooを紹介しましたが、レビューを終えて「これは欲しいぞ」と強く感じた製品。

ぶっちゃけ、最初は「結構高いな〜」「必要かな〜」とか思ってたんですが、今ではuHooが鳴物ではなく空気清浄機、加湿器、除湿機、エアコンよりも導入優先度の高い製品なんだなと実感。そう考えると、一家に一台あっても良いんじゃないかなという考えに変わってました。

uHooを導入優先度の高い製品って表現するとなんだか分かりにくいんですが、これまで、uHooの変わりだったのが僕たちの身体に備わっている人体センサーだったわけですよ。

「なんだか乾燥するな」「ジメジメして気持ち悪いな」「体の調子悪いな」とか、不快感をもって判断していたって訳です。

長年、身を持って判断するって感じだった訳ですが、この部分がuHooで補える、しかも高精度に情報を得られるので予測もできて先手も打てる。

まさに目からウロコの製品。

空気環境を改善するなら真っ先に導入すべき導入優先度が最も高いジャンルの製品だったって訳です。

僕は空気環境を整える機器を沢山持っているんだけど、室内の空気環境全体を把握するデバイスは持ってなかった。

つまり、これらの機器を効果的に使う術をもってなくて、結局、人体センサーで不快感を感じたり調子が悪くなってから肌感覚で空気環境を整える機器を使ってました。そして、それらの機器も無闇矢鱈に設定していたので、上手く使いこなせてなかったはずです。

uHooの本質を見極めると恐ろしく画期的なジャンルの製品で、ポテンシャルの非常に高いデバイスです。uHooは空気環境を改善したいと考えるなら何よりも真っ先に導入すべき。使ってみたらそのくらいのインパクトを感じるデバイスでした。

クラファンで早期支援だと30%OFF。導入するなら今がホントお得

uHooはGREEN FUNDINGで日本販売に向けた支援を募っています。早期支援では30%OFFの価格で製品を手にすることが出来ます。本クラファン達成時は日本向けの技適取得なども含まれており、日本市場向けにチューニングされた製品が届くことになるのでご安心下さい。

通常価格49,280円ですが、早期支援なら30%OFFの34,496円で手に入るので欲しい方は早期支援が超お得です。

ページトップへ