ワイモバイル バナー ヘッダー

ZenFone 7 / 7 Pro日本上陸!違いを見て価格差1.4万円なら上位モデルを選んじゃう!

ZenFone 7

ASUSが5Gに対応した最新SIMフリースマートフォン「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」の国内投入を発表!インカメラとしても利用できるフリップ型の3眼カメラを搭載したカメラ推しのモデルです!

ZenFone 7とZenFone 7 Proの価格差は1.4万円

日本での価格は以下の通り。

  • ZenFone 7:85,800円(税込94,380円)
  • ZenFone 7 Pro:99,800円(税込109,780円)

価格差は1.4万円(税込だと1.54万円)なんだけど、ZenFone 7シリーズはカメラ推しのスマホじゃないですか。これに食いつくユーザーさんは恐らく自撮りを含めた写真や動画を綺麗に撮影したい!って方が多いと思うんです。

そう考えると、約1.4万円の価格差なら個人的には上位モデルの「ZenFone 7 Pro」にしといたほうが幸せになれそうかと。

大きな違いは性能、保存容量、手ブレ補正

ZenFone 7とZenFone 7 Proは結構違うところが多いんですよね。スペックの詳細などは以下の記事をどうぞ!

Zenfone 7 / 7 Proのスペックまとめ!フリップ3眼カメラを搭載したハイエンドモデル!

まず、パフォーマンスなんですが、ZenFone 7がSnapdragon 865を搭載していることに対し、ZenFone 7 Proはより高性能なSnapdragon 865 Plusを搭載しているんです。

メモリの搭載量は日本モデルの場合だとどちらも8GBで同じなんですが、写真や動画の保存に利用するストレージ容量はZenFone 7が128GBに対しZenFone 7 Proは倍増の256GB

トリプルスロットを搭載しているんでストレージの拡張は簡単に出来るんですが、高解像度の大容量データ転送に対応するMicroSDで128GBクラスはちゃんとしたやつだと1万円くらいしちゃうので、そう考えるとProのほうが良いんだよなぁ。

また、カメラにも違いがありまして、ZenFone 7 Proは光学手ブレ補正搭載でよりブレの少ない写真や動画が撮影できるようになっています。

ZenFone 7シリーズは3眼フリップカメラを引っさげたカメラ推しの端末なので、ストレージの容量が多く、より強力な手ブレ補正が利用できる上位モデルが写真や動画を撮影しまくりたい!というユーザーには合っているんじゃないでしょうか。

というか僕ならZenFone 7 Proだな。是非、みなさんも迷ってみて下さい。

▼ZenFone 7の最安購入先↓

■今安い!セールピックアップ■

▼[国内モデル、8GB+128GB版]端末価格78,400円!↓

■格安SIMセット■

■メモリ8GB+容量128GB■

初出時価格→899.99ドル
過去最安値→500.00ドル(これは販売担当者の値付けミスで、それを除けば539.00ドルが過去最安値です)

▼[Banggood]割引クーポン適用で679.00ドル!↓

▼[日本モデル]83,380円!↓

▼[ETOREN]セール価格で77,500円!↓

▼ZenFone 7 Proの最安購入先↓

■今安い!セールピックアップ■
▼[国内モデル、8GB+256GB版]端末価格87,890円!↓

■メモリ8GB+容量256GB■
初出時価格→899.15ドル
過去最安値→72,000円

▼[ETOREN]セール価格で76,200円!↓

▼[Banggood]割引クーポン適用で769.99ドル!↓

▼[日本モデル]98,780円!↓

▼[GEARBEST]割引クーポン適用で889.99ドル!↓

ページトップへ