ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Ulefone Armor 7Eが登場!Helio P90搭載のIP69Kに対応したタフネススマホ!

Ulefone Armor 7E

Ulefoneの得意分野のタフネススマホに新型Ulefone Armor 7Eが仲間入り!Helio P90を搭載したミドルレンジ上位のスマホです!

Ulefone Armor 7Eの特徴

Ulefone Armor 7Eの大きな特徴は以下の4つです。

  • SoCはHelio P90、メモリは4GBでストレージは128GB!
  • 解像度が2340×1080の6.3インチ水滴ノッチ採用のディスプレイを搭載!
  • 4,800万画素を含むトリプルカメラ!
  • IP68/IP69K/MIL-STD-810G対応のタフネススペック!
  • 15W急速充電対応。バッテリー容量は5,500mAh!

SoCはHelio P90、メモリは4GBでストレージは128GB!

Ulefone Armor 7Eの心臓部であるSoCにはHelio P90を搭載。ミドルレンジ上位クラスの性能を有しています。また、メモリは4GBとベースのUlefone Armor 7の8GBからは半減していますが、ストレージは128GBと削減されずしっかりと搭載されています。

解像度が2340×1080の6.3インチ水滴ノッチ採用のディスプレイを搭載

Ulefone Armor 7Eには解像度が2340×1080の6.3インチのディスプレイを搭載。水滴ノッチを搭載しているので、広々とディスプレイを使うことができますよ!

IP68/IP69K、MIL-STD-810G対応のタフネススペック!

Ulefone Armor 7Eはタフネススマホだけあり、IP68/IP69K、MIL-STD-810Gに対応しています。MIL規格とは一般的にアメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われるもので、PCやスマホなどの電子機器関係ではタフネス度合いの指標として扱われています。なお、Ulefone Armor 7EはIP68よりも過酷な状況でのテストであるIP69K(水ではなくお湯を使ったテスト)もクリアしています。

15W急速充電対応。バッテリー容量は5,500mAh!

Ulefone Armor 7Eの電源周りは、充電能力が15Wの急速充電に対応バッテリー容量も5,500mAhと大容量なので、長時間使用する方も安心ですね!

カラーリングはブラックのみ

Ulefone Armor 7Eのカラーリングはブラックの1色のみとなります。

▼ブラックとはいっても、色味はどちらかというとグレーみたいな感じに見えます。↓

Ulefone Armor 7E

バンド仕様はLTEフル対応。実用上ではほとんど不便ナシ

Ulefone Armor 7E

Ulefone Armor 7EのLTEですが、バンド1、バンド3、バンド8、バンド19、バンド41に対応しています。3Gはバンド1および8には対応していますが、バンド6には対応していません。

その事からソフトバンク・ワイモバイル回線はLTE、3G共にフル対応、ドコモ回線はLTEがフル対応、3Gが一部対応となります。au回線もフル対応ですが、実際に使えるかは検証が必要になります。

AliExpressのUlefone公式ストアにて384.27ドルで予約受付中!

Ulefone Armor 7EはAliExpressのUlefone公式ストアにて384.27ドルで予約受付中です。Ulefone Armor 7Eはタフネススマホが欲しいけど価格と性能のどちらもいい感じで両立させたい方には有力な選択肢になるのではないでしょうか。

ガルマックスでも詳しい仕様の紹介を行う予定です。公開したらTwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ