ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xperia L4が登場!エントリーモデルでも21:9のシネコンサイズディスプレイ!

Xperia L4

とうとうエントリーモデルでも21:9のディスプレイが楽しめるのか!

SONYが2月20日にXperia L4を発表しました!ハイエンドモデルに先駆けての発表となります!

Xperia L4の仕様

Xperia L4の大きな特徴は以下の3つ。

  • 6.2インチHD+で21:9の超縦長ディスプレイ
  • Helio P22にメモリが3GB、ストレージが64GBのエントリーモデル
  • 約1,300万画素+約500万画素+約200万画素のリアカメラに約800万画素のフロントカメラ

6.2インチHD+の21:9ディスプレイ!しかもノッチつき!

▼Xperia L4は6.2インチのHD+(1680×720)のディスプレイを採用しています。と、ここまではよくあるローエンドモデルのディスプレイなんですが、何と!21:9の超縦長比率を採用!

Xperia L4

前回のXperia L3は16:9と普遍的なワイドディスプレイを採用していたんですが、今回のXperia L4はXperia 10やXperia 5と同じ21:9のシネコンサイズを載せてきました!今まではミドルレンジまでしか搭載されていなかった21:9のディスプレイですが、今回のXperia L4で比較的手軽に21:9の超縦長ディスプレイが体験できるようになるのは嬉しいところですね!

しかも、今回のXperia L4はXperiaでも初めての水滴型ノッチ付きとなっているので、21:9比率のノッチ付きディスプレイという世界初の快挙?を成し遂げています。実際どんな感じなのか気になって仕方がないです!

SoCはエントリークラスのHelio P22

SoCはXperia L3と同じHelio P22を搭載とXperia L3から据え置きとなってます。以下、参考までにガルマックス内のAnTuTuスコアから抜粋します。

  • Helio P22(参考):総合スコアが92,407点、ゲーム性能(GPU)が5,826点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver8 スコア
ハイエンド総合スコア:約55万点
GPUスコア:約21万点
ミドルレンジ上位総合スコア:約33万点
GPUスコア:約9万点
ミドルレンジ総合スコア:約21万点
GPUスコア:約3万点
エントリー総合スコア:約8万点
GPUスコア:約9千点

Helio P22はエントリークラスとなりますので、重いゲームなどの込み入った作業は苦手です。メモリも3GBと今の基準では少し控えめですが、ストレージは64GBとミドルレンジぐらいの容量は確保されているので写真や音楽などはしっかりと保存できちゃいますね!

約1,300万画素+約500万画素+約200万画素のトリプルカメラ!フロントカメラは800万画素!

▼Xperia L4は約1,300万画素+約500万画素+約200万画素のトリプルカメラを搭載!↓

Xperia L4

なお、組み合わせとしては約1,300万画素カメラは広角、約500万画素カメラは超広角+約200万画素カメラは深度測定用となっています。Xperia L3が1300万画素カメラ(広角)、200万画素カメラの組み合わせだったので、順当に進化しているといったところでしょうか。

Xperia 5で撮影した写真はナチュラル寄りの素直な出来映えとのことなので、エントリークラスだとどんなチューニングになってるのか楽しみですね!

カラーリングは2色!2色とも落ち着いた色合い!

▼Xperia L4のカラーリングはBlackとBlueの2色。最近流行っているグラデーションなどのテカテカした感じではなく、シックで落ち着いた色合いに仕上がっています。↓

Xperia L4

詳しいスペックや仕様に関してはガルマックスでも近いうちに取り上げますので、是非ご期待ください!

発売時期はまだ未定!

発売時期と価格ですが、まだ公式サイトでは未定の扱いになっています。恐らく近日中に公開されるものと思われますので、気になる方はチェックを忘れずに!

続報が入り次第TwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ