ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

Ulefone Note 11Pのレビュー!妥協点は多いけど安い

Ulefoneのミドルレンジスマートフォン「Ulefone Note 11P」をBanggoodさんにご提供頂きました!実機が届いたのでレビューをお届けします!

Ulefone Note 11Pの良かった点と注意点

価格重視のミドルレンジモデル。通常価格は約2万円くらいだけど、安いときには約1.5万円程度で手に入る。

良かった点

  • 価格が安いので気軽に手を出せる
  • メモリと容量が多い
  • ドコモ、ソフバン回線で快適に使える
  • 安価だがライトな使い方で十分な性能

注意点

  • 多くの部分は値段相応なのでコスパはイマイチ
  • 見た目が野暮ったく分厚くて重い

Ulefone Note 11Pの外観

背面はザラザラとしたさわり心地。黒色でも指紋の付着は目立ちづらいですね。背面の素材は樹脂製で値段相応といった印象の質感。かなり分厚く重量も重いです。

▼背面は樹脂で安っぽい。厚みは約1cmあり重量は実測値で213gとヘビー級だった。↓

ディスプレイサイズは6.55インチで大型。手の小さな僕は片手操作は厳しいかなぁ。筐体は丸みを帯びた形状で手当たりはそれほど悪くない!

▼ディスプレイはパンチホールを採用していますが、レンズ周囲の黒縁が太いので大きく感じます。公式の製品写真よりもめっちゃデカイ!うーん、これはイマイチ!↓

▼ボタンの配置はオーソドックスで、右側面に電源と音量ボタン、上部にイヤホンジャック、下部にスピーカーとUSB-Cポートを搭載してます。↓

付属品・同梱物

  • 充電器(10W・日本のコンセント非対応)
  • 充電ケーブル(USB Type-C)
  • 保護フィルム(貼付け済み)
  • ケース
  • 説明書
  • SIMピン

▼同梱物は充電器、充電ケーブル、説明書類、保護フィルム、保護ケース、SIMピン。充電器の形状は日本のコンセントと違うので利用したい場合は変換アダプタを用意しましょう!まぁ、このクラスの充電器だったら持ってるやつ使ってもOK!↓

▼保護フィルムですが、表面の傷防止フィルムを剥がしたら一緒にフィルムまで剥がれてしまいました。。注意して下さい!↓

Ulefone Note 11Pの保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み!様々なフィルムタイプがあるのでおすすめです!

タイアップクーポンを発行中。500円以上のご購入時に適用すると100円オフ。割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい。

Ulefone Note 11Pの処理性能・実機ベンチマークスコア

Ulefone Note 11PのSoCはHelio P60です。詳細スペックや特徴は以下で紹介しています。

Ulefone Note 11Pのスペック・対応バンドまとめ

端末の処理性能を数値化するベンチマークをチェックしてみましょう。

▼Ulefone Note 11Pの実機でAnTuTu(Ver8)を測定しました!総合スコアは159,772、GPUスコアは34,596点です!↓

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark、3DMarkでのスコアは以下の通り!↓

▼ストレージ速度は読み込みが489.4MB/s、書き込みが191.1MB/s。書き込み速度はまずまずの結果で普段使いでは特に問題なし。↓

Ulefone Note 11Pの機能・仕様の検証結果

通知ランプ
指紋認証 ○:画面内蔵/側面/背面式。速度・精度は申し分なし
顔認証 ○:速度・精度は申し分なし
ツインアプリ
(デュアルアプリ)
PCモード
外部映像出力 ✕:ワイヤレスのみ対応/ケーブル出力不可
戻るボタン入れ替え ○:デフォルトは左
ジェスチャー操作
クイックランチャー
ゲームモード
冷却システム
MicroSD
内部ストレージ化
Photoshop Camera
PUBGモバイル
グラフィック設定
フレームレート設定
スムーズ設定時→【スムーズ】+【極限】
最高クオリティ&フレーム設定→【HDR】+【ウルトラ】
スピーカー モノラル
イコライザー
備考

ソフトウェア・ハードウェアの特徴

▼Ulefone Note 11Pのレビュー動画はYouTubeで公開中!質感・カラー・雰囲気・動作・レスポンスは実機動画をチェック!↓

普段使いで十分な性能。ゲーム性能は高くない

Ulefone Note 11PはミドルレンジのMediaTek Helio P60を搭載していて普段使いでは快適に動いてくれる性能を持ち合わせてくれてます。WEBブラウジングや動画視聴、SNSなどライトな使い方では良い感じ。

安価なモデルなのですが、メモリは8GB、ストレージは128GBとミドルレンジ帯としてはリッチな仕様。特に最近の安価なスマホはメモリ4GBのモデルも多く、執筆時点だとメイン機で利用するならメモリ6GBは欲しいところなのでGoodです。

ゲーム性能はAnTuTuスコアが示す通りザ・ミドルレンジという感じなのですが、PUBGモバイルのグラフィック設定はハイエンドモデル向けのスムーズ+極限設定も可能でした。

但し、実機でプレイする限り、Ulefone Note 11Pでのスムーズ+極限は「なんちゃって極限」で、実際の動作はスムーズ+高〜ウルトラかな?という印象。ハイエンドモデルでの操作感がこの端末で得られる訳ではなかったので注意。

▼まさかのスムーズ+極限が設定できるUlefone Note 11P。実際のプレイで感じたのは「これは極限じゃない」ってこと。設定できるだけのなんちゃってです。↓

トリプルスロット搭載。MicroSDは内部ストレージとして使えた

Ulefone Note 11PのSIMスロットはMicroSD+NanoSIM+NanoSIMのトリプルスロット。この形状は2枚のSIMを挿入して同時待ち受け機能を利用しつつ、MicroSDで容量拡張も同時に行える扱いやすいタイプ

▼Ulefone Note 11Pはトリプルスロットを搭載。↓

また、一般的なスマートフォンはMicroSDを外部ストレージ扱いとなり、カメラで撮影した写真や動画、ファイルの保存先としての使い方となるんですが、Ulefone Note 11Pは内部ストレージとしても設定できました。

内部ストレージとして設定すると、本体容量と同じ扱いとなるのでMicroSDにアプリなどをインストールすることもできちゃいます。

もともと128GBと容量が多いので困ることはなさそうなのですが、それ以上の容量を必要とするなら簡単にMicroSDでストレージ拡張できるので覚えときましょう!

▼内部ストレージにアプリを入れてみました。アプリインストールが多い方も安心。↓

ディスプレイ:実用で不満ないが値段相応の仕様

DRMコンテンツ Widevine:L3
Amazonプライムビデオ:SD画質で再生を確認
Netflix:SD画質で再生を確認
高リフレッシュレート
表示モード ダークモード
画質調整
備考

ディスプレイサイズは6.55型と大型なのですが解像度は一般的なFHD+ではなく、ちょっと低い1600×720の解像度です。実利用では解像度の低さを感じなかったので、普段使いでは大きな不満はありません。

NetflixやAmazonプライムビデオなど著作権コンテンツは、Widevine L3のためSD画質での視聴となりますが、そもそもUlefone Note 11Pの解像度がFHD以下なのでそれほど粗さも感じず見るぶんには特に問題なし。

スピーカーもモノラルでYouTube見るくらいなら不満ないですが、映画とか見るならイヤホン使ったほうが良いかな。

まぁ、画質や音質は値段相応の仕様ってことです!コスパ重視のモデルではFHDクラスのパネル積んでるのも珍しくないので、個人的には妥協点かな!

通信・SIM周り:ドコモやソフトバンク系の回線なら快適

ドコモ回線 データ通信:○
通話:○
(LINEモバイルで検証)
ソフバン回線 データ通信:○
通話:○
(LINEモバイルで検証)
ワイモバ回線 データ通信:○
通話:○
(ワイモバイルで検証)
au回線 データ通信:✕
通話:○
(mineoで検証)
楽天モバイル回線 データ通信:✕
通話:✕
Rakuten Link:✕
(楽天モバイルで検証)
2回線同時待ち受け 4G+4GのDSDV
備考

デフォルト状態での通信テストではドコモとソフトバンク(ワイモバイル回線)で通話・データ通信が問題なく利用可能です。但し、技適はないのでご留意を。

au回線ではデータ通信ができず、楽天モバイルでは通話・データ通信ともに利用できませんでした。

一応、「MediaTek製SoC搭載スマホでVoLTE化して楽天モバイルを使う手順」で紹介していたVoLTE化を試したんですが、アプリがうまく動かず設定を断念。

まぁ、通信できたとしてもauや楽天モバイルの重要なバンドは全然合致していないので、利用するならドコモやソフトバンク系回線がオススメ。

▼今おすすめのWi-Fi系SIMカードはこちら↓

10GBで1,078円!FUJI Wifiのソフトバンク回線SIMは中華スマホと相性最高だった

▼デュアルSIMを生かせば低価格で通話SIMつきの大容量スマホが構築できるかも↓

デュアルSIMを活用!音声SIMとデータSIMを分けた最強スマホの構築方法

Ulefone Note 11Pのカメラをレビュー

構成・画素数 48MP(メイン)、8MP(超広角)、2MP(マクロ)、2MP(補助)
撮影モード ポートレート、動画、画像(写真)、ビューティー、48M
ズーム デジタル。2倍にワンタップ切り替え可で以降はピンチ操作で最大4倍まで対応
シャッター音の消音 設定から可
マニュアルの設定幅
動画解像度 1920×1080、1280×720、640×480、352×288
手ブレ補正 非対応

カメラの感想

画質はメモ代わりの記録撮影向きでオマケ程度

  • 昼間:白っぽいけど記録撮影では十分以上の画質
  • 夜景:オマケ程度に考えたほうが良い
  • マクロ:2MPの割に綺麗に撮れた
  • 自撮り:ビデオチャットするくらいなら十分
  • 動画撮影の手振れ補正:定点撮影向き、集音性が悪い

昼間に撮影した屋外写真:白っぽいけど記録撮影では十分以上の画質

Ulefone Note 11Pのメインカメラですが、最近のスマホでは珍しくAIに非対応です。正直、あまり画質には期待していなかったんですが、明るい場所だと結構綺麗に撮影できてる!このくらいの画質であれば記録撮影では十分でした!

▼左がUlefone Note 11P、右がiPhone 12 Pro Max。↓

超広角カメラ:それほど悪くない仕上がり

超広角カメラは800万画素とミドルレンジらしいスペックですが、そこそこ綺麗に撮影できました。やや歪み補正の甘さはあるんですが、このくらいの画質なら僕は許容範囲かな!

▼左がUlefone Note 11P、右がiPhone 12 Pro Max。↓

ナイトモード・夜景撮影:オマケ程度に考えたほうが良い

夜間の撮影では光量が多いとスマホで見るくらいなら十分な画質。一方で、光量が少ない暗めの場所だとノイズが一気に目立っちゃう。安価なモデルなので割り切って使うのが良さそう。

▼光量の多い場所では結構綺麗に撮影できた。左がUlefone Note 11P、右がiPhone 12 Pro Max。↓

▼光量の少ない場所では明るくしようとISOがガツンと上がり、光る看板は白飛び、暗い夜空はノイズだらけになってしまった。左がUlefone Note 11P、右がiPhone 12 Pro Max。↓

マクロ:2MPの割に綺麗に撮れた

被写体にグッと近づいて撮影できるマクロカメラは2MPと画素数が少ないので画質は期待してなかったんですが、思ってた以上に綺麗に撮影できた!マクロ撮影好きならそこそこ楽しめそう!

▼左が通常カメラ、右がマクロカメラ。↓

自撮り:ビデオチャットするくらいなら十分

インカメラは光量の調整が甘いので撮影シーンより白飛びや黒つぶれが発生しやすかったんで記念撮影にはあまり向いていないんですが、ビデオチャットなどで問題なく使えるんで良しとしてます!

動画撮影時の手ブレ補正:定点撮影向き、集音性が悪い

撮影時に手ブレ補正の有無をチェックしてたんですが見つからず。どうやら手ブレ補正には対応していないみたい。実際に撮影しても手ブレが大きく撮影するなら定点向きかな。

以下の動画でiPhone 12 Pro Maxと比較して気がついたんですが、Ulefone Note 11Pは集音性が悪いので、うーん、これで動画を撮影する気にはならないかなぁ。

Ulefone Note 11Pの実機レビューまとめ

Ulefone Note 11Pの特徴は「価格が安いこと」です。価格が安いけど良い仕様ってポイントが少なく、挙げるならメモリ搭載量やストレージ容量くらい。

WEBブラウジングやYouTubeなどの動画視聴、SNSなど軽めの使い方であれば結構軽快です。メモリやストレージ容量が多いのでライトな使い方なら長期的に快適度を保てそう。

コスパが良い訳では無いので、どこまで妥協できるかで魅力が変わってきそうですね。

レビューでピックアップした性能、機能や仕様、カメラ画質が全く問題ないのであれば、お安く端末を手に入れることが出来ます。

通常価格は188.99ドル。この価格では旨味がほぼ無いので、購入するなら150ドル以下で手に入る時期に買いましょう。リアルタイム価格を表示しているので価格をチェックして検討してみて下さいね!

■メモリ8GB+容量128GB■
初出時価格→149.99ドル
過去最安値→139.99ドル
▼[Banggood]割引セールで149.99ドル!↓

Ulefone Note 11Pの口コミ・評判

Ulefone Note 11Pを使っているTwitterユーザさんへ。使用感・写真作例、良かった点・不満点など何でもいいので評価を募集中!内容に公序良俗の問題がなければ口コミとして掲載させていただきます!

以下の内容をコピーして感想ツイートをお願いします!

端末名:Ulefone Note 11P
#ガルマックスユーザレビュー

Ulefone Note 11PにおすすめのSIMカード

Ulefone Note 11Pを格安SIMで使いたいならおすすめのMVNOはこちら。全てではありませんがドコモ系、ソフバン系、au系、楽天モバイルの回線でそれぞれ検証しています。

▼ドコモ回線の格安SIMなら↓

▼ソフトバンク回線の格安SIMなら↓

ページトップへ