ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xiaomi Mi 9 Liteが登場!CC9の日本語対応モデル

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Xiaomi-Mi9Lite画像1

▼追記:詳しいスペック表などを掲載している詳細記事を公開しました!以下からご確認下さい!↓

Xiaomi Mi 9 Liteのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

まだ慌てるような時間じゃない。

geekbuyingはXiaomi CC9の兄弟機にあたるXiaomi Mi 9 Liteのプリオーダーを開始しました。スマホカメラ性能に定評のあるMeituが本機のカメラを担当しているので、Mi 9 Liteでも美しい写真が撮れそうです。

ただしセール内容によっては兄弟機のXiaomi Mi 9とほぼ変わらないお値段なので、もう少し待てばさらに安く入手できるかもしれません。

Xiaomi Mi 9 Liteのスペック

Xiaomi-Mi9Lite画像2

何はともあれ、まずはXiaomi Mi 9 Liteのスペックを確認してみましょう。Meituが協力しているだけあって、カメラ性能がすごい数字ですね!

  • MIUI 10(日本語対応)
  • Snapdragon 710
  • メモリ容量:6+64GB/6+128GB(MicroSDカードにて最大256GB追加可能)
  • 背面カメラ:48MP + 8MP + 2MP
  • セルフィーカメラ:32MP
  • 6.39インチのFHD+ディスプレイ(AMOLED)
  • バッテリー容量:3,940~4,030mAh
  • 画面内指紋認証に対応
  • 本体カラーはブラックもしくはブルー

価格は本記事を執筆している9月13日現在で6+64GB版が約4.2万円、6+128GB版が定価約4.8万円となっております。

対応バンドは以下の通り

  • 2G GSM B2/B3/B5/B8,
  • 3G WCDMA B1/B2/B5/B8,
  • 4G FDD-LTE B1/B3/B5/B8, TDD-LTE B38/B40

ソフトバンクとワイモバイルの必須バンドに対応。ドコモバンドはLTE/3Gの全国区をカバーする主力バンドに対応していますが、プラチナバンド19やFOMAプラスエリアに非対応なので注意が必要です。auは必須バンド非対応です。

Xiaomi Mi 9とMi 9 liteはどちらを買うべきか

Xiaomi-Mi9Lite画像3

上記の価格とスペックをみると「めっちゃコスパいいやん!」と思うかもしれませんが…。実は上位機種であるXiaomi Mi 9が割引クーポンなどを利用するとMi 9 Liteとほぼ同じお値段で販売されています

Xiaomi Mi 9はハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載しており、カメラ性能もMi 9 Liteより良いです。

もちろんMi 9 Liteもセール価格でみればさらに安いですが、コスパを考えたらXiaomi Mi 9も十分検討の余地があります。Xiaomi Mi 9のスペックが気になった人は以下の記事もチェックです。

Xiaomi Mi 9のレビュー!スペック、性能、特徴、価格まとめ!

もちろんMi 9 Liteも今後値下げの可能性は十分あります。こまめにgeekbuying公式サイトを覗いてみると、時期によってはかなり安くなっているかも?

ページトップへ