楽天モバイル 3ヶ月無料

ahamoが2,700円に値下げ。対応機種はAndroidが72機種以上、iPhoneも対応

ドコモのオンライン専用ブランド「ahamo」が利用料金の値下げと対応端末の発表を行いました。業界を震撼させた2,980円水準を更に引き下げた形になります。

※本記事内の価格・料金は全て税抜き金額です!

ahamo、値下げで2,700円に。5分かけ放題の分離は無し

月額料金が安い大手キャリアのオンライン専用ブランドで真っ先に発表したドコモのahamo。それに続くようにpovo(au)やLINEMO(ソフトバンク)も発表となりましたが、5分かけ放題をオプション化するなど後出しジャンケン的な要素も含まれてます。

ドコモは5分かけ放題を含んで月額2,980円なので、povoやLINEMOに追随して似たような内容になるのかと思っていたのですが、月額料金を下げる方向に調整となったようです。

ahamoの月額料金を2,700円(税別)※1に改定します。これにより、税込でも2,970円と3,000円を下回る価格で、20GBのデータ量をドコモの高品質なネットワークでご利用いただけ、追加料金なしで5分以内の国内通話※2※3や海外82の国と地域でのデータ通信※4も可能になります。

「ahamo」の月額料金を税別2,700円(税込2,970円)に改定

これまでは5分かけ放題+データ20GBで月額2,980円でしたが今回の値下げで月額2,700円に。税込でも3,000円を下回るので5分かけ放題を含めれば最安。

5分かけ放題を分離しない理由としてはアプリの無料通話だけでは不便、予約の電話など携帯電話番号を使うシーンもあるとのことで、5分かけ放題を含んだ状態でありながら他社と差別化するために値下げに踏み切ったようです。

またdカード特典でdカード GOLDは利用額の10%還元(最大300ポイント)とデータ容量+5GB、dカードは利用額還元はありませんがデータ容量+1GBの特典があるようです。

対応端末も発表。Androidは72機種、iPhoneも対応

僕もオンライン専用ブランドに乗り換える予定ですが気になるのが対応端末。povo(au)はひと足お先に対応端末が分かったんですが、「auが販売しているVoLTE対応スマホ」とのことでした。

ドコモも3月1日時点のニュースリリースにて対応機種が発表され、Android以外にiPhoneも対応しているようです。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が2021年3月26日(金曜)から提供する、ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした、月間データ容量20GBを月額2,700円(税別)でご利用いただける新たな料金プラン「ahamo(アハモ)」に、Androidスマートフォン72機種が対応します。また、その他のスマートフォン21機種も合わせた、全93機種でahamoのプランをお使いいただけます。

新しい料金プラン「ahamo」にAndroidスマートフォン72機種が対応

AndroidスマホではXperia、Galaxy、SHARP、富士通、LG、HUAWEI、Google Pixel、その他モデルで計72機種。それ以外にもスマートフォン21機種(こっちの機種名はまだ確認できず)が対応するようで合計93機種とかなり多くのスマホで使えるようです。

気になるのはSIMフリー端末での利用ですが、このあたりは言及されていませんでした。ガルマックスではahamoも契約予定なのですが、SIMフリースマホでの利用は実機ベースでの検証となりそうです。

ahamoに対応するiPhoneは以下の通り。

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第1世代)

古いものだとiPhone 6やiPhone SE(第1世代)から利用可能なので、幅広いiPhoneユーザはahamoを利用できそうですね。

注意点なのですが、iPhone 6、iPhone 6 Plusはネットワークサービス(発信者番号通知や着信通知など)が設定できないようです。

ahamoではahamoサイトで購入可能な端末も3機種用意してました。

  • iPhone 11(64GB/128GB/256GB)
  • Galaxy S20 5G SC-52A
  • Xperia 1 II SO-51A

発売日は3月26日から開始とのことです!その他、ケータイ保証サービスにも対応しています!

[2021/3/22追記]ドコモ販売モデル以外でahamoを利用できる端末が公開されました!但し、ドコモ販売モデル以外は動作保証はないのでご留意を!以下からご確認下さい!

先行エントリーのポイント還元詳細が判明

ahamoは先行エントリーでdポイントを3000PT進呈することは分かっていましたが、先行エントリー後の料金プラン変更や新規契約、ahamoでの機種購入時期により貰えるポイントが変わります。

3月25日までに先行エントリーを済ませておくことは前提条件で変わりませんが、対象期間によりポイントが最大6000PT貰えるようになります。新規契約やahamoでの端末購入を伴う契約なら2021年4月15日〜5月31日までの期間が最も美味そうですね。

既に先行エントリーはスタートしているので検討されている方はポイントも貰えるので早めにエントリーを済ませておきましょう。

↓ドコモからahamoへ乗り換える方は事前準備をしておきましょう!↓

ドコモからahamoへ乗り換え・プラン変更はdアカウントの発行が必要。使えなくなるサービスもあるよ

↓ahamo、povo、LINEMOの比較は以下!↓

どれにする?ahamo、povo、LINEMOの違いを比較

ページトップへ